恋人が病気になる夢の意味とは。二人の関係性に変化が起こる暗示かも

最終更新日:2017年1月29日

恋人が病気になる夢を見たら、その夢が現実になってしまわないか、不安になります。

そういう夢を見たのは、いったいどうしてなのでしょうか。

心の不安を解消するためにも、恋人が病気になる夢の意味や深層心理をきちんと理解しておきましょう。

1.恋人の体調を心配している

恋人が病気になる夢の意味や深層心理には、相手の体調を心配しているということがあります。

恋人が働きすぎなどで、体調を崩さないか心配しているような時、そういう夢を見てしまいます。

仕事が忙しくて、いつも残業や休日出勤を繰り返しているなどと聞いたら、働きすぎを心配してしまいます。

そんな生活を送っていたら、当然体にも良くありません。

無理がたたって、いつか倒れてしまうのではないかと不安な気持ちが沸き起こってきてしまいます。

相手の体を心配するあまり、恋人が病気になる夢を見てしまいます。

そういう時は、恋人に自分の気持ちを話して「無理をしないでほしい」と言いましょう。

あなたの真剣な思いを伝えれば、きっと恋人も、少しは自分自身で体を労わるようになるはずです。

2.恋人と信頼関係が築けていない

恋人が病気になる夢の意味や深層心理の中に、二人の間に信頼関係が築けていないということを表している場合があります。

相手に対して不安を抱えていたり、信頼しきれていない場合、恋人が病気になる夢を見てしまいます。

恋人が病気になる夢を見る時、もしかしたら相手からの愛情をしっかりと感じることができない状態なのかもしれません。

恋人がそれほどこちらを大切に思っていてくれないこともありますし、自分自身が相手の愛情を信用していないということもあります。

どちらにしても、二人の付き合い方に不安や不満を持っているので、それが心配事として、夢の中に「病気」という形で表れてしまいます。

信頼しあって愛情を注いでいるような二人なら、心の中に不安が忍び込む隙間がなく、恋人が病気になる夢を見ることもありません。

どこかに「こんなお付き合いの仕方でいいのだろうか」という不安を抱えているので、恋人が病気になる夢を見るのです。

相手のことを、もう一度信じることが、必要であると、夢は告げているのです。

3.恋人が病気が改善するなら二人の関係も良くなる

恋人が病気になる夢の意味や深層心理には、色々なものがあります。

夢の中で恋人が病気になっていても、それがだんだんと改善されるなら、二人の関係も良いものとなっていくでしょう。

恋人が病気になる夢は、やはり気分が良いものではありません。

しかし、病気になった恋人をあなたがしっかりと看護して、そして病気が良くなっていくような夢なら、二人の間はしっかりと結ばれて、強い絆ができつつあることを示しています。

病気になることは嫌ですが、それを乗り越えていける、強い二人であることを、夢は伝えているのです。

恋人が夢で病気になっても、それをあなたがしっかりとフォローしているなら、二人の絆は今以上に強いものとなります。

病気などには負けずに、だんだんと良い方向へ進んでいけることを示しています。

4.夢で恋人が病気なのを喜んでいるなら「嫌い」になっている

恋人が夢の中で病気になった時、心のどこかで喜んでいることがあります。

そういう気持ちになった時、本当はもう恋人のことを「嫌い」になっていることを、夢は教えているのです。

大好きだった恋人でも、付き合っているうちに段々と相手の嫌な部分が見えてきたりします。

また、相手が高圧的で、いつも我慢を強いられているかもしれません。

そうすると、どこかで別れたいと思ってしまいます。

しかし、もし別れを切り出しても、相手から嫌だと言われそうな時、その気持ちをグッと押し殺してそのままお付き合いを続けたりします。

表面上は平静を装っていても、実は鬱屈した気持ちを心の奥底に抱えています。

そういう時、恋人が病気になる夢を見て、その様子を見て実はこっそり喜んでしまいます。

恋人が夢の中で病気になっている時、どこか「ざまを見ろ」というような思いが浮かんで来たら、二人のお付き合いは精神衛生上良いものではないかもしれません。

恋人に鬱屈した感情を持っていることに気が付くように、夢は忠告しています。

5.恋人が病気で死んでしまうのは回復の兆しである

恋人が夢の中で病気になった時の意味や深層心理には、回復の兆しを示すものがあります。

夢で恋人が病気になり、そして死んでしまっても、それは逆に病気が治るということを表しています。

現実の世界で、恋人が病気になっていたら、心配になります。

そして夢の中で恋人が病気が原因で死んでしまったら、本当に悲しく不安な気持ちになるはずです。

しかし、夢がそのまま実現するということは稀です。

むしろ逆の意味であることが多く、病気になって死んでしまう夢は、その病気がよくなることを伝えているのです。

恋人が夢の中で病気になっても、その夢がそのまま現実になることはありません。

逆に病気が良くなることを告げているので、あまり心配しすぎないようにしましょう。

恋人が病気になる夢から二人の関係性を見直そう

恋人が病気になる夢の意味や深層心理には、さまざまなものがあります。

そういう夢を見た時は、二人の関係をもう一度見直してみましょう。

そうすれば、夢が自分に何を伝えたいのかが分かり、もっと二人の関係を良くすることができるでしょう。

わざわざ恋人が病気になる夢を見るのは、自分自身を幸せにするためのきっかけを掴めるからです。

恋人が病気になる夢の意味とは。二人の関係性に変化が起こる暗示かもに関連する占い情報