占い

姓名判断が悪くても未来は変えられる。姓名判断の結果が悪い時の対処法

最終更新日:2016年11月13日

姓名判断が悪いと、何だか気分が重くなります。

この名前だと、トラブルの多い人生を歩んでしまうような気がします。

しかし、姓名判断が悪い人でも、幸せになっている人は沢山います。

姓名判断が悪かった時の対処法を知って、日々を素晴らしいものになるように変えていきましょう。

1.別の名前で呼んでもらうようにする

姓名判断が悪かった時の対処法で、手っ取り早くできるのが、ニックネームなど別の名前で呼んでもらうという方法です。

姓名判断が悪い本名で呼んでもらうのを避けて、ニックネームを使うことで、悪い運気の影響を最小限にすることができるでしょう。

姓名判断が悪いとなると、その名前を名乗ることによって、不必要なトラブルなどを引き起こしてしまうような気がします。

本当は、本人の気の持ちようで、運気の流れを変えていくことができるはずです。

しかし、どうしても姓名判断の内容が気になるなら、本名とは別のニックネームで呼んでもらうようにしましょう。

ニックネームを決める時には、できるだけ明るい印象のものを選ぶようにしましょう。

また「〇〇子」みたいな、本当にありそうな名前をあだ名として使うなら、その名前が姓名判断で悪い結果とならないような名前にするのがポイントです。

せっかくニックネームを考えたのに、暗い印象を与えてしまうような名前だったり、そのあだ名も姓名判断が悪いようでは、ニックネームで呼んでもらう意味がなくなるでしょう。

姓名判断の内容が悪く、どうしても気になるなら、周りの人から本名とは違う名前で呼んでもらいましょう。

そうすれば、姓名判断の悪い結果が気にならなくなるはずです。

2.姓名判断での注意点に気を付けるようにする

姓名判断が悪かった時の対処法で大切なのは、その内容を心にとどめて、注意点に気を付けるようにすることです。

そうすれば、悪い運気を切り離すことができて、かえって幸せを掴むことができるでしょう。

姓名判断をした時、全ての人が良い結果になるわけではありません。

むしろ悪い結果になったり注意点がある人の方がはるかに多いはずです。

しかしその姓名判断の内容によく目を通すようにして、改善するように心がければ、運気を良い方向に自分自身で変えていくことができます。

悪いことが書いてあったとしても、それが実現することはないでしょう。

「病気になりやすい」とか「長生きはしない」などと書いてあったら、無理をしないようにしましょう。

そして頻繁に定期健診を受けることによって、病気を早く発見することができます。

病気にかかることはあるかもしれませんが、病気によって体が受ける影響を、最小限に抑えることができます。

姓名判断が悪かったとしても、必要以上に気にすることはありません。

姓名判断に書かれている注意点に目を向けることで、いい人生を送ることができるでしょう。

3.謙虚な気持ちを持つようにして後は気にしないようにする

姓名判断が悪かった時は、ぜひ謙虚な気持ちを持つようにしましょう。

そしてその後は気にしないことが、一番の対処法となるはずです。

姓名判断が悪くても、それなりに毎日平穏に過ごせていたり、いいことがある日もあるはずです。

そういう時は、周りの人やこの世のすべてに感謝の気持ちを持つようにしましょう。

そうすれば、いくら姓名判断の内容が悪くても、悪い運気が忍び寄る隙がなくなります。

かえって人に好かれたりして、良い人間関係を築くことができるはずです。

また、あくまでも姓名判断は「占い」の一つと思うようにして、後はあまり気にとめないことが大切です。

気にしすぎてしまうと、本当に姓名判断で書かれていたことが実現してしまいますし、自らも無意識のうちに「姓名判断の悪い自分」になろうとしてしまいます。

それを避けるためにも、物事に対して穏やかな気持ちでいること、そして謙虚な気持ちをもって、後は忘れてしまうくらいでいた方が、運勢は良い方向へ傾くでしょう。

姓名判断が悪くても、それが全てではありません。

謙虚さを忘れないようにしながら、ある程度は聞き流すくらいの気持ちでいれば、姓名判断に振り回されることはなくなるでしょう。

4.お守りなどを持ちゲン担ぎをする

姓名判断が悪い時の対処法でオススメなのは、お守りなどを持つようにしたり、ゲン担ぎをするようにしてみましょう。

そうすれば、姓名判断が悪くても、その通りになることはないはずです。

姓名判断が悪くて「人とのトラブルを起こしやすい」のなら、トラブルメーカーにならない効果のあるパワーストーンを持つようにしてみるのもいいですね。

病気が心配なら、神社などで健康長寿のお守りをもらってきて、いつも肌身離さず持ち歩いくのもオススメです。

そうやって、身を守る効果のあるものをすぐそばに置いておけば、不安な気持ちを吹き飛ばすことができるでしょう。

また「勝負ごとに弱い」というなら、何か試験や試合があるような時は「勝負に勝つ」ということから、カツ丼などを食べるようにしましょう。

大したことではありませんが、それで気持ちを切り替えることができるなら、お守りを持ったりゲン担ぎをすることは、非常にオススメな対処法となります。

お守りなどを持ち歩いたり、ゲン担ぎをしてみることで、本人の意識が切り替わることもあります。

そうすれば、気持ち藻明るくなって、姓名判断の結果が悪くても、それほど悲観することはなくるでしょう。

5.可能なら改名をする

姓名判断が悪い時の対処法にあるのは、可能なら改名をするというものがあります。

改名をして、姓名判断の結果が良くなるようにするのも、一つの方法です。

改名をする場合には、家庭裁判所に申請して許可をもらいます。

改名の申請をしたからと言っても、全てが認められるわけではありません。

しかし、長年通称を使い続けていたことなどで、解明を認めてもらうこともできます。

また、家庭裁判所に申請する以外にも、名前を変えることができます。

例えば結婚する際に、相手の苗字を名乗るようにすることで、姓名判断の内容が変わってきます。

他にも養子縁組をして、苗字が変わることがあるでしょう。

苗字が変われば、姓名判断の結果が変わってきます。

大幅に運勢が良くならなくても「最悪」という結果からは抜け出すことができるでしょう。

姓名判断が悪くても未来は変えられる

姓名判断が悪かった時には、様々な対処法にトライしてみましょう。

そうやって自分から努力すること自体が、運気アップにつながるのです。

まずは自分がやりやすい方法から、チャレンジして、運気を良い方向に変えていきましょう。

それがあなたが自分で幸せを手に入れる方法でもあります。

姓名判断が悪くても未来は変えられる。姓名判断の結果が悪い時の対処法に関連する占い情報