幸運の前兆8つ。良いことが起こる前触れを見逃さないようにしよう

最終更新日:2019年9月30日

幸運が起こる前兆となること、それは「茶柱」が立つことです。

急須からお茶を注いだ時に湯呑の中で茶柱が立っていたら「あ、良いことがありそう」と、きっと嬉しくなりますよね。

この嬉しくなる瞬間が幸運を招く前兆となります。

お茶を入れる時、いつも茶柱が立つわけではありません。

また、意識的に茶柱を立たせようしても、それは無理なことです。

昔から日本では「茶柱が立つというのは良いことがある印」と言われてきました。

めったにないことが起きる時だからこそ、すぐそばまで幸運が訪れていると考えられるのです。

近くに幸運が近付いているのをそっと教えてくれる事象が、茶柱が立つということです。

湯呑の中で茶柱が立っていたら、それは幸運が起こる前兆と言えるでしょう。

2.幸運が訪れる前には美しい自然現象に出会う

幸運が起こる前兆2つ目は「美しい自然現象に出会う」ということです。

キレイなものを見ることができるということは、精神的にレベルアップしているということでもあります。

このような時こそ幸運は訪れてくれます。

流れ星を見たり、雨上りに虹を見つけたりすると、何とも言えない幸せな気持ちになるはずです。

しかも、それが何度も起きるようなら、間違いなくすぐ近くに幸せがやってきているということです。

たった一回虹を見ただけでも、何だか良いことが起きそうな予感がしますよね。

もしそれが繰り返されたら、見えない世界からのメッセージなのではないかと考える方も多いはずです。

美しい自然現象というのは、短期間に何度も起こるものではありません。

あなたが見ている時に限って流れ星が流れるのなら、見えないパワーが幸運がもうすぐやってくることを、あなたに伝えようとしているのでしょう。

そのため、流れ星や虹などの美しい風景を見た時は全体的に運気は上昇しており幸福が訪れる可能性が高いと言えます。

3.やけにスムーズに物事が進むのも幸運の前兆の証

幸運の前兆8つ。良いことが起こる前触れを見逃さないようにしように関連する占い情報