1月の誕生石はガーネット!ガーネットの特徴と意味を詳しく知って1月生まれにふさわしいエネルギーをもらおう

最終更新日:2019年1月8日

1月の誕生石はガーネットです。

ガーネットは深みのある赤色な鮮やかな非常に美しい宝石です。

なぜガーネットは1月の誕生石となったのでしょうか。

それにはガーネットが持つ構造に理由があります。

そうした理由とともに、実は奥が深い宝石「ガーネット」について意味や効果などをご紹介します。

1.1月の誕生石ガーネットとは

ガーネットの名前は、種子を意味するラテン語「グラナタス」が由来とされているので、「多産」の石と言われています。

日本ではザクロの赤い果肉の色に似ていることから「ザクロ石」と呼ばれています。

ガーネットの結晶が地中に広がる様子は、まさに口を開けたザクロを思わせますね。

しかし、実はガーネットの色は赤だけではないのです。

あまり知られていないのですが、ガーネットの色は約14種にも分けることができます。

それは、黒みのあるものからオレンジ色まで幅広いカラーバリエーションとなっています。

こういった色味は、石自体の構造が同じでも、含まれている鉄やマンガン、クロムなどの成分によって左右されます。

最も知られているガーネットの色といえば、深みのある赤色のもので「アルマンディン・ガーネット」と呼ばれています。

古くは、友人との別れの際に、再会を約束して交換しており「信頼と愛の石」とされていました。

また、その美しいワインレッドから「血止めの薬」を連想させ、身を守る効果があるとも言われていたのです。

2.1月の誕生石がガーネットになった理由

ガーネットが1月の誕生石とされた理由はその構造にあります。

自然に生まれるものでありながら、12面体であったり24面体であったりと非常に整っています。

そのため誕生石の一番を飾るのにふさわしい構造だということで一番最初の1月の誕生石となりました。

日本においてガーネットは、以下の5種に分けられています。

●アルマンダイト
●パイロープ
●グロッシュラー
●スペサルタイト
●デマントイド

この中でも、「デマントイド」は森を思わせる若々しいグリーンで非常に高価です。

その光の分散率は、なんとダイアモンドよりも高いのです。

「パイロープ」の原産国は南アフリカで「ケープ・ルピー」とも呼ばれます。

「スペサルタイト」はオレンジや黄色をしていて、そのような宝石が珍しかった20世紀に生まれたとされています。

これらのガーネットは、成分についてはほぼ同じですが、その組み合わせに違いがあります。

今も、太古の昔から眠っているガーネットがたくさんあるとされていおり、今後新しいガーネットが見つかる可能性もあります。

3.1月の誕生石ガーネットの宝石言葉と効果

ガーネットの石言葉には、「変わらぬ愛」や「真実」「求愛」「勝利」「優雅」などがあります。

これらの意味によって、欧米では結婚18年目を迎えるときの贈り物とされています。

ガーネットには、体の免疫を高める効果があるとされています。

また、生命力にも強力なエネルギーを与えると考えられ、体力を維持したり、疲労を回復する効果があると言われています。

忙しく働く人の多い日本人にはピッタリの宝石ですね。

更に、身に危険が迫ると警告をしてくれるとされ、昔からお守りとして使用されてきました。

どうしようもないドン底の状態でも、愛や勇気を呼び起こしてくれます。

「実りの石」という面も持っているので、恋愛成就を願う人はもちろん、受験や就職試験を控えている場合にもオススメです。

一生懸命がんばる人を力強くサポートしてくれるガーネットは、持つ人に強い忠誠心を抱き幸運へ導いてくれるかもしれません。

4.1月の誕生石ガーネットと合わせて持つべき宝石

●ルビー
ガーネットは心身両方を活性化し、ルビーは女性に活力をもたらす石です。

ガーネットとルビーを合わせ持つことは、日々のストレスに疲れ気味の女性をサポートする効果が期待できます。

●アメジスト
心身の活性化を期待できるガーネットに、心の落ち込みを改善するアメジストを組み合わせることでメンタルの安定を目指すことができます。

心と体を統一してくれますので、大きな試験を控えている人にオススメです。

●ブラックストーン、アパタイト
ブラックストーンの持つ「魂のエネルギー」、ガーネットの持つ「生命力」、そしてアパタイトの持つ「定着させる力」。

これらを合わせ持つことで、子宝を願う人に人気の組み合わせです。

5.1月の誕生石ガーネットにはガラスの偽物があるので注意

赤色をした宝石と聞くとどんな物を思い浮かべますか。

ルビーやルベライト、赤メノウなど沢山ありますね。

しかし、ガーネットが持つ深みのあるワインレッドは唯一の赤です。

気をつけたいのは、人工的に作ったワインレッドのガラスが出回っているという点です。

誤ってこうしたガラスを購入しないように気をつけてください。

本物のガーネットと偽物の見極めは、明かりを通した時のキラメキになります。

しかし、一般の方には中々見極めが難しいのも事実です。

そのため不自然に安いガーネットがあった時には偽物を疑い、信頼できる場所で購入しましょう。

1月の誕生石であるガーネットは自然のエネルギーをくれる

1月の誕生石であるガーネットにはたくさんの意味や特徴があります。

どのガーネットにも共通するのは、身につけることで安心感を得られ、自然な元気を与えてくれることです。

またその輝きはダイアモンドにも匹敵すると言われており、勇気や強さなどのパワーを引き出してくれます。

ここぞと言う時は、お好みのガーネットを身につけて挑んでみてはいかがでしょうか。

月ごと誕生石

  • 【1月の誕生石】はガーネット!ガーネットの特徴と意味を詳しく知って1月生まれにふさわしいエネルギーをもらおう
  • 2月の誕生石はアメジスト!アメジストの特徴と意味・宝石言葉を知って2月生まれの人は大事に持とう
  • 3月の誕生石アクアマリンはどんな宝石?キレイな水色で海のお守りとして重宝された石
  • 4月の誕生石はダイヤモンド!その宝石言葉とダイヤの魅力を解説。明るく活発で曲がったことが大嫌いな正義感がダイヤと似ているかも
  • 5月の誕生石はエメラルド!4大宝石の1つエメラルドの特徴・相性の良い石を解説
  • 6月の誕生石はパールとムーンストーン・アレキサンドライト!真珠やムーンストーン・アレキサンドライトの力や特徴を解説します
  • 7月の誕生石はルビー!ルビーの特徴と相性の良い石・魅力を解説します
  • 8月の誕生石はペリドット!生命力にあふれるペリドットの特徴・意味を解説
  • 9月の誕生石はサファイアとアイオライト!9月に相応しい2つのパワーストーンの特徴・意味・宝石言葉を解説します
  • 10月の誕生石はトルマリンとオパール!2つの色鮮やかな誕生石の持つ特徴・意味・効果を解説します
  • 11月の誕生石はトパーズとシトリン!11月生まれが持ちたいトパーズとシトリンが持つ特徴・意味
  • 12月の誕生石はトルコ石(ターコイズ)・タンザナイト・ジルコン・ラピスラズリ!12月の誕生石の特徴や石言葉を解説