【輪廻転生とは】輪廻転生の意味を知ろう

最終更新日:2018年10月30日

「輪廻転生」、日本人なら誰もが一度は耳にしたことのある言葉かと思います。

しかしその意味をきちんと知っていますか。

今回は輪廻転生の摂理が説く、魂のステージを上昇させるヒントを解説します。

1.輪廻と転生

輪廻転生は「りんねてんしょう」、または「りんねてんせい」とも言います。

輪廻は車輪が回ること。

転生は生まれ変わることですね。

私たちは永遠の命を授かっているわけではなく、いつかは必ず死を迎えます。

でもその後はどこへ行くのでしょう。

死後にいったんあの世へ還った私たちの魂は、再び生を受けます。

遠い過去から遥かな未来まで、私たちはまるで車の輪が回るように、生死を繰り返しています。

こうした考え方は、古来、世界の各地に存在してきました。

特に仏教やヒンドゥー教、そして東洋思想などに強くみられる死生観の一つです。

生まれ変わるといっても、全ての人が人間に転生するとは限りません。

動物や植物に生まれ変わる場合もあります。

なぜこうした違いが起こるのでしょう。

そして、現世を終えた後、私たちの魂が辿り着くのはどのような世界なのでしょうか。

2.死後、人間はどうなるのか

次のページヘ矢印

【輪廻転生とは】輪廻転生の意味を知ろうに関連する占い情報