【輪廻転生とは】輪廻転生の意味を知ろう

最終更新日:2018年10月30日

「輪廻転生」、日本人なら誰もが一度は耳にしたことのある言葉かと思います。

しかしその意味をきちんと知っていますか。

今回は輪廻転生の摂理が説く、魂のステージを上昇させるヒントを解説します。

1.輪廻と転生

輪廻転生は「りんねてんしょう」、または「りんねてんせい」とも言います。

輪廻は車輪が回ること。

転生は生まれ変わることですね。

私たちは永遠の命を授かっているわけではなく、いつかは必ず死を迎えます。

でもその後はどこへ行くのでしょう。

死後にいったんあの世へ還った私たちの魂は、再び生を受けます。

遠い過去から遥かな未来まで、私たちはまるで車の輪が回るように、生死を繰り返しています。

こうした考え方は、古来、世界の各地に存在してきました。

特に仏教やヒンドゥー教、そして東洋思想などに強くみられる死生観の一つです。

生まれ変わるといっても、全ての人が人間に転生するとは限りません。

動物や植物に生まれ変わる場合もあります。

なぜこうした違いが起こるのでしょう。

そして、現世を終えた後、私たちの魂が辿り着くのはどのような世界なのでしょうか。

2.死後、人間はどうなるのか

死んだ後、私たちの行き先は六通りの世界に分かれます。

これを「六道」と言います。

人間は、この世の報いによってこの六道で生死を繰り返すとされています。

六種の世界とは、地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人間道、天道。

一つひとつみていきましょう。

まずは地獄道。

罪を償わせるための世界で、最も苦痛の激しいところであり、さまざまな苦しみを受けます。

つぎに餓鬼道。

欲望にあふれた世界です。

ここでは食べ物や飲み物を口に運ぶと炎となり、飲食ができません。

餓えと渇きに悩まされます。

ここから抜けだそうとしてさらに罪を重ねてしまいます。

三つめは畜生道。

動物界の弱肉強食の恐怖におびえ、お互いに傷つけ合います。

本能のみで生きているため、自分だけが救われればよいとします。

以上の三つの世界が苦しみの激しい世界とされ、「三悪道」と呼ばれます。

四つめは修羅道。

ここでは怒りに我を忘れ、闘争にあけくれます。

独善的な世界です。

そして人間道。

ここに今の私たちがいます。

四苦八苦の苦しみがありますが、楽しみもありますね。

また、唯一自力で仏教と出会える世界でもあります。

最後に天道。

人間より優れた存在である天人の住む世界です。

寿命が長く、苦しみより楽しみのほうが多いですが、やはり生病老死があります。

3.どの世界へ行くかを決めるのは何か

では、私たちはいったい六道のどの世界の住人になるのでしょうか。

残念ながら、あなたは自分で行き先を選ぶことはできません。

ここで重要なのは、その人が現世でどのような生き方をしてきたかということです。

仏教には因果の道理があります。

因果応報の法則といえばわかりやすいでしょう。

仏教の根幹には、原因には結果が伴うという考え方があります。

自らの行いが自らに返ってくると教えているわけです。

その人物が生前どのような原因をつくったか。

その内容しだいで、結果である来世のあり方が決定します。

その行いを「業」と言います。

4.悪い業とは何か

仏教には「五戒」という基本的な戒律があり、不殺生、不偸盗(ふちゅうとう)、不邪淫、不妄語、不飲酒(ふおんじゅ)を説いています。

わかりやすく説明すると、生きものを殺すこと、与えられないものを盗むこと、不道徳な性行為をすること、嘘をつくこと、飲酒することを戒めているのです。

あなたの日ごろの行いを振り返ってみてください。

5.人間に生まれ変わるにはどうすればいい?

お釈迦様がこのような言葉を残しています。

「地獄に堕ちる人間は大宇宙の土のように多く、人間に生まれる人は爪の上の土のように少ない」。

では、人間に生まれ変わるには具体的に何をすればよいのでしょう。

そのためには生き方を清め、魂を磨くことがなにより大切です。

戒律を守って生きることができればよいですが、私たちには迷いもあれば欲望もあります。

それらに負けてしまう時もありますね。

まずは悪い行いを慎み、身の回りの小さな善行からはじめましょう。

例えば約束を守る、妬まない、人に親切にする。

日々の生活を送る中で、よい行いを少しずつ積み重ねてください。

もちろん、見返りとして誉め言葉などを期待してはいけません。

賞賛を求めずによい行いをする心がけがあなたの魂を磨いてくれるのです。

お釈迦様はこのようなことも言っています。

「生まれがたき人間に生まれた。

現世で迷いの解決をしなければいつするというのか。

機会は今しかないのだ」。

人間として現世を生きている今こそがチャンスということです。

輪廻転生の意味を知ろう

私たちの魂は、生を終えた肉体から業とともに離れます。

そして再び新しい世界へと生まれ変わり、修行を繰り返しています。

輪廻転生とは、魂の永遠の学びの旅といえるでしょう。

よい行いを積み重ねて、ぜひ魂のステージを上昇させてくださいね。

【輪廻転生とは】輪廻転生の意味を知ろうに関連する占い情報