【花言葉】「ごめんなさい」を意味する花6種。謝罪の気持ちを表す花を贈ろう

最終更新日:2019年8月21日

花にはそれぞれ花言葉があります。

相手に花を贈るとき、ひそかに思いを込めるのはとても健気でロマンチックですよね。

今回は、「ごめんなさい」と思いが込められている花を紹介します。

ごめんなさいが花言葉な花1:紫のヒヤシンス

ヒヤシンスは、ユリ科のヒヤシンス族の花です。

花びらは小さいのですが、よく見ると百合に似ています。

ヒヤシンスはギリシャ神話の中に登場する「ヒュアキントス」という美青年の名前から由来しています。

ある日ヒュアキントスは、恋人のアポロンと円盤投げをして遊んでいました。

これを見って嫉妬したゼフィロス(西風の神)は円盤に強く息を吹きかけました。

その円盤がヒュアキントスの頭にあたり亡くなってしまいました。

その姿はユリの花がしおれた姿に似ていたそうです。

そしてヒュアキントスはヒヤシンスという花になったとされています。

紫のヒヤシンスは「悲しみ」「悲哀」「初恋のひたむきさ」という花言葉を持っています。

西洋には「I’m sorry(ごめんなさい)」または「please forgive me(許してください)」という花言葉があり、ヒヤシンスには、後悔を意味する「ごめんなさい」が込められているのです。

自分が悪いことをしてしまったと自覚し、後悔している時に最適なお花ですね。

ごめんなさいが花言葉な花2:カンパニュラ

次のページヘ矢印

【花言葉】「ごめんなさい」を意味する花6種。謝罪の気持ちを表す花を贈ろうに関連する占い情報