水雷屯(すいらんちゅん)が出た時の意味や解釈【易】恋愛/仕事/金運はどうなの?

最終更新日:2019年8月14日

易経六十四卦の内「水雷屯」が出た時、将来が明るい事を示唆しています。

ここでは基本的な意味解釈から、恋愛・仕事面を占った時に水雷屯が出た時の意味について具体的に解説します。

1.水雷屯が出た場合の【基本的な意味】

上卦に水(坎)、下卦に雷(震)を配するこの卦を屯(ちゅん)と呼びます。

この字は大地の地平から草木が芽吹く様を表した文字であるとされ、天地の交わりによって万物がこれから盈(満)ちていく、正に芽吹きの時を意味する卦とされます。

易においてもこの卦の説明を天地に次ぐ三番目に配しているとされ、天地両極から発しようとする様を表す物事が動き出そうとする卦です。

本来動きの無いはずの天地陰陽が大きく鳴動するように動き出し、収まるべき場所へ落ち込む事でものが生まれようとする状態を表すと共に「産みの苦しみ」という意味を併せ持ちます。

2.水雷屯が出た時の解釈

乾坤(天地)は本来動く事の無いそれぞれが独立したものですが、これらがお互いを求め動き出す事で事態が大きく動くという様を表します。

乾いた大地を鳴動させるような嵐が潤いを与え、その後に広がる沃野に芽吹きの時期が来るというような、吉兆の前にある困難を表すものと言えます。

この卦を得た場合は、大きな結果を得る事が出来ますが、その為に正しい判断を行い、慎重に事を進める必要があると考えられます。

例えば芽生えたばかりの若芽を踏みつけないようにするような慎重さと言えるでしょう。

そうして慎重に育てた若芽が良き実りを得る事に不思議はありません。

3.水雷屯が出た時の仕事運

芽吹きの前に秘められた大きな力の動きを示すこの卦は、素晴らしい結果に至る前の大きな困難を示すものでもあります。

土を耕し、種をまき、水を与えても、焦って歩き回り土を踏み固めてしまうような事をしては芽が出る事も無いままにだめになってしまう事もあります。

素晴らしい結果は正しい行いの後について来るもの、結果に至る為に事の運び方を改めて慎重に見直す事で、大きな結果を得る事が出来るでしょう。

また、この「芽が出る」というイメージは昇進のような場合にも繋がります。

例えば人事考課で良いリーダーを選び出したいという時などにあって、部下の働きを正しく把握し、良く導く事の出来るリーダーを選び出す事などにも期待が出来ると考えられます。

但し、フォローは慎重にしましょう。

始まりは何事も困難であり、上手に育ててこそ良い結果につながる事を忘れてはいけません。

4.水雷屯が出た時の恋愛運

「雨降って地固まる」という、正に雨の時期である事が考えられます。

素晴らしい人だと思って付き合いを深める内に、気になる所が出てきます。

ずっと顔を突き合わせて共に暮らすと何故か反りが合わなくなってしまい、大荒れの関係になってしまいます。

しかし、芽吹きの前の困難とは、そうした嵐のように大きな力が働くものです。

この卦を得た人の先には良い結果の兆しが確かにあります。

もう一度「正しい」という事が何なのか、話し合ったり考え直す必要があります。

その先に新たな芽生えが訪れる事でしょう。

また、相手を探しているのであれば、心の通じ合う良い導き手と出会える事があるでしょう。

関係性の構築に苦労するかもしれませんが、慎重に事を運べば、その相手はきっとあなたにとって良い関係となれるはずです。

5.水雷屯が出た時の金運

農業の場合、種をまき水と肥料を与え育てる事で収穫することができます。

同じ様に、水雷屯が出たということは投資を始めたり事業を起こしたりという「事を始める」というタイミングである事を示しています。

同時にそれは今が結果を得るタイミングではないという事も示しています。

大きな流れの中で我を失ってしまうようなやり方であってはいけない、先を見据えたやり方で困難な状況を乗り越えていく必要があると示しています。

しかし困難の先に求める結果を運び来るエネルギーが満ち溢れている状況が示されている卦ですので、チャンスをつかむ事はきっと出来るはずです。

水雷屯(すいらんちゅん)が出た時の意味や解釈【易】恋愛/仕事/金運はどうなの?に関連する占い情報