土星人マイナスの特徴・相性【六星占術】慎重派で極端な行動をしない

最終更新日:2019年7月24日
土星人プラス(六星占術)

土星人マイナスは慎重派で石橋を叩いて渡る気質を持っています。

そのため、行動に移すまでに時間がかかってしまいます。

しかしその分、着実に成果を出していくことができます。

そのような土星人マイナスの属性を持つ人にはどのような特徴があるのでしょうか。

また、他の何星人との相性が良い・悪いのでしょうか。

土星人マイナスの特徴や相性について詳しく解説します。

土星人マイナスの特徴・性質

土星人プラスの特徴1:慎重

土星人マイナスの人はとにかく慎重です。

他の人であればさっさと行動をしてしまうことでも、きちんと確認してから行動をしようとします。

そのためすぐに動き出すことが難しく、自分が納得をするまで時間を要します。

その姿から頑固と言われてしまうこともありますが、本人としては当然必要なことをしているだけという感覚でいます。

慎重で確認をきっちりとするため、周囲からの信頼が厚いことも土星人マイナスの特徴です。

「この人になら任せても安心」と思われることが多くなります。

その結果、ミスができないと感じ更に慎重になっていってしまうケースもあります。

プレッシャーを感じて精神的に辛くなってしまう人も出てきてしまうため、ストレスを発散できることを見つけておくことが重要になります。

土星人マイナスの特徴2:人に本音を出すのが苦手・時間がかかる

土星人マイナスの人は、他人に自分をさらけ出すことが苦手です。

本当に自分を知られたら嫌われてしまうのではないか、引かれてしまうのではないかという思いから中々本音を出せないことがあります。

そのため「何を考えているのか分からない」「怖い」と言われてしまうことがあります。

しかし時間をかけてじっくりと相手との距離を縮めていくと、土星人マイナスの人は徐々に打ち解けていきます。

そのような性格のため、合コンやパーティーなどの初対面の人と接する場を苦手とする傾向にあります。

もしくは表面的な話をすることに終始することで無難に乗り切ることができる処世術を持った人物もいます。

「本音なんてこの場では出さない」と開き直ることで、初めて顔を合わせる人とも表面上はスムーズにコミュニケーションをとっていくことができます。

しかしそのような場が続くと精神的に疲れてしまい、暴飲暴食などにつながってしまうことがありますので注意が必要です。

土星人マイナスの特徴3:一人の時は適当なことも多い

周囲に誰かがいたり、重要な出来事がある場合には用意周到な土星人マイナスですが日常のちょっとしたことには適当になることがあります。

特に一人暮らしの生活では持ち前の几帳面さが発揮されないこともあります。

例えば洗濯物をほったらかしにしていたり、食事を適当にお菓子だけにするといったようなことをしてしまいます。

日々周囲からのプレッシャーに耐えてきた反動もあり、自分一人にしか影響がないことに対しては適当にやり過ごしてしまうことがあるのです。

そのため、周囲からしたら信じられないようなギャップがあるケースも存在します。

仕事上の同僚に見せたら驚かれるようなだらしなさを自分一人の空間では見せることがあります。

土星人マイナスの特徴4:家族や子どもを愛する

土星人マイナスの人は基本的に周囲から干渉されることを嫌います。

しかし家族や子どもに対しては真逆の行動をとることがあります。

家族のためであれば何でもするというタイプの人が多いことが土星人マイナスの特徴です。

本心から家族のことを愛しているので、その愛情がパートナーや子どもなどに伝わり幸せな家庭を築くことができます。

普段はクールに見えるのに、家族の前ではデレデレという土星人マイナスも少なくありません。

土星人マイナスの特徴5:ずっと相手の事を好きでいる

土星人マイナスは誰でもいいというわけではなく、慎重にこの人が一番適任と思える人を選ぶ傾向があります。

ただし自分の気持ちを素直にアピールすることができないと感じて、時間がかかってしまいます。

一度好意を抱いた人に対しては一途であり、思いを実らせる時間がかかっても、一度思う気持ちを大事に貫いていきます。

恋人関係になると浮気はせずに、誠実なお付き合いをしていきます。

相手に対して求める理想や要求が高いので相手の欠点が一つでも見えてくるとその人のことを嫌になってしまいます。

交際相手に対しても些細なことでも許さずに、結果として別れを切り出してしまうことがあります。

過去の恋愛経験について引きずってしまう気質も持ち合わせているため切り替えがうまくできずに、恋愛をしない・できないと思い込んでしまいます。

そのため恋愛しない期間が長くなります。

精神的なつながりをもっとも大事にするので、お互い好きでいると相手をとても大事にします。

土星人マイナスと他星人との相性

土星人マイナスと土星人との相性

土星人マイナスと土星人には近い性質があるため、良好な関係を築いて長く付き合うことができます。

土星人マイナスは控えめで相手に迷惑をかけるようなことをしないため、ケンカしてしまう心配もほとんどありません。

土星人同士であれば物事の捉え方も似ているため、仕事などに協力して取り組むことができます。

土星人マイナスと土星人プラスはもっとも相性が良く、親友や恋人になることが多くあります。

ただし土星人の性格は控えめであることが多いため、どちらかが積極的に近づいていく必要があります。

土星人マイナスの人が土星人と仲良くなりたいなら、思い切って声をかけてみてください。

上手く打ち解けることができれば、生涯仲良くやっていくことができます。

土星人マイナスと金星人との相性

土星人マイナスと金星人は相性が良く、お互いによき理解者となることができます。

金星人には身勝手で軽率な部分がありますが、控えめな土星人マイナスはそれを受け入れサポートすることができます。

金星人の積極的な面は土星人マイナスを引っ張っていくこともあるので、お互いに助けあえる関係となっています。

職場での関係や恋愛関係が上手くいきやすい相性と言えます。

特に金星人マイナスとの相性は良くなっていて、控えめな土星人マイナスに対して積極的なアピールをしてくれます。

その結果、金星人マイナスとは親友や恋人になれることがあります。

お互いに足りないものを補いあえる相性となっているので、金星人のパートナーを見つけることで人生を充実させることができます。

土星人マイナスと火星人との相性

土星人マイナスと火星人の相性は、お互いの性別によって異なってきます。

土星人マイナスと同性の火星人は互いを尊重することができ、良い関係を築くことができます。

土星人と火星人では物事の捉え方が違うこともありますが、それを互いに受け入れて仲良くすることができます。

火星人はあまり自己主張が強くないタイプなので、控えめな土星人マイナスとは上手くいきやすいです。

しかし、土星人マイナスと異性の火星人の相性は非常に悪いものになっています。

異性との良好な関係にはコミュニケーションが欠かせないものですが、土星人マイナスと異性の火星人だとそれが不足しがちです。

結果としてお互いの考え方が理解できなかったり、一緒にいるだけで腹が立つといったトラブルが起きやすい組み合わせとなります。

土星人マイナスと水星人との相性

土星人マイナスと水星人には噛み合わない部分が多く、あまり相性が良くありません。

土星人マイナスが控えめで責任感のあるタイプである一方、水星人は自信過剰で責任感のあまりないタイプとなっています。

お互いに正反対の性質となっているので、相手のことを受け入れることができず仲が悪くなりやすい組み合わせです。

中でも土星人マイナスと水星人マイナスの相性は非常に悪く、水星人マイナスの我の強さについていけず絶交になってしまうこともあります。

土星人マイナスと水星人が仲良く過ごすためには、お互いに譲り合いをしていく必要があります。

どちらかに譲れないことがあるとすぐに仲が悪くなるため、友達や恋人になるのは難しい関係と言えます。

土星人マイナスと木星人との相性

土星人マイナスと木星人は考え方が合いやすく、良い相性となっています。

木星人には土星人マイナスと同じく、控えめで他人の意見を尊重できる性質があります。

そのためお互いのことを理解して尊重しあえる関係となり、親友や恋人といった関係にも発展しやすくなっています。

ただし、お互いに控えめなために物事をうまく決定できず、二人で何をするか決められないことがあります。

そんな時には思い切って土星人マイナス側が自分の考え方を伝えてリードしてあげてください。

土星人マイナスがどうするかを決定してあげれば、木星人は信頼してついてきてくれます。

木星人は頼もしい土星人を好む性質があるので、肝心なところではリードしてあげることが大切です。

土星人マイナスと天王星人との相性

土星人マイナスと天王星人の相性は良くも悪くもなく、普通の関係になっています。

お互いのことを嫌ったり、悪い印象を持ったりすることはありません。

しかし、控えめであまり自己主張しないタイプの土星人マイナスに対して天王星人は分かりやすい愛情を求めるタイプとなっています。

そのため土星人マイナスが天王星人の期待に応えられることはあまりありません。

一緒にいても仲が深まることはほとんどなく、むしろ気まずい思いをすることの方が多い相性となっています。

土星人マイナスと天王星人が仲良くなるためには、時間をかけてお互いのことを知っていくことが欠かせません。

相手の物事の考え方や、何を求めているかについて理解することができれば少しずつ距離を縮めていくことができます。

ただし、すれ違ったままで疎遠になって関係が終わりになることも少なくありません。

土星人マイナスの特徴・相性【六星占術】慎重派で極端な行動をしないに関連する占い情報