優等生に見える人相とは。真面目で勤勉タイプの顔の特徴

最終更新日:2016年12月4日

優等生に見える人がいますが、そういう人はどういう顔をしているのでしょうか。

そういう人は、いかにも「優等生」と思えるような、独特の特徴があります。

他の人とは違う、どこか賢そうでまじめに見える、そんな優等生顔の特徴をご紹介します。

1.瞳が澄んでいて目力がある

優等生に見える顔というのは、目が特徴的です。

瞳が澄んでいて目力があり、目つきもくっきりしていたりします。

優等生に見える顔の人は、まじめで賢そうな雰囲気を持っています。

いい加減なことを嫌い、目上の人を敬うところがあります。

心が澄んでいて、人の悪口を言うこともめったにありません。

そういう気持ちが目つきにも表れていて、澄んだ瞳をしています。

また、優等生というのは、実力を持っている人でもあります。

勉強ができたり、目上の人の受けも良かったりします。

そういう性格は自分に対して自信を持つことにもつながります。

その為、相手を見据えるような、強い目力を持っているでしょう。

優等生に見える顔は、目がポイントになっています。

キレイな目をしてパワーがあり、周りの人にもインパクトを与えるのです。

2.眉が黒くてキリリとしている

優等生に見える顔の特徴に、眉が黒くてキリリとしているというものがあります。

優等生に見えるような顔の人は、眉を染めたり抜きすぎたりはしないからです。

眉を茶色に染めていたりすると、かわいかったりオシャレであっても、優等生という感じはしなくなってしまいます。

優等生は、身支度はきちんと整えますが、必要以上にオシャレに力を入れすぎたりすることはありません。

また、眉を抜きすぎてしまうと、まじめという雰囲気がなくなってしまいます。

それなりに太さがあってしっかりしている眉こそ、優等生にピッタリな眉と言えるでしょう。

優等生に見える顔は、身なりやお手入れはきちんとしていますが、余計なカラーリングなどはしていません。

眉は自然のままでナチュラルであり、かつキリリとしているのが、優等生らしい眉です。

3.鼻筋が通っている

優等生に見える顔に、鼻筋が通っているという顔つきがあります。

鼻筋がすっと通っている顔は、まじめで賢そうな印象を与えるからです。

優等生は曲がったことが嫌いですし、嘘や言い訳などをすることもありません。

性根がまっすぐであり、そういう性格だからこそ「優等生」であり続けるのでしょう。

顔を見た時に「まっすぐだな」という印象を与えるのが、鼻筋が通っている顔です。

鼻筋が通っていなかったり、鼻が小さかったりすると、かわいらしい感じはしますが、優等生という雰囲気にはなりません。

そこそこの大きさがあって更にまっすぐな鼻をしている人こそ、優等生という雰囲気を醸し出すはずです。

鼻筋が通っていて、まっすぐな顔というのは、優等生らしい特徴を兼ね添えている顔です。

何も言わなくても、物事に対して真摯に取り組む気持ちが顔に現れていると言えるでしょう。

4.口元がまっすぐである

優等生に見える顔の特徴に、口元がまっすぐであるという特徴があります。

口元が上がりすぎてもなく、下がりすぎでもない顔こそ、優等生らしい顔と言えるのです。

口元が曲がっていたりすると、何だかその人の性格まで曲がっているような気がしてしまいます。

口角が下がりすぎている顔をしている人は、いつも不平不満を抱えているようにも見えるでしょう。

逆に口角が上がっている人は、にこにこしていて感じの良い顔です。

しかし、明るい雰囲気ではありますが、優等生の持つ「真面目」な性格にはあまり結びつきません。

まっすぐな口元こそ、優等生らしいと思える顔です。

そういう口元を持つ人は、いつもきちんとしている感じがして、信頼が置けると思えるでしょう。

口元がまっすぐな人は、気持ちがネガティブでもポジティブすぎでもなく、メンタル的に落ち着いた状態であるはずです。

そういう精神状態である人は、まさに優等生に見える顔です。

5.頬がほどほどにスッキリしている

優等生に見える顔の特徴の一つに、頬がほどほどにスッキリしているというものがあります。

ガリガリでもなくふくよかすぎでもない頬こそ、優等生らしい顔と言えるでしょう。

ぷっくりした頬は、優しく温かいイメージがあります。

一緒にいて安心感があり、人気もあるはずです。

しかし、優等生というのは、どこか自分に厳しくきちんと自分自身をコントロールするようなところがあります。

そういう優等生の雰囲気と、ふくよかな頬は結び付きません。

逆にがりがりな頬をしている人は、線が弱いような印象を周りに与えるでしょう。

悪い人ではないのですが、頼りがいがある優等生というイメージは持ちにくいはずです。

ほどほどにスッキリした頬をしている顔は、プラスでもマイナスでもなく、ニュートラルな雰囲気があります。

そういう頬こそ、優等生に見える顔であり、周りから信頼を集めることでしょう。

優等生に見える人相を知ろう

優等生に見える顔というのは、標準的な顔つきの中にも、きりっとしたものを持っている顔です。

誰からも悪印象を持たれないような顔でありながら、かわいすぎたりすることもありません。

そういう顔をしている人は、目上の人の受けも良くて人からの信頼も厚い、優等生のようなキャラクターだと思われることでしょう。

優等生の持つまじめさや賢さが、顔の表面に現れているからです。

優等生に見える人相とは。真面目で勤勉タイプの顔の特徴に関連する占い情報