【エンパスの特徴】人の感情を感じ取るエンパスの特徴や非エンパスとの違いを知ろう

最終更新日:2019年5月6日

人の感情や気分をまるで自分のことのように感じ取ることができるのがエンパスです。

現代ではおよそ2割の人がエンパスであると推定されています。

人との接触で機敏に影響を受けやすいことを始めとして、エンパスにはその高い共感力を生かした複数の特徴があるといわれます。

今回はそんなエンパスの特徴について詳しく解説します。

1.エンパスは共感力が高く人の感情に影響を受けやすい

共感力が高いエンパスの場合、人が何を感じているかどう思っているかを推察できることができます。

人に起こっている出来事を自分のものとして感じることができる敏感な察知力を持っているため、相手を思いやることが可能です。

そのため相手の性格や性質に大きく感化されやすい一面を持っています。

例えば四六時中楽観した考えを持っていたり楽しいことを喋っている相手と多く接触することで、その気質をまるでコピーしたように自分の感覚や気質として受け取ることができます。

逆に年中否定的なことをいったり、マイナスな発言をしている相手と接触頻度が高いと、そういったネガティブな感覚を持ちやすくなってしまいます。

良くも悪くも影響を受けることが多いエンパスは、その場の雰囲気に合わせてしまうことが多々あり本人も無意識的に気づかないうちに周囲に合わせていることがあります。

2.表面的な情報に惑わされにくい直感力が優れている

次のページヘ矢印

【エンパスの特徴】人の感情を感じ取るエンパスの特徴や非エンパスとの違いを知ろうに関連する占い情報