おみくじを結ぶ

おみくじを結ぶ意味とは。なぜ木に結ぶ必要があるのか

最終更新日:2016年11月6日

おみくじを引いた時、持って帰る人と、木などに結んで持ち帰らない人がいます。

どうしたらいいのか分からずに、迷ってしまう人もいることでしょう。

実はおみくじを結ぶことには、きちんと意味があります。

それを知って、神様からのご加護を受けるようにしてみませんか。

1.神様との縁を結んでご加護を受けるようにするため

おみくじを結ぶことの意味で一番大切なのは、神様との縁を結んで、ご加護を受けるためです。

おみくじとは、神様が私達に伝えようとしてくれる言葉でもあります。

その言葉を結んで境内にとどめることで、神様との縁を結ぶことができます。

おみくじを引いた時、大吉などを引いたら、それだけで気分が明るくなります。

しかし、凶や大凶などのおみくじも、神様から伝えられる言葉には変わりはありません。

その言葉を真摯に受け止めること、そして悪い方向に行かないように努力することを、神様に伝えるようにしましょう。

そのためには、おみくじを結んでいくことが大切で意味あることです。

丁寧におみくじを結べば、今までより一層精進する気持ちになるはずです。

そしてその姿は神様にも届いて、きちんと縁を結んでご加護を受けることにつながるでしょう。

おみくじとは、決して運試しではなく、神様からの大切な「伝言」です。

その言葉が書かれたおみくじを結んで帰ることは、神様との縁を結ぶこと、そしてご加護を受けることにつながるという意味があります。

2.おみくじを結ぶことで悪いものを引き受けてもらうため

おみくじを結ぶことの意味にあるのが、神社などに悪いものを引き受けてもらうということです。

悪いことが書いてあるおみくじは、神社の境内の木やおみくじを結ぶために用意されているコーナーに結んで、持ち帰らないようにしましょう。

そうすれば、悪いものを自宅に持ち帰らずにすむのです。

おみくじを引いた時は、必ずしもいい運勢の時ばかりではありません。

時には運気が落ち込んでいる場合もあります。

そういう時に引いたおみくじは、凶だったり大凶だったりするでしょう。

家に持ち帰っても、そのおみくじを見ているだけで、気分が落ち込んでしまい、前向きになることができなかったりします。

そうなると、おみくじを持ち帰ることに意味はなく、かえって悪い影響をもたらしてしまうでしょう。

そして、悪いことが書かれているおみくじを結んで帰ることで、今の自分の悪い運気を神聖なる神様のいるエリアに引き受けてもらうことができるでしょう。

自分では対処できなかった悪いものを、より素晴らしいパワーに溢れている神社に残していくことで、運気回復をはかることができます。

おみくじに書いてある言葉をしっかりと心に刻めば、おみくじは持ち帰る必要はありません。

境内の木などに結んで、悪いものを引き受けてもらいましょう。

そうすれば、今よりももっと良い状態に自分自身を導くことができるでしょう。

3.木々の生命力を分けてもらうため

おみくじを結ぶことの意味には、木々の生命力を分けてもらうという意味があります。

神社などの境内の木々は、神聖なパワーを持っているからです。

神社などの境内は、神様のいる場所として、隅々まで清められています。

そういう中に植えられている木々は、生命力に溢れていることでしょう。

その木々におみくじを結んで帰ることで、木々のパワーを分けてもらえます。

さらに気に結ぶことで、そのパワーにあやかって、願いを叶えてもらうことにもつながるでしょう。

木というのは、実を結びます。

そのことから、何か願いがある時に、おみくじを気に結んで帰ることで、その願いを叶えることができます。

神様からの大切なメッセージでもあるのが、おみくじです。

粗末に扱わないためにも、きちんと境内の木に結ぶようにしましょう。

そうすれば、神聖なエリアの木々の生命力を分けてもらえますし、願いが叶ったりします。

4.おみくじを粗末に扱わないため

おみくじを結ぶことの意味の中に、おみくじを粗末に扱わないためというものがあります。

おみくじは、それを引いた人への神様からのメッセージです。

それが書かれた紙を持ち帰って、家の中でほったらかしにしてしまったりすれば、バチが当たるかもしれません。

おみくじを引いた時には、きっと誰もがそのおみくじの言葉を真剣に読むことでしょう。

そして財布の中にしまったり、家に持ち帰ってきちんと補完しようと思うはずです。

しかし、時間がたつにつれて、そういう気持ちはだんだんと薄れてきます。

気が付いたら机の上に置いたままで、ほこりにまみれていたなんてこともあるでしょう。

そうなると、いくら大吉などを引いても、ご利益があるとは考えられません。

神様の言葉であるおみくじは、しかるべき場所に結んでいく方がよりいい効果があると言われています。

おみくじを粗末に扱わないためにも、中に書いてある言葉を心に留めて、その後は結んで帰るようにしましょう。

おみくじをなぜ結ぶのかを学ぼう

おみくじを結ぶことの意味を知れば、おみくじを引いた時に、決していい加減に扱ったりすることはなくなるでしょう。

自分が引いたおみくじは、神様からのメッセージとして大切に扱えば扱うほど、運気アップに効果があるはずです。

そのためにも、きちんと境内に結んで帰ることには、大きな意味があります。

おみくじを結ぶ意味とは。なぜ木に結ぶ必要があるのかに関連する占い情報