交際1年未満なのにプロポーズされたらどうすれば良い?付き合いたてでプロポーズまでしてくる彼の心理と対応法を解説します

最終更新日:2019年7月10日

彼とのお付き合いも安定はしてきたけれど、まだ結婚を考えたりはしないかなあ…というときにまさかのプロポーズ。

いくら好きでもちょっと困ってしまいますよね。

なぜ彼は1年未満の交際でプロポーズをしてきたのでしょうか。

また、彼からのプロポーズにどう応えたら良いのでしょうか。

性急な彼の心理と対応方法をご紹介します。

1.まずは交際1年未満でプロポーズしてきた真意を確認する

「結婚しよう」の言葉だけでは、いつ、どうして、どのようにという彼の思いの詳細が伝わってきません。

特に1年未満のお付き合いの状態でプロポーズをしてくるのは理解が追いつかないケースが多いです。

これではお返事のしようもないので、とりあえず彼の考えを聞いてみましょう。

「『いずれは』結婚しよう」とか、「『ちょっと借金があって一人では返し切れそうもないから』結婚しよう」の可能性だってあるのです。

詳しい話を聞かせてほしいというあなたを「おれの言うことが信じられないのか!?」と無下にするような彼とはとてもじゃないけれど結婚はできませんよね。

まずはしっかりと彼の思いの丈を聞かせてもらうところからスタートです。

聞く内容は
・どこまで本気なのか
・なぜ1年未満の交際なのにこのタイミングでプロポーズしてきたのか
の2点です。

この2つにしっかりと答えられない様だと、きちんと考えてプロポーズをしてきたのではなく勢いで言ったと判断できます。

2.本気のプロポーズの場合、自分がどう考えているか分析する

彼の気持ちが本物だった場合どうすれば良いでしょうか。

彼が一年も付き合っていないにも関わらず結婚を急ぐ理由がハッキリしたところで、次に考えるのはあなた自身のことです。

「結婚するなら子供を持つべきなのだろうか…」とか、「結婚資金はどうしよう…」とか、あなたの頭を悩ませているのは「結婚」という二人の問題として捉えすぎているからです。

結婚は二人の問題ではあるものの、そこに参加するあなたの人生はあなただけのもの。

彼の提示した結婚生活は、仕事や趣味や今の人間関係や住むところなど、あなたにとって捨て難いものを捨てさせられるものではありませんか?

そんな結婚で、あなたは本当に幸せになれるでしょうか?

その点について、まずはじっくりと考えてみてください。

彼が望むのなら一緒に人生を歩みたい!という考えならそれでも構いません。

しかし、性急に結婚を決めることで失うこともあります。

それらを天秤にかけて、自分の人生のベストはどういったものなのかを判断しましょう。

3.交際期間が短いからこそ、ストレートに疑問をぶつける

あなた自身についての考えがまとまったら、彼への要望も出てくることでしょう。

特に付き合いの浅い一年未満の二人なら、「まだもう少し、彼のことを知ってから決めたい」という気持ちが出てくるのも当然のことです。

あなたのそんな気持ちを、ストレートに彼にぶつけてみてください。

彼があなたと残りの人生をともに歩みたいと真剣に考える人なら、あなたが迷っていることも受け入れてくれるはずです。

もしも受け入れてもらえないとしたら、それは彼自身の自信のなさに起因しているもの。

そんな自信のない彼と結婚することができるでしょうか?

「そんな彼を支えてあげたいの!」という気持ちがある場合、または彼が返事を延ばして構わないと言った場合には、周りの人、とくにあなたのご両親に聞いてみてください。

結婚を経験した先輩であるご両親なら、あなたにとって有益なアドバイスをしてくれることでしょう。

嘘偽りのない情報を伝えて、もらったアドバイスは素直に受け取るようにしてください。

4.他の男性に取られてしまう心配があると考えてプロポーズを急いだ可能性もある

あなたが魅力的で付き合っていることにまだ夢見心地気分でいる彼は、あなたが「誰かに取られてしまう」という心配をしていることも考えられます。

「彼女」という関係にすることはできたものの、交際の段階では口約束の状態です。

確実な保障や安心を得られないため、早く自分のパートナーにしたいとちょっとした焦りがあるのかもしれませんね。

彼はそれだけあなたのことを好きだということです。

そしてあなたにはそれだけの魅力があるということです。

そのプロポーズは、彼の焦りから来ているものと言えるかもしれませんが、そこにあるあなたへの思いは本物でしょう。

今の段階では無理、もっと関係を深めてからと考えているのであれば、その思いを正直に彼に伝えるべきでしょう。

ただ彼の中では焦りがある状態です。

もっと彼に対して「好き」という愛情表現をしてあげることで、焦りから安心に変わってくるかもしれません。

5.本気の交際だからこそプロポーズをしていることもある

中途半端な気持ちで付き合ったのではなく、あなたのことを本気で結婚前提に付き合おうと決めていたことも考えられますよね。

「次付き合うなら結婚だ」「そろそろ結婚を視野に入れた恋愛がしたい」という思いの中であなたと出会ったとしたら、交際1年未満で結婚を意識していても不思議ではありません。

実際にあなたと付き合ってみて、一緒に居て楽しかったり、もっと同じ時間を過ごしたいという思いが強まったなら、結婚したいという思いは持つでしょう。

彼の年齢、仕事での安定など、彼自身のプライベート自体も関わっていることであり、今が結婚するタイミングだと感じているのかもしれません。

あなたが結婚することに対して心残りがなかったり、彼への気持ちが本物であると感じているならば、彼の思いに応えてあげることも選択肢の一つです。

女性以上にタイミングを気にする男性からのプロポーズは、本気の交際だからこそです。

彼の気持ちに真剣に向き合い、より具体的な話し合いをするようにしていきましょう。

6.いつも彼女にフラれてばかりいるので早めに結婚を確定させたいと考えている

好きな人と付き合えても、いつも彼女からフラれてしまうという男性の場合、プロポーズを早くにしてしまうということがあります。

それは、自分の悪いところや欠点を知られたくないからという思いがあるからでしょう。

例えばいつも彼女から「重い」と言われてフラれるという場合、このままあなたと付き合い続けていけば、きっとあなたからも「重い」と捨てられてしまうという考えがよぎりますよね。

フラれることに怖さがあり、いつかあなたが自分から離れて行ってしまうという恐怖心があるのでしょう。

過去の交際期間が短かったり、別れた原因を聞いた時に「フラれて…」という結末が多い場合、もう少し彼を見る必要があります。

フラれるからには何かしらの原因がそこにはあり、あなたがまだ気付いていないとしたら、結婚することにリスクがあります。

もう少し時間をかけて付き合い彼と向き合うことで、彼の本性や欠点が見えてくるかもしれません。

7.プロポーズをすることであなたを喜ばせたいと思っている

実際には本気で結婚する気もなく、単純にあなたを喜ばせたいがために「結婚しよう」とプロポーズする男性もいるでしょう。

女性がどうされることで喜ぶか、女性の扱いになれている男性と言えます。

こう言われたら嬉しい、こうされたら嬉しいという女心をしっかりと分かっている彼は、少し計算高い所があるのでしょう。

あなたを安心させるためであったり、自分にもっと一途になってもらうための言葉だとしたら、そのプロポーズは真に受けてはいけないものです。

またこのように、女性の喜ばせ方を知っている男性は、女性に対して少しだらしない面があることもあります。

あなたができる対処法は、その言葉に浮かれずに、冷静に「ありがとう」と伝えたり「いつ頃?」と明確にさせること。

適当に発した言葉であれば、彼は焦ったり具体的に答えられなかったりと、その様子や態度から本気度が見抜けるでしょう。

交際1年未満でプロポーズという結婚を焦る理由をまずは聞き出そう

付き合って一年も経たないのに結婚して、とてもうまくいくカップルも少なからず存在します。

しかしそれ以上に、結婚を焦る男性にはなにか理由があることが多いもの。

その理由を聞き出し、あなた自身の利益について考えて、後悔しない結論を出してくださいね。

最終的には自分がベストの人生を送ることができるような決断をすべきです。

そのためには妥協をしないようにしましょう。

交際1年未満なのにプロポーズされたらどうすれば良い?付き合いたてでプロポーズまでしてくる彼の心理と対応法を解説しますに関連する占い情報