月のカードが出た時相手の気持ちはどうなの?【タロット占い】

最終更新日:2017年10月16日

月のカードは幻想的で美しいながらも、どこか不安にさせる絵柄をしています。

月のカードは一体どのような意味を持っているのでしょうか。

今回は月のカードがリーディング時に相手の感情の位置に出た場合の解釈の仕方と、それに対する対策をご紹介します。

1.月のカードについて

中国や日本を始め、東洋では月は美しく、愛でる物だと考えられてきました。

日本では、お菓子の名前に使われることもあるように、月は現在も愛され続けています。

さらに、月は愛でるだけでなく暦の基準とされ、明治時代に入るまで、人々の生活に密接に関わっていました。

このように東洋では、月はとても重要な位置を占めていたのです。

それならば、西洋でも東洋と同様に、月は愛されたのだろうと考える方もいるでしょう。

しかし実際には、地域差こそあるものの、ほとんどの国で月は忌み嫌われるものでした。

真っ暗な夜空にぼんやりと、どこか怪しく輝く月は、人々の目に不気味に映ったのでしょう。

月は狂気をもたらすものだと考えられ、月の光は人を惑わし、それを見続けた、浴び続けた人は狂ってしまうと考えられていたのです。

そのため、タロットでも月のカードはあまり好ましい意味を持っていません。

2.月のカードの解釈~正位置編~

ライダー版の月のカードには不思議な情景が描かれています。

上空には人の横顔と一体化した月が不気味に輝き、その下には鬼火が舞っています。

犬と狼は鬼火を恐れるかのように天に向かい咆哮し、その近くの池からは、本来臆病なはずのザリガニが這い出ようとしています。

ザリガニには、この奇妙な景色が見えていないのでしょうか?このように、月のカードは見ているだけでも、人に不安を感じさせます。

そしてカードのメッセージも「先が見えない、混乱、不安、恐怖、嘘や偽り、裏切り、隠れた敵、見えない危機」など、やはり不安を煽るものです。

月のカードは、危機を知らせ、注意深くあれというメッセージを伝えてくれているのです。

3.月のカードの解釈~逆位置編~

逆位置になると月は地平線に沈み、皆を惑わせた光は消え去ります。

東の空が明らみ、夜明けはすぐそこです。

夜が明けると、太陽の光が闇を拭い去り、隠されていたもの、見えなかったものをあらわに映し出してくれるはずです。

月の逆位置の意味も、正位置の「見えない状態」から「先の見通しが立つ、真実を知り安心する、直観力が冴える」等の意味に変化します。

ただし夜明け前が一番暗いといわれるように、占者によっては月の逆位置を正位置の意味とほぼ同様か、やや弱めの混乱状態と解釈する事もあります。

月のカードが混乱を表すことはご理解いただけたと思いますが、占っている最中あまりに多く出る場合、すぐに変化は起こらない、占っている内容が曖昧すぎる、もしくは占っている方が疲れている、などの意味を示すこともあります。

思い当たる事があれば、一旦占いは中断し、日を改めましょう。

4.相手の気持ちの位置に月のカードが出たなら~正位置編~

まずは友人関係を占っている場合から見てみましょう。

月のカードのテーマは見えない事の不安です。

友人はあなたに不信感を持っているかもしれません。

他の友人と親しくしすぎて、2人で遊ぶ事が減った、ちょっとした言い争いが未だに尾を引いている、二人の間に何か隠し事がある等、原因は様々でしょう。

事実無根で友人の勘違いということもあるため、心当たりの有無に関わらず一度お茶をしながら話してみましょう。

恋人の場合は上のものに加え「不倫、浮気、分かれるかどうか迷っている」などの状況も考えられます。

あなたよりも大切な人ができた、という場合もあるものの、ほとんどはコミュニケーション不足から来る一時的な不が原因です。

言葉と態度で愛情を示し、相手を安心させる事をオススメします。

5.相手の気持ちの位置に月のカードが出たなら~逆位置編~

月の逆位置のテーマは「迷いが晴れる」です。

相手は一度不安を感じたものの、周囲のアドバイスやあなたの心遣いが実を結び、自分なりの結論を出すことができたようです。

普段の友人に戻るのに、そう長くはかかりません。

相手が恋人だった場合はどうでしょう。

もし月のカードが出た場合、相手は一度他の女性になびきかけた、または関係を継続すべきか迷っていたことを示します。

しかし、あなたからの愛情を感じることで、彼自身もあなたへの愛情を再確認できました。

最初はギクシャクした雰囲気があるかもしれませんが、しばらくすれば以前の関係に戻ることができるはずです。

6.月のカードが出た時の対策

月のカードが正位置ならば相手は不安を抱いている、または迷っている状態です。

自分が不安を感じている、混乱している場合は落ち着いて考えるという対策を比較的簡単に取れます。

しかし他人が同じ状態の場合、相手を直接落ち着かせることは困難です。

そのような場合は無理に落ち着かせようとせず、まずはリラックス出来る環境を整える手段を考えましょう。

笑顔を増やす、穏やかで優しい言葉をかける、相手の好きな食事を用意するなど、様々な方法で相手を労ってください。

その際、全てを一度に実行しては、相手に不信感を持たせてしまい逆効果です。

そして、急激な環境の変化は互いのストレスになるため「急がずゆっくり」を心がけてください。

逆位置の場合、相手はある程度結論を出しています。

そのため、あなたができることはあまりなく、相手が相談してきた時や、疲れているときにフォローする程度で十分です。

月のカードが出た時どうすれば良いかを知ろう

月のカードのテーマは「不安、混乱、見通しが立たない事」です。

もし相手の感情の位置に出た場合、彼は不安を抱いています。

相手に寄り添うように、相手が落ち着けるような環境を整えることが肝要です。

そして、相手が結論に至ったならば、冷静さを忘れずまずは聞くことに専念して下さい。

反論は聞き終えてからでも遅くはないのですから。

月のカードが出た時相手の気持ちはどうなの?【タロット占い】に関連する占い情報