雨漏りの夢が意味することとは

最終更新日:2018年9月28日

今では現実ではなかなか経験することが少なくなった「雨漏り」。

しかし夢の中では、ときどき登場する現象です。

もし雨漏りする夢を見たときには、そこにはどのような意味や深層心理が現れているのでしょうか。

今回は「雨漏りの夢」が示すものについてご紹介します。

1.雨漏りは何かの警告

雨漏りの夢は、基本的には警告の夢だと考えられています。

身体が不調を訴えていたり、働きすぎて精神的なストレスがたまっていたり、仕事や人間関係でのプレッシャーやトラブルを抱えていたりする場合、それが気になっていることを自覚していなくても、心と体が疲れを訴えているということを暗示しています。

また、自分の能力に対する自信のなさや、能力不足についての不満や情けなさを感じている可能性もあります。

もし雨漏りの夢を見た場合には、自分が置かれている環境を改めて再確認する必要があります。

2.どの程度の雨が漏れているか

雨漏りの夢を見た場合には、どの程度雨が漏れているかも夢が訴えていることの重要なサインになります。

気づかないほどの間隔で一滴一滴雨が落ちているという場合には、悩みやトラブル、不安の原因に気づいていないという場合があります。

自分では気にしていないと思っていることや、まったく気づいていないことが心を悩ませている大きな原因になっていることもあります。

反対に水たまりができるほどの雨漏りの場合には、その問題が大きな負担となっていることを示しています。

特に部屋の中に出来る水たまりは、家族関係についてのトラブルを暗示していることがあります。

家族関係が安定していると思っていても、ちょっとしたすれ違いがあったり、お互いに信用しきれなかったりといったときに、大きな雨漏りとなることもあります。

さらに、雨漏りは金銭的な損失も示しています。

それも、株や投資などで一度に大きな損失が発生するといったタイプの経済的なマイナスではなく、少しずつ財産が減って行ったり、価値が目減りしていく、自分では当然と思っていてもそれが浪費につながっている可能性が考えられます。

これぐらいならいいだろうと思って使いすぎていたり、家族が自分の知らないところで大きな買い物をしているというのならまだましですが、もしかすると投資詐欺などに引っかかって将来的に大きな損が生まれてしまう可能性もあります。

3.雨が漏れている場所は

雨漏りの夢を見たときには、どこに自分がいるかというのも大切なヒントになります。

一番多いのは、やはり自宅の自分の部屋や寝室で雨漏りする夢ですが、これは親しい人たちの関係に対して不安を抱いている象徴です。

家族や友人、恋人などの間がうまく行っていない、またはこれからトラブルが起きることを暗示しています。

その時に、自分の身体がびしょびしょに濡れてしまうような場合には、近々大きなトラブルに発展してしまったり、考えられないような不幸に見舞われるといった可能性もあります。

反対に、少しだけ体が濡れるというときには、今まであまりうまく行っていなかった関係が、なにかの出来事をきっかけに好転するという兆しです。

どちらにしても、プライベートな人間関係の中に問題があるということには変わりはないので、自分の部屋などで雨漏りをしているときには、自分を取り巻く人間関係について、改めて考えてみることが必要かもしれません。

4.雨漏りしている部屋を外から眺める夢

一方、自分の部屋が雨漏りをしているのを窓の外から眺めている夢は、自分の無力感を象徴しています。

大変なことが起きていたり、現状には決して満足していないのに自分ではどうしようもないと考えている暗示です。

また、何かをするべきなのに何もできない自分を恥じている可能性もあります。

ただし、適切な行動がとれるのは、心身が万全なコンディションのときだけ。

雨漏りの夢を見ている段階で、すでに心も身体も疲労やストレスを訴えています。

そのため無理に焦ったり、とにかく動いてみたりするのではなく、まずは心身をしっかり休めてから事に望むほうが良い結果が生まれるでしょう。

5.バケツで雨を受け止める夢は吉夢

このように「雨漏り」の夢はあまりいい暗示とはいえないものが多い中、唯一雨漏りの夢の中で吉夢と呼べるのが、天井から落ちてくる雨をバケツやお皿などで受け止める夢。

これは急激な金運のアップを示しています。

落ちてくる幸運をしっかり受け止められる準備が整ったという証なので、雨漏りはしていてもバケツなどで雨を受け止める夢に関しては、いい夢と言えるでしょう。

また、雨は天からの恵みであるとともに、自分よりも偉い人からのサポートも意味しています。

もしかすると普段からの頑張りが認められて、社会的な地位が引き上げられるといったことが待っているかもしれません。

6.隠している何かがある

雨漏りがしている夢の基本的な意味は深層心理は、心のどこかに隠している何かがあるという事です。

心の中に秘めている隠し事が雨漏りという形になって夢に出てきたのです。

そしてその隠し事がどこからか漏れてしまう事をあなたは実はとても恐れています。

この場合、最後まで隠しておいた方がいい、もしくは絶対に心の中に隠しておこうと決めてあるなら、その隠し事をずっと心の中に秘める強さを持つようにしましょう。

雨漏りという形で夢に出てくるという事は、まだあなたがその隠し事をずっと心の中に秘める勇気や自信が無いという事を意味しています。

人には誰でも一つや二つ隠し事をしている場合があります。

ですので、隠し事をしているのはあなただけではありません。

同じ悩みを持っているのは自分だけでは無いと思う事でとても気が楽になります。

また、どうしても誰かに話したい、でも誰にも話せないという場合はインターネットで匿名でできる範囲内で書き込みをする事もできます。

抱え込んでいた事を名前も知らない誰かに話す事でスッキリする事ができたという方は多いです。

また、隠している何かを誰かに話さないといけない、でもその勇気が出ないという方は早く話さないと話すきっかけを失ってしまい、結局話せずに後悔をする事になりかねません。

ですので、頑張って話すようにしましょう。

真摯に隠し事を話しているあなたを見る事できっと周りの人はあなたの気持ちを理解してくれます。

そして何より話す事で自分自身の心がとても楽になります。

7.どうしようもない不安を抱えている

自分の家が雨漏りをしている夢は、どうしようもない不安を抱えているという深層心理であるという事を意味しています。

自分の家は、自分が一番心から安堵できる場所です。

そんな自分の家が雨漏りをしているという事は、自分の家ですら安心できずにずっと不安を抱えてしまっているという事を意味しています。

不安を抱えているという事は、大きなストレスを抱えてしまっているという事です。

ストレスが溜まったままだと不安を解消し解決するためのパワーを失ってしまいます。

ですので、まずはストレスを減らして心身共に気力、体力を十分蓄える事を意識しましょう。

ストレスが溜まっていても十分に栄養を取り、早寝早起きをするといった規則正しい生活をする事で少しでも元気が出てきます。

元気が出てくる事でストレスが緩和され、頑張るための活力が湧いてきます。

特に食べる事と睡眠は大切です。

元気が無くて食べる事ができないという方は、自分が食べたいものやおかゆやうどん、ジェル状等の簡単に食べる事ができるもの、栄養ドリンクやスポーツドリンク等少しでも多く身体の中に栄養を取り入れ、そしてよく眠るようにしましょう。

そして少しでも元気になったら今の不安の原因を取り除くために行動するようにしましょう。

8.少々感情的になりすぎている

雨漏りで家が水浸しになってしまう夢は今のあなたが感情的になりすぎているという事を意味しています。

もう少し冷静になった方がいいという事を夢は教えてくれているのです。

理性と感情、どちらも大切なものです。

ただ、今のあなたは感情的になりすぎて少々理性を忘れてしまっています。

感情的になりすぎてしまうと物事を正しく見る事ができなくなってしまったり、固定観念に縛られすぎてしまいます。

正常な判断ができないと後から「どうしてあそこで間違えてしまったんだろう」と後悔する事になってしまいます。

ですので、一旦落ち着いて冷静になりましょう。

9.雨漏りで全身が濡れるになる夢は吉夢

雨漏りで自分が水浸しになる夢は実は吉夢です。

これは、雨漏りで自分の全身が濡れる事で、自分自身の中に溜まっているもの全てが雨によってキレイになったという事を意味しているからです。

ですので、この夢を見た後不思議とスッキリと目覚める事ができたという方はとても多いです。

溜まったものがキレイさっぱり無くなった後の自分は今までの自分とは全く違う、清々しい新しい自分です。

ですので、何もかもにやる気が満ち溢れています。

何かにチャレンジするなら今が絶好のチャンスです。

今のやる気に満ち溢れたあなたならきっと何でも楽しくこなす事ができるでしょう。

雨漏りの夢の意味を知ろう

様々な意味を持つ雨漏りの夢。

多くの場合には、心と体が疲労を告げていることが多いので、雨漏りの夢を見たときには、まずはしっかりと休養を取り、来るべき事態に備えるのがベストと言えるでしょう。

雨漏りの夢が意味することとはに関連する占い情報

夢占い(外部サイト)