【陰陽五行説とは】暦など現代にも影響を与える陰陽五行説

最終更新日:2018年10月30日

陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)という言葉を、聞いたことはないでしょうか。

歴史や東洋思想、占いや風水に関心の高い方は、ご存知かもしれませんね。

陰陽五行説とは、古代中国で生まれた思想のことです。

自然現象や宇宙、社会事象や人体など万物を説明する際に、用いられてきました。

陰陽五行説とは、どのような思想なのでしょうか。

陰陽五行説の基本的な内容について解説します。

1.陰陽五行説とは

陰陽五行説とは、古代中国で生まれた「陰陽説」と「五行説」が、一体化した思想のことです。

中国の漢の時代に流行し、完成したと言われています。

その後、日本にも伝わり、陰陽道を生み出しました。

陰陽五行説では、万物を、陰陽説と五行説に基づいた上で、理論的に説明してきました。

陰陽五行説は、現代社会にも受け継がれ、影響を与え続けています。

陰陽五行説と聞くと、難しいイメージがあるかもしれませんね。

しかし、私たちの社会では、意外と身近にある思想です。

身近な世界では、東洋占術や東洋医学が上げられるのではないでしょうか。

2.陰陽思想とは

陰陽五行説の内、陰陽思想についてご紹介します。

陰陽思想とは、世界に存在する全てのものを、陰と陽という2つに大別する考え方です。

代表的な例として
・陰は月、陽は太陽
・陰は精神、陽は身体
・陰は女性、陽は男性
・陰は奇数、陽は偶数
が、あげられます。

陰には、物質的・消極的・ゆっくり・冷たいといった性質があるとされています。

陽には、非物質的・積極的・速い・温かいという性質があると言われています。

但し、陰と陽は、善悪の概念ではありません。

バランスの概念になるため、注意して下さい。

陰と陽は、互いに切り離せない相互依存関係にあるとしています。

一見、相反するような関係であっても、お互いに必要な存在。

現実の人間社会にも、置き換えることができる考え方ではないでしょうか。

3.五行思想とは

五行思想とは、万物を「木・火・土・金・水」の5つの要素に分類して、考える方法です。

五行とは、この5つの要素のこと。

さらに、五行が互いに影響し合うことで、万物が成り立つとしています。

五行の「行」の字には、「循環」あるいは「巡る」という意味があります。

五行が循環することによって、互いに影響し合い、世界が成立しています。

従来の陰陽説に、五行説が加わったことで、複雑な事象も説明できるようになったと言われています。

4.五行の説く3つの関係

五行思想では、互いに影響を与え合う関係が、3種類あります。

「相生」「相剋」「比和」の3つです。

「相生(そうじょう)」とは、互いに相性が良い関係のこと。

「木は火を生じ、火は土を生じ」と言われており、木と火、火と土は、相性が良好です。

木は燃えて火を生みます。

火が燃えることで灰が出来、土が生まれます。

「木→火→土→金→水→木」という流れは、良好な関係で、永遠の循環を作るのです。

「相性が良い」という言葉は、ここから生まれたと言われています。

「相剋(そうこく)」とは、相性が良くない関係のことです。

「木は土に勝ち、土は水に勝ち」と言うように、木と土、土と水の関係は良くありません。

相性が良くない関係ですが、気を静める陰の関係とも言われています。

マイナスイメージの強い「相剋」は、五行思想では必要なものと考えられているのです。

「比和(ひわ)」とは、ますます運が強くなる関係のこと。

木と木、火と火のように、一緒になることで、今まで以上に強い力や結果を出すことができる関係です。

但し、良いことばかりではなく、悪いことも強くなる場合があります。

5.現代にも影響を与える陰陽五行説

陰陽五行説は、暦や方角、東洋医学や学問などに、影響を与えてきました。

現代社会においても、東洋占術をはじめ、社会事象や身近な生活に影響を与え続けています。

実は、「五目焼きそば」や「五目チャーハン」の「五目」という言葉も、五行思想の影響を受けています。

「五行全て含まれている」、つまり「いろいろな物が入っている」という意味で使われているのです。

五行説は、身近にある思想であり、考え方です。

陰陽五行説は、ものごとを善悪や勝ち負けで判断する思想ではありません。

相性の良い「相生」だけが必要と考えるのではなく、相性の悪い「相剋」も大切な関係としています。

つまり、エネルギーや気をおさえるために、相性の悪い「相剋」も必要だと説くのです。

このような考え方は、人間関係においても、当てはまるのではないでしょうか。

陰陽五行説の考え方を知ろう

陰陽五行説についてご紹介しました。

古代中国から伝わる陰陽五行説は、現代社会においても、問題解決のヒントとなるでしょう。

四柱推命など東洋占術は、陰陽五行説の思想をベースとしています。

人生において、仕事や人間関係、恋愛や家庭など、さまざまな悩みごとがあるでしょう。

そのような時、陰陽五行説は、生き抜くためのヒントを与えてくれるのではないでしょうか。

【陰陽五行説とは】暦など現代にも影響を与える陰陽五行説に関連する占い情報