【陰陽五行説とは】暦など現代にも影響を与える陰陽五行説

最終更新日:2018年10月30日

陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)という言葉を、聞いたことはないでしょうか。

歴史や東洋思想、占いや風水に関心の高い方は、ご存知かもしれませんね。

陰陽五行説とは、古代中国で生まれた思想のことです。

自然現象や宇宙、社会事象や人体など万物を説明する際に、用いられてきました。

陰陽五行説とは、どのような思想なのでしょうか。

陰陽五行説の基本的な内容について解説します。

1.陰陽五行説とは

陰陽五行説とは、古代中国で生まれた「陰陽説」と「五行説」が、一体化した思想のことです。

中国の漢の時代に流行し、完成したと言われています。

その後、日本にも伝わり、陰陽道を生み出しました。

陰陽五行説では、万物を、陰陽説と五行説に基づいた上で、理論的に説明してきました。

陰陽五行説は、現代社会にも受け継がれ、影響を与え続けています。

陰陽五行説と聞くと、難しいイメージがあるかもしれませんね。

しかし、私たちの社会では、意外と身近にある思想です。

身近な世界では、東洋占術や東洋医学が上げられるのではないでしょうか。

2.陰陽思想とは

次のページヘ矢印

【陰陽五行説とは】暦など現代にも影響を与える陰陽五行説に関連する占い情報