花言葉で「不吉」を意味する花とは。贈ると縁起が悪い花を知ろう

最終更新日:2019年5月13日

花の中には花言葉の意味として縁起が悪いものもあります。

特に「不吉」といった花言葉を持つ花もあります。

そこで今回は「不吉」を意味する花言葉をもつ花たちとその由来について詳しくご紹介します。

1.クロユリ

クロユリの花言葉は「呪い」「復讐」です。

ドラマや映画などの創作作品の中で不気味なシーンではクロユリを映して作品の世界観を作り上げることもよくあります。

ですからクロユリを見るだけで何となく怖いと感じる人も多いのではないでしょうか。

クロユリには戦国時代に有名なエピソードがあります。

小百合姫は武将佐々成政の側室でした。

小百合姫が佐々成政の子を妊娠すると、それに嫉妬した正室が「小百合姫は浮気をしていて、お腹の子は浮気相手の子」という噂を流したのです。

その噂を信じ込み、怒りに狂った佐々成政は小百合姫を処刑しました。

それだけてはなく小百合姫の一族まで投獄したのでした。

しかし小百合姫は処刑の直前「クロユリの花が開くとき、佐々家は滅ぶだろう」という呪いをかけていたのです。

しばらくしてクロユリが咲いた頃、佐々木家には様々な不幸が襲いかかり、佐々家は御家断絶になったということです。

この話からクロユリの花言葉は「呪い」となりました。

この他にも百合には不吉花言葉があり、オレンジ色の百合の花言葉は「憎悪」、黄色の百合の花言葉は「偽り」となっています。

2.マンサク

花言葉で「不吉」を意味する花とは。贈ると縁起が悪い花を知ろうに関連する占い情報