同窓会の夢を見た意味とは。夢の中で同窓会で話す相手や周りの態度から判別できる

最終更新日:2018年10月3日

夢で同窓会に参加していたり、同級生たちと会っている夢を見たりしますよね。

頻繁に同窓会の夢を見たりすると、何か意味があるのではないかと思ったり、心の深層に隠している心理があるのではないかと思うでしょう。

そんな、同窓会の夢を見た時の意味と深層心理について説明します。

1.同窓会に参加している夢は、同級生たちと会いたいと思っている

同窓会に参加している夢を見たら、仲の良かった同級生たちと会って近況を話したい、楽しく会話がしたいと思っている願望の現れの場合が多いです。

卒業してそれぞれの進路に進んでしまうと、なかなか学生時代の友人たちと会って話すことも減ります。

「友人たちはどうしているかな」「元気にしているかな」と考えることが増えると、自然と同窓会の夢を見やすくなります。

今はスマホの時代ですから、同級生たちと連絡を取るのは難しいことではありません。

SNSなどでも簡単に会わなくなった友人を探すことも可能ですから、同窓会の夢を見て、同窓会をしたいなと思ったら、同窓会を開けるように行動してみると良いでしょう。

2.仲の良くなかった相手と楽しく話す夢は、疎遠だった同級生に危機が迫っている

同窓会の夢を見た時に、さほど仲の良くなかった相手とも楽しく会話をしていることがありませんか。

もしくは、会話している相手の様子がおかしかったり、雰囲気が変わっていたりして変だなと感じたりしませんか。

そんな夢を見た場合、その同級生に危機が迫っているか、何か良くないことが起こる前触れかもしれません。

人は稀に、予知夢というものを見ることがあります。

事故に遭う夢を見たら本当に事故に遭ったり、結婚をする夢を見たら本当に結婚をしたりと、未来に起こること、または現在起こっていることを夢の中に現れることがあります。

良く知らない同級生と仲良くしていたり、同級生がいつもと違う態度で接してくる夢を見たら、その同級生があなたに助けを求めているのかもしれません。

夢を見た後に何か嫌な予感がしたら、夢に見た同級生に連絡をしてみると良いかもしれません。

3.同級生に冷たい目で見られる夢は、同窓会や同級生に対して何らかのトラウマがある

同窓会や同級生と会うことは、楽しいですし、学生時代の友人の近況を知れて嬉しくなるものですが、全ての人がそういった気持ちになるかというと、そうではありません。

同窓会や同級生と会うことに抵抗があったり、会いたくないなと思う人もいます。

なぜなら、学生時代に同級生といざこざがあったり、現状が上手くいっていなかったりして、同級生たちに合わせる顔がないと思っていたり、自分が同窓会に出ても浮いてしまって、馴染めないと思っていたりするからです。

また、実際に同窓会に参加したけれども、同級生に冷たい目で見られたり、嫌味を言われたりした経験から、同窓会に対してトラウマを抱えているのかもしれません。

そういったトラウマや同級生たちに対する劣等感などから、同窓会に出席している夢を見ることがあります。

同窓会に対する苦手意識や、同級生に対するトラウマというのは、なかなか拭えないものです。

しかし、苦手意識やトラウマは自分自身で乗り越えていくしかないものです。

同窓会の夢を見たら、自分の中にある凝り固まった考えや、トラウマを払拭させるために行動を起こしましょう。

4.人間関係を見直したいと思っている時も、同窓会の夢を見る

同窓会というのは、学生時代に仲の良かった友人や、さほど仲良くなかった人、学生時代に関わったことがない人など、大勢の人が集まる場所です。

そんな同窓会に出席する夢を見たということは、自分の人間関係を俯瞰して見ているか、頭の中で整理したいと思っていることの現れなのかもしれません。

人間関係というのは、生まれた頃から嫌でも築き上げていかなければならないものです。

ですから、同窓会に出席した夢を見て、学生時代からの人間関係がどんなものだったのか振り返り、自分が今後どのような人間関係を作っていこうかということを調整しているのかもしれません。

または、過去の人間関係から、自分の人間関係の構築方法を学び、今後に生かそうとしているのかもしれません。

いずれにせよ、同窓会の夢を見たら、今ある人間関係を見直して、今後、人とどのような関係性を築いていけば幸せになれるのかについて考えた方が良いという暗示です。

5.夢を見た後の気分によって意味が変わる

同窓会に出席する夢を見た時に、感じる感情というのはさまざまあります。

同窓会に出て、楽しい、嬉しい、懐かしいと感じているならば、それは良い夢といえます。

その夢を見た後に、実際に同級生と再会したり、同窓会に出席したり、何か良いことが起こる前触れかもしれません。

一方、同窓会に出てもつまらなかったり、イラついていたり、怒っていたりすると、それは悪い夢です。

人間関係で失敗したり、何か嫌なことが怒ったり、失敗をしてしまうという前触れの可能性があります。

同窓会の夢というのは、見た後に自分が感じる感情によって、吉夢か凶夢か変わるのが同窓会の夢なのだと覚えておきましょう。

目覚めた後の感情を記憶しておいて、しっかりと対処しましょう。

同窓会の夢を見たら人間関係を見直すきっかけにしよう

人がたくさん集まる同窓会の夢を見るということは、自分の築いてきた人間関係を見直した方が良いという暗示なのかもしれません。

同窓会の夢を見たら、今の人間関係で悩んでいることを整理して、縁を切りたいと思っている人とはきっぱり縁を切り、良好な関係を築いている人とは更に関係を深められるように努力しましょう。

同窓会の夢を見た意味とは。夢の中で同窓会で話す相手や周りの態度から判別できるに関連する占い情報

夢占い(外部サイト)