【タロット占い】ペンタクル10正位置と逆位置の意味。恋愛・復縁・片思い・仕事のタロット占いでペンタクル10(正位置・逆位置)が出た理由

最終更新日:2019年10月5日

ペンタクル10とは

現実世界の中の物質や富を表すのがペンタクル(コイン)ですが、ペンタクルの10は現実的な物事が究極の状態に達したことを意味します。

ペンタクルの10は財産、家庭、恋愛が満たされている状態を表す78枚のタロットカードの中で最も完成されている状態を表す良いカードです。

ペンタクルの10の正位置の基本的な意味

ペンタクルの10は正位置では「繁栄」「家族」「伝統」「次世代」という意味を表します。

これまであなたが頑張って獲得してきたものを愛する人と分かち合い、お互い支え合うな幸福感を味わうことができます。

そしてあなたが得た富は子どもや孫など次世代に引き継がれていくでしょう。

ペンタクルの10の正位置はこれまで努力によって勝ち得てきた富によって将来も末永く安定して成果を得続けることができる可能性を示唆するとともに、受け継がなければならない何かがあるということも暗示しています。

相手の気持ちを占った時にペンタクルの10の正位置が出た場合の意味

相手の気持ちを占った時にペンタクルの10が正位置で出た場合、相手はあなたとの将来について具体的に考え始めています。

パートナーの場合、あなたとの付き合いに満足しており、結婚しても良い相手としてあなたを見ているでしょう。

この状態から実際に結婚へと話を進めるには、あなたが相手にとっての本当の幸せを知る必要があります。

お互いに日常的に何を幸せと感じているのか本当の部分で話し合うことで具体的な話へ一歩進むことができるでしょう。

あなたが片思いしている相手の場合はあなたに好意を持っている状態ですので、このまま自然に傍にいてより多くの時間を過ごしてみてください。

そうすることでお互いの距離がぐっと縮まるはずです。

片思いを占った時にペンタクルの10の正位置が出た場合の意味

片思いの相手の場合、安定して落ち着いた関係を維持した方が上手くいきます。

恋愛でドキドキしたり盛り上がる関係よりもお互いが落ち着ける状態の方が上手くいきますので、相手に寄り添うイメージで穏やかにアプローチするとよいでしょう。

現時点での恋愛の楽しさよりも相手と長く幸せでい続けるために、どのようにしたらよいのかを考えながら関係をじっくり深めていくことが肝心です。

家族ぐるみの付き合いもオススメです。

お互いの家族に紹介して家庭的な雰囲気で距離を深めていくのも良いでしょう。

その一方、お互いの状況が動かないままで、このままでは発展しないと感じた場合は、あなたが思い切って一歩踏み込んでいくという判断も重要です。

復縁を占った時にペンタクルの10の正位置が出た場合の意味

コインのカードはあなたが今置かれている現実にどう対峙し、どのように向き合っていくかを示す現実的なカードです。

あまり夢や理想を追いかけず、今の等身大の自分を素直に見せることが復縁を成功させるポイントです。

相手はあなたに家庭的な幸せを思い起こしているところです。

あなたの行動次第で愛情がよみがえってくるでしょう。

そのためには焦らずに連絡を取る回数を少しずつ増やし、そして合う回数を徐々に増やしていくようにしましょう。

あなたがこれまで築いてきたものは相手も感じているはずです。

そして、2人の時間はお互いの幸せを分かち合うことをイメージしながら会話を重ねていくと良いです。

お互いの幸せはこれまでの努力があり、それによって得られたものであるということを忘れずに距離を縮めていきましょう。

仕事を占った時にペンタクルの10の正位置が出た場合の意味

仕事についてペンタクルの10が正位置で出た場合、あなたの努力が報われ、富を手にする暗示が出ています。

これまで頑張ってきたものが成果として現れ、一旦落ち着く時期です。

長く携わったプロジェクトが完了するなど、一区切りすることもあるでしょう。

昇給や昇進などによってあなたのポジションがステップアップすることもあります。

さらに、これまでの仕事を他の人に引き継いだり、あなたがやってきたプロジェクトそのものが組織の中で定着していく可能性もあります。

逆にあなたが誰かの仕事を引き継ぎ、後継者となることもあります。

就職活動中や転職活動中の場合、変化やスピード感のある仕事よりも安定した仕事や伝統的なものを扱う仕事と縁があります。

自分の未来を占った時にペンタクルの10の正位置が出た場合の意味

これまで築いてきた努力によって富を得て、それを愛する人と分かち合う幸せな状態を示唆しています。

経済的にも安定した状態を表しています。

ペンタクルの10は究極の状態を意味する良いカードですので未来はかなり明るいと考えてよいでしょう。

しかし、この富や幸せは今の努力によって得るものですので今どれだけ頑張れるかによって未来に得られるものが変わってきます。

家族とのつながりも大切になってきますので、これまで以上に連絡を密に取るようにしましょう。

これまで漠然と考えていたことも現実的に考え、具体的に行動するようにしましょう。

今の頑張りが将来、幸せや富としてきちんと返ってきますので今が頑張り時だと考え、多少のことは踏ん張ることが肝心です。

ペンタクルの10の逆位置の基本的な意味

ペンタクルの10の逆位置の基本的な意味は「不安定」「堕落」「惰性」「無計画」「成り行き任せ」「悪化」「浪費」「借金」「失業」などです。

状況が現状よりも悪化したり行動を起こしたことが裏目に出てしまい、望み通りの結果にならないなど、上手くいかない日々に落胆してしまうかもしれません。

対人関係のトラブルにも要注意です。

些細なことがきっかけで、相手との関係に溝が生まれてしまう可能性もあります。

大切な場面で悪い癖が出てしまい、周囲からの信頼を裏切って、取り返しのつかないことになってしまうこともあります。

嫌なことが続き、ネガティブな気持ちに支配されて、将来への明るい可能性を見出せずに不安を抱くことになるでしょう。

しばらくは、明るいニュースに胸を弾ませる事はなさそうです。

相手の気持ちを占った時にペンタクルの10の逆位置が出た場合の意味

相手の気持ちを占った時にペンタクルの10逆位置が出た場合は、相手はあなたに対して不満を持っています。

もしも相手とはそこまで親しい関係ではなかったとしたら、あなたの第一印象が良くなかったのかもしれません。

初めて会った時のことを思い返してみて、嫌われてしまった原因が思い当たったとしたら、今すぐにでも改善しましょう。

また、何度も連絡を取り合う仲だったり、すでにお付き合いしている相手だとしたら、この関係がつまらないと感じています。

もっと明るくポジティブになれるような言動をとって欲しいと感じているのでしょう。

マンネリした関係を打開するために、何かワクワクするようなサプライズを考えてみるのも良いでしょう。

片思いを占った時にペンタクルの10の逆位置が出た場合の意味

片思いを占った時にペンタクルの10の逆位置が出た場合の意味は、この片思いに進展の見込みはないことを表しています。

この恋の盛り上がりのピークは、まさに今なのでしょう。

これから先は下降を辿ります。

あなたの方が相手に幻滅して、気持ちが冷めてしまうかもしれません。

相手と会うたびに嫌な面が見えてしまい、恋心を抱いたことを後悔してしまうこともあるでしょう。

あるいは、あなたが必死にアプローチをすればするほど、相手が逃げていってしまう可能性もあります。

おとなしくしていても、積極的に動いても、事態は悪い方向に進んでいきそうです。

いずれにしても、この恋はあなたにとって成長や、学びをもたらすような重要な意味のあるものではありません。

復縁を占った時にペンタクルの10の逆位置が出た場合の意味

復縁を占った時にペンタクルの10の逆位置が出た場合は、完全に復縁の可能性が断たれてしまうことを表しています。

状況は、あなたの望みとは真逆の方向に進んでしまうでしょう。

復縁を望む元恋人には、すでに新しい恋人がいるかもしれません。

あなたが行動を起こす前に、元恋人は新しい恋人と結婚するという知らせがどこからともなく聞こえてきたり、仕事の都合であなたの手の届かないところに行ってしまったり、復縁を諦めざるを得ない状況になりそうです。

どんなに努力をしようとも、どんなにあがいても、元恋人があなたのもとから離れていくことは止められません。

改めて元恋人の存在の大きさを痛感し、大きな喪失感に見舞われてしまう暗示です。

仕事を占った時にペンタクルの10の逆位置が出た場合の意味

仕事を占った時にペンタクルの10がでたときは、必要の可能性や、収入の減少、職場関係の不和、トラブルを表しており、仕事運が低迷することを表しています。

不当な解雇を言い渡されたり、職場の環境に不満が募り、自分から職場を離れる決意をする可能性が高まっています。

また、職場内で人間関係のトラブルが発生する暗示があります。

思うような人間関係を築くことが出来ずに悩み、本来自分がやるべき仕事が手につかないなど、業務以外のことで気を揉んでしまいそうです。

仕事運の低迷に伴い、金運まで大きく下がってしまうでしょう。

収入が減少したにもかかわらず、無駄遣いが止められなくて、浪費、散財してしまうこともあります。

自分の未来を占った時にペンタクルの10の逆位置が出た場合の意味

自分の未来を占った時にペンタクルの10の逆位置が出た場合の意味は、未来に対する不安です。

目的が見出せず、何をするにも成り行きにまかせて行動してしまい、漠然と描いていた理想の未来からは大きくかけ離れたところにあなたの姿はあるでしょう。

人生の方向性を見失ってしまい、どこでどう間違えたのか自分でも分からずに、打つ手は何もなく、失望感に打ちひしがれることとなります。

成功して幸せを手にするイメージが具体的に出来ない限り、明るい未来は訪れないでしょう。

壁にぶち当たった時は、一度立ち止まり、自分を冷静に見つめ直すことで、具体的な目標が見つかったりします。

回り道をすることになっても、幸せな未来をあきらめないことが大切です。

【タロット占い】ペンタクル10正位置と逆位置の意味。恋愛・復縁・片思い・仕事のタロット占いでペンタクル10(正位置・逆位置)が出た理由に関連する占い情報