おみくじで末凶が出た!末凶の意味とレア度を解説

最終更新日:2018年11月11日

おみくじを引く神社によっては末凶が出る可能性もあり、末凶はどの位悪いのか疑問に感じる方が多くいます。

そこで、おみくじにおける末凶の意味・どの位悪いのか・引いた時にすべきこと・レア度について紹介します。

1.末凶の意味やどの位悪いのか

おみくじには7段階や12段階のタイプがあり、7段階のおみくじに末凶はありません。

12段階のおみくじの順番は、大吉・中吉・小吉・吉・半吉・末吉・末凶・半凶・凶・小凶・中凶・大凶となっています。

末凶はどの位悪いか順番だけを見ると、大凶の次に悪い結果ですが、おみくじを引く場所によっては末小吉の後に末凶がくるケースもあります。

末凶自体の意味でどの位悪いか調べると、大凶よりは良く凶や小凶、半凶よりは悪いとなっています。

また、末凶は末広がりに悪くなるという意味もあるので、解釈によっては縁起の悪い結果です。

しかし、おみくじを引く神社や寺院によっては末凶が無いケースや末凶の順番が違うケースなど、末凶は絶対意味が同じというものではありません。

そういった点を考えると、末凶の悪さは解釈次第によって変わり、おみくじを引いた時は悪くない運気と言えます。

末広がりに悪くなるというおみくじの結果を引いた場合、悪くしない対策を事前にできるので、自分にとってプラスになる結果です。

2.末凶を引いた時にすべきこと

次のページヘ矢印

おみくじで末凶が出た!末凶の意味とレア度を解説に関連する占い情報