転職する夢の意味とは。転職をした・転職しようとする夢など

最終更新日:2018年10月3日

最近は終身雇用制度も崩れ、日本でも一つの会社にずっと勤めるのではなく自分により合った企業に転職するという人も増えてきました。

特に外資系の会社で働いている人は、よりよい環境を求めて職を渡り歩くことも珍しくません。

ところであなたは転職する夢を見たことがありますか?

夢の中で転職するということはどんな意味や深層心理があるのでしょうか。

1.夢の中で転職した意味

転職する自分が夢の中に出てきた場合、基本的には自分が転職をしたいな、と心のどこかで考えていることが多くなります。

転職をするのはなかなか勇気がいりますね。

これまでその職場で築き上げてきたものを捨て、新しい環境に旅立つ。

もしかしたら収入も大幅に下がってしまうかもしれません。

養う家族がいる場合、踏ん切りをつけるのはなかなか難しいものです。

そんな思いから多くの人が一歩を踏み出せずにいるわけですが、夢はその時に考えていることが出やすいのです。

そして転職する夢を見る、ということは相当悩んでいるのかもしれません。

また転職までは考えていなくても、今の職場に嫌気がさしているという可能性も考えられるでしょう。

人間関係や仕事の内容など、仕事をしていればストレスは毎日山積します。

いっそすべてを投げ捨てて逃げ出してしまいたい。

なんて思っているとそんな夢を見ることも多くなります。

転職する夢は仕事だけではなく、今いる自分の環境を変えたい、と強く思っているときに見ることもあります。

2.転職したいと周りの人に言っている夢の意味

実際に転職するのではなく、夢の中の出演者に「転職したい」ということをアピールしている場合はどんな深層心理があるのでしょうか?

その場合には、もっと自分を認めてほしい、注目してほしいという気持ちを表していることがあります。

「毎日一生懸命人知れず頑張っている」「こんな成果を上げた、でも誰も気が付いてくれない」そんな風に思っているのかもしれません。

もしかしてあなたは周囲から孤立していてさみしい思いをしている、なんてことはありませんか?

一度肩の力を抜いて、周りの人たちとコミュニケーションをとるようにしてみてはいかがでしょうか。

また転職することを夢の中の恋人に話している場合はどうでしょうか?

もしかしてその夢は今の恋人とのバッドエンディングを暗示しているのかもしれません。

いま付き合っている相手との関係を終わらせて新しい相手が欲しい、と思っている気持ちの表れかもしれないからです。

3.転職に当たって面接を受けている夢の意味

夢の中で面接試験の真っ最中だった。

そんな夢を見たときにはどんな意味があるのでしょうか?

夢の中で面接試験を受けているという夢は、今あなたが人生の岐路に立たされていて実力を試されている、と思っていることを表しています。

面接はあなたがこの会社で働くにふさわしいか、ということを面接官が吟味する場所です。

なぜこの会社を選んだのか?

なぜ転職するのかということを細かく聞かれることもあるでしょう。

それはすなわち、あなたが今試されているということ。

夢の中の面接が良い雰囲気でしっかりとした手ごたえがあるならば、あなたは今の自分に自信をもって行動できているということですし、もし不安な気持ちだったり険悪な雰囲気だったとすれば、今自信がなく揺れているということを表しています。

でも夢の中の面接でうまくいかなかったとしても大丈夫です。

自分に自信がない、ということをしっかりと把握できているのですからしっかりと準備するきっかけにすれば良いでしょう。

そうすれば何事もきっとうまくいくでしょう。

3.すでに転職先で働いている夢の意味

夢の中でふと気が付けば、これまでの仕事ではなく新しい仕事をしていた。

こんな夢を見たとき、どんな意味があるのでしょうか?

これはあなたが今いる環境に大きな不満を抱えていることを意味しています。

きっとあなたはどこかあたらしい環境に羽ばたきたくてうずうずしていることでしょう。

そんな夢を見たときは思い切って自分のいる環境を変えてみてはどうでしょうか?

新しいなにかにチャレンジすると新しい自分が見えてくるかもしれませんよ。

4.自分以外の人が転職する夢の意味

自分以外の周りの人が転職する夢を見たとき、その夢にはどんな意味があるのでしょうか?

夢の中での転職はすなわち環境の変化を表していますから基本的に他者が転職する夢、というのは、あなたがその相手に不満を持っていて、変化してほしいということを望んでいる証です。

転職したのが恋人であれば、恋人に変わってほしい、もしくは恋人との関係を見直したい、と思っている気持ちの表れですし、家族が転職する夢であれば、家族との関係を見直したい、という気持ちの表れです。

しかし他人の変化を期待するのはなかなか難しいものです。

いっそのこと自分から変化してみてはどうでしょうか?

相手に変わってほしい、と思っているときは相手も自分に変わってほしい、と思っていることも多いものです。

意外とよい関係が築けるようになるかもしれません。

転職する夢の意味を知ろう

今回は夢の中で転職が出てきたときの深層心理や意味についてご紹介しました。

夢の中で転職は今の仕事に対する不満だけでなく、大きな変化を望んでいる、という意味もあります。

もやもやしていてもなにも変わりません。

いっそのことその夢をきっかけにして動いてみてはどうでしょうか?

これまで気が付かなかった新しい自分を見つけるチャンスかもしれませんよ。

転職する夢の意味とは。転職をした・転職しようとする夢などに関連する占い情報

夢占い(外部サイト)