花言葉で「青春」を意味する花はクロッカス、白いライラック、プリムラなど。青春を送る人に贈ろう

最終更新日:2019年8月14日

あなたは青春の花というとどのような花を思い浮かべるでしょうか。

桜の花を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

青春は日本語では青い春と書きますが、ヨーロッパを起源に持つ花言葉でも、青春に関する花言葉を持つのは春の花が多いです。

ここでは青春の花言葉をもつ花をご紹介します。

1.クロッカスの花言葉は「青春の喜び」

クロッカスは2月から3月にかけて咲く花で、黄色・白・薄紫・紅紫色・白に藤色の絞りなど色とりどりの美しい花を咲かせます。

別名は「花サフラン」といい、スパイスになるサフランの仲間で見た目も似ていますが、クロッカスはスパイスにはなりません。

早春から咲くことから、ヨーロッパでは春がやってきたことを伝えてくれる花として楽しまれています。

冬が終わり春がやってくるという喜びの気持ちがこの花言葉の由来かもしれませんね。

クロッカスにはもう一つ「切望」という花言葉があるのですが、これもやはり早春に咲く花だからと言われています。

春を待ちわびる気持ちが切望という花言葉になったのでしょう。

ただしクロッカスは花の色によって個別の花言葉があり、紫のクロッカスの花言葉は「愛の後悔」、黄色のクロッカスの花言葉は「私を信じて」です。

恋人にプレゼントする時はちょっと注意したいですね。

2.白いライラックの花言葉は「青春の喜び」

次のページヘ矢印

花言葉で「青春」を意味する花はクロッカス、白いライラック、プリムラなど。青春を送る人に贈ろうに関連する占い情報