性格が悪そうに見える人相とは【人相占い】第一印象で性格が悪いと決めつけられる顔の特徴

最終更新日:2020年4月21日
性格が悪そうな男性

人は見た目だけで性格までは判断できないものですが、イメージを与える要素の一つになります。

良いイメージならいいですが、悪いイメージを持たれるのは嫌ですよね。

特に「性格が悪そう」と思われてしまうのは避けたいものです。

では「性格が悪そうに見える顔」とは一体どういった特徴を備えている人のことを言うのでしょうか。

第一印象で性格が悪いと認定されやすい顔の特徴をご紹介します。

性格が悪そうに見られる人相の特徴

性格が悪そうに見える顔の特徴 理由
目つきがキツい 怒っている雰囲気を醸し出してしまう
口角が下がっている 怖そうで不満を持っている様に見える
人を横目で見ている 人を見下している様な印象を与える
眉間にシワが寄っている 普段から怒っていそうに見える
笑顔なのに目が笑っていない 本性として性格が悪そうと思われる
細い眉と鋭い角度 キツい性格としての印象を与える

目つきがきつく、つりあがっているとキツい性格と思われる

顔の中でも強い印象を与えるのが目です。

目つきがキツい人、目がつりあがっている人は、どこか「キツい人」「怖い人」「怒ってる人」という印象を与え、性格が悪そうに見えてしまいます。

普通の目つきの人の場合、怒って眉間にシワを寄せた時に、目つきが上がるように見えます。

そのため元々このような目つきの人は悪い印象を与えてしまうのでしょう。

目つきがきつい人やつりあがっている作りの人は、目が少しでも垂れるように、笑顔でいることを心掛けたり、女性はメイクで目尻をアイラインで下げるなどして、きつい印象を与えない工夫をすると良いでしょう。

最近は男性もナチュラルなメイクであれば受け入れられていますので、そうしたメイクをして柔らかい印象を出すことをオススメします。

口角が下がっていると怖そうな印象を与える

口角が下がっている人も性格が悪く見えてしまいがちです。

無表情でいると口角が下がった顔になってしまう人は、意識的に口元に力を入れてみると良いです。

口角が下がっていると、ムスっとしている顔に見えてしまうため、怖そうな印象を与え、不満な表情に見えてしまいます。

自分の中で何も不満事がないとしても、口角が下がっているだけで何か考え事をしているかのように見せてしまいます。

目元同様に笑顔になることを意識すれば、自然と口角が上がって見えます。

口元が下がっているなと思ったら、意識的に上げてみましょう。

最初は不自然な感じがするかもしれませんが、慣れてくると普段から自然と口角が上がってきます。

そうすれば、きっと性格が悪そうな人相とは思われなくなるはずです。

人を横目で見ていると見下している様な印象の顔になる

人を見る時や会話する時には、真正面から人の目を見ることがほとんどです。

しかし首を動かさず目だけの移動で相手を見てしまうと、性格が悪そうな表情になってしまいます。

横目で見ることで、睨んでいるように見えたり軽蔑しているかのように見えてしまう為、あまり良い印象は与えません。

例えば人の行動を見る時に目で追っていると、横目の表情になります。

その時にふと相手が自分のことを見てきたら、目が合って「睨まれていた」「がんをつけられた」と思う人もいます。

ふとした時、無意識のうちにこうした表情になってしまうこともある為、人の行動を見る時には首も同時に動かすように気を付けると良いでしょう。

自分が写っている写真や動画を見て、他の人を横目で見ていないかチェックしてみましょう。

もし見ている場合には、きちんと顔や体ごと正面を向いて話す様に心がけていきましょう。

横目で見るのはクセなので、簡単には直らないかもしれません。

それでも意識して継続すれば、次第にきちんと相手を見て反応することができるようになるはずです。

そうすれば、人を見下した様な態度をとることもなくなり柔らかい印象を与えることができるようになります。

眉間にシワが寄っている顔は怖い

怒った時や表情に力が入っていると、眉間にシワが寄ってしまいます。

鏡を見て表情を確認すると分かるように、笑顔になっている時や無表情でいる時は、普通は眉間にシワは寄りません。

しかし何もしていない時にシワが寄っていたり、鏡を見ると眉間にシワの跡が残っているような人は、無意識のうちに力が入っている可能性があります。

眉間にシワがあることによって、怒ることが多い人だと思われたり、力が入りすぎて怖い人に見えたりと、性格が良く見られることはありません。

仕事に集中している時や、勉強している時、またスマホを見ている時などに、ふと自分の表情を確認してみてください。

気付かないうちに眉間にシワを寄せているかもしれません。

まずは鏡で、シワが寄っている時と寄っていない時の自分の顔を確認しましょう。

そしてシワを寄せない顔の時の筋肉の使い方を覚えておきましょう。

外にいる時も、その時に覚えた顔の表情をできるだけやっていくことで徐々に眉間にシワが寄るのを防ぐことができます。

笑顔なのに目が笑っていない顔は性格が悪いと思われる

作り笑いをしている時や、相手に気を遣っている時には、笑顔になってもどこか不自然な印象を与えます。

その原因は目にあり、笑顔になっても目だけが素の状態になっていることが、相手に「性格が悪そう」という印象を与えてしまいます。

心から笑っている時は、通常目から笑い口角が上がることが多くなります。

そのため口角を無理にあげて笑っている姿を見ると人は「無理に笑っている」「心の中では違うこと思ってそう」「笑顔を作らないとという必死さが見える」といった隠れた思いを探ってしまいます。

目が笑っていないだけで、相手には悪い印象を与えてしまうこともある為、リラックスすることや目を細めて笑うことなど、多少の努力が必要となります。

気を遣いすぎる日との場合、いつになってもこのような印象を与えてしまう為「壁がある人」と思われてしまうこともあります。

細い眉と鋭い角度はキツい性格だと思われる

太眉が流行ってはいるものの、昔からの名残で細眉にしている人は、性格が悪そうな印象を与えている可能性があります。

細い眉毛の上、つりあがったメイクの仕方をすると、目元の印象を悪くしてしまい、例え目がつりあがっていなくても、性格がキツそうに見えてしまいます。

またへの字にする場合の角度も印象を左右します。

あまりにもカーブが鋭い眉をかいてしまうと、性格が悪そうに見えてしまいます。

メイクをする際に、目と眉の山が離れすぎていないか、つりあがった描き方になっていないか、鏡を見てチェックしましょう。

自分では分からない場合には、他の人に聞いてみましょう。

できれば気の置けない友人や家族に相談してみましょう。

「性格が悪そうに見える」などの本音をしっかり言える関係性の相手に話すことで、改善をしていくことができます。

性格が悪く見える人相を知ろう

優しい性格の人や面白い性格の人。

こうした人の表情が性格の悪い人に見えてしまっては、せっかく良い性格をしているのにもったいないイメージを与えてしまいます。

顔だけで相手の性格を判断することや決めつけてしまうことは出来ませんが、人と接する上で第一印象は顔や表情で決まってしまいます。

少しでも近寄りやすい人に、少しでも良い性格に思ってもらえるように、意識的に表情をコントロールしたり、メイクを変えてみるなどして、イメージを変えていきましょう。

ちょっとした努力で第一印象で決めつけられる事を防ぐことができます。

性格が悪そうに見える人相とは【人相占い】第一印象で性格が悪いと決めつけられる顔の特徴に関連する占い情報