天使と繋がる方法とは。天使と会話や対面する機会を得て天使との絆を深めよう

最終更新日:2019年1月7日

みなさんは「天使」と聞くと、どんなイメージを持ちますか。

最近では、アニメのキャラクターなどにも多く登場して、身近に感じられるようになりました。

スピリチュアルに興味がある人の中には、天使と「会話」することや「会う」ことを願う人がたくさんいます。

では、天使と繋がるにはどのような方法があるのでしょうか。

ここでは天使と繋がるための方法および深く繋がる方法を解説します。

1.天使はあなたの隣にいる

驚くかもしれませんが、天使は人間が生まれた瞬間から寄り添ってくれているのです。

そして、生涯にわたり側で見守り続けてくれ、死んでもなお次の人生へ導いてくれます。

今、天使と繋がりを持ちたいと願っている人は「既に天使と繋がっている」ことを知りましょう。

天使は決して手の届かない遠い存在ではありません。

また、神秘的で特別な存在でもないのです。

それゆえ、「天使と繋がる手段」として出回っている高額なアイテムなどは必要ありません。

自分に自信がない人や、過去にトラウマを抱えている人、犯罪を犯した人でさえ天使は見捨てることなく守ってくれているのです。

2.天使との繋がりを感じる方法

天使が側で見守ってくれているのなら、その存在を「実感」したいと思う人もいるでしょう。

天使の声に耳を傾けたり、その姿を見たいと感じたとき、霊視という方法がありますが、これが出来る人は限られています。

しかし、始めからできなくても、そういった能力を習得できる可能性はあります。

●座禅
毎日、座禅を組んで30分程度の瞑想を1ヶ月ほど続けると、誰でも霊視の能力が発達するとされています。

霊視を習得できれば、体質によりますが天使の姿を目で確認できることがあります。

ここで注意しておきたいのが、天使の姿についてです。

多くの人が、アニメ作品に登場するような羽が生えた姿を想像しますが、天使とはその様なものではありません。

あなたが天使の存在を目で確認できた時、それは小さな光がフワフワと漂い寄り添っているように見えることでしょう。

霊視が習得できてからも、座禅と瞑想を続けると、次第に天使の声を聴くこともできるようになると言われています。

●ダウジング
毎日の生活において、座禅や瞑想を習慣にしていても霊視ができない場合、既にその一人は一定の段階を超えていると考えられます。

安易なパワーストーンや集会に手を出さないスピリチュアリストや、仏教を信仰する人に多く見られる傾向です。

こういった時には、「ダウジング」をしてみましょう。

あなたが天使の声を聴きたいと切望してダウジングをすれば、天使は応えてくれるでしょう。

ダウジングが上手く回らない場合は、日々の座禅や瞑想を見直すことが必要です。

瞑想をしているつもりでも、心が穏やかではないかもしれません。

なかなか瞑想に集中できない人は、ゆっくりと数を数えると精神が統一されますよ。

3.天使との親交を深める

天使は常にあなたの側にいるので、声を掛ければ掛けるほど、あなたに応えてくれます。

姿が見えなかったり声が聴こえないと、なかなか実感することは難しいでしょう。

しかし、だからといって諦めては天使との親交を深めることはできません。

たとえ反応を感じなくても「天使さん、いつもありがとう」と呼びかけると、天使はしっかりと聴いてくれています。

一部の人は、天使が物を動かしたり、数字のゾロ目によって反応を示すと言いますが、そんなことはありません。

大切なのは、諦めずに声を掛け続けることです。

4.天使にできること

あなたが天使に求めることは何ですか。

一部のスピリチュアリストは「天使に望みを叶えてもらおう」などといった内容の本を出版したりしていますが、天使にはそういった強い力はありません。

天使があなたのために出来ることは、他の人の天使と交流する程度のことです。

では、望みが叶うことは0%ないのかと言うと、そうではありません。

例えば、あなたが実家へ帰省する時に「母の作った肉じゃがが食べたい」と強く願って、実際に口に出して天使に伝えたとします。

すると、あなたの天使はその望みを、あなたのお母さんの天使に伝えてくれるのです。

あなたのお母さんが、天使の声を聴く能力を持っていれば、肉じゃがを作ってくれていることがあります。

この時、お母さんは「天使の声を聴いた」とは実感せず、「直感」として天使の声を感じる場合もあります。

天使と繋がってみよう

天使は、純粋な人に寄ってくる性質を持っています。

いつの時代も、天使は人間にとって憧れの存在です。

それゆえ利益目的の「天使と繋がるパワーストーン」や「天使と会話できるスクール」などが出回ってしまいます。

しかし、天使は生まれた時から側にいて、どんな人も分け隔てなく見守ってくれていると知っていれば、そういったものに手を出すことはないでしょう。

大切なことは、自分を見守ってくれている天使に感謝の気持ちを持って、何気ない会話や伝えたいことを声掛けすることです。

そうした、汚れのない心からの言葉は、天使のもとにしっかりと届いおり、あなたと天使の強い繋がりとなります。

天使と繋がる方法とは。天使と会話や対面する機会を得て天使との絆を深めように関連する占い情報