乾為天(けんいてん)の意味・由来【易】恋愛/仕事/金運はどうなの?

最終更新日:2019年8月14日

上下いずれの卦も「乾」、即ち陽が満ちた形で表されるこの卦を、天地万物の中で最も陽の気が満ちたものである「天」の在り方になぞらえたのがこの「乾為天」とされます。

天とは宇宙や万物の父祖、創造の原点といったニュアンスで捉えられる、物事を生み出し、動かしていく大きな力の源泉と考えられます。

空が曇り四季が移ろい人の世が変わり、夜に輝く星の姿が変わってしまおうとも、それらの動きの元となり動かしていく大きな力が変わる事はないとする「変わらない大きなもの」が「乾」です。

そして、それが目に見える形と為しているものが「天」です。

1.乾為天が出た時の解釈

「天」の力、それは本来万物に等しく働いているものではありますが、この卦を得た時は、その力がより大きく明確な形で巡ってきていると考えられるでしょう。

「天運」という言い方にもあるように、それは時に望外に大きな運行となってこの卦を得た人を突き動かすかもしれません。

その大きな力は移ろいいく人の身にあってはあまりに大きく、容易に受け止められるものではありません。

それを人の身にあって実現する道しるべが「正しい(貞しい)」あり方です。

この卦を得た人は、動機正しく、正道をいき続ける事で天の力からの後押しを得て、望む結果を得る事が出来るでしょう。

2.乾為天が出た時の仕事運

この卦を得た人の願いは大きく通る…望む結果を得る事が出来るとされます。

但し、それは自分に運が巡って来ているから望むようにやって良いという意味ではありません。

現在進んでいる方向性は正しく、それ故にあなた自身の身の振り方、その「正しい」という在り方が問われているという意味でもあります。

人の身にあっては、ともすれば正しさに方向性を見失い、周囲や自分自身を押し殺してしまう事もあり、正しい結果へと至れない事は少なくない事です。

大きな天のように、周囲を見渡し状況を見つめ直し、望む結果を求める上での「正しくあり続ける」事で、大きな結果を得る事が出来るでしょう。

3.乾為天が出た時の恋愛運

進むべきか戻るべきかといった形で悩んでいる最中にあってこの卦を得た時は、方向性が間違っていないのでその選択を尊重すべきである考えられます。

或いは、どうしたら良いのか分からなくて悩んでいるのであれば、何より「正しさ」という指標に立ち返る必要があります。

陽の卦が極めて旺盛であるこの卦を得た場合、相手に正しさを押し付けてしまっている事で、望む結果を得る事が出来ない(男女仲睦まじくある事が出来ない)という状態が表されていると考える場合もあります。

大切な事は、あなたが望む結果というものが何であり、その為に正しく在り続けるにはどうすれば良いかを確かめる事です。

それを手にする事が出来れば、雲が晴れた先に天が確かに在るように、願いはきっと良い結果をもたらすものとなるでしょう。

4.乾為天が出た時の金運

陽の卦が天地に充実し願いは大きく叶う、とされるこの卦を得た人は、金運についても非常に大きな流れを受けていると言えます。

しかしそれはくじに当たる、貯金が増えるなどと言った拾い物をしたり、個人的なものに留まるような小さい運勢ではありません。

「金は天下の回り物」という言葉にも表れるような、大きなスケールでの金運が巡って来ていると考えて良いでしょう。

当然それは個人の身に収まりきるものなどではなく、多くの人々、社会に向けて還流する事で初めて意味が生まれるという規模のものであり、場合によっては支出が増えてしまうように感じる事もあります。

ここでの道しるべは、それが「正しい」事であるかという部分。

卦を見ると全てが壁で閉じられてしまっているようにも見えるのがこの「乾為天」であり、特に運を押し留めるように貯め込んでしまう事には気を付けるべきでしょう。

「正しい」投資、例えば社会に役立つ仕事を大きくしたり、誰かの役に立つお金の使い方をすれば、それがより大きな流れとしてあなたの願いをかなえるものになる、そんな大きな運勢だと言えます。

乾為天(けんいてん)の意味・由来【易】恋愛/仕事/金運はどうなの?に関連する占い情報