【ペンタクル6逆位置】恋愛/復縁/片思い/仕事のタロット占いでペンタクル6の逆位置が出た時の意味は「不安」「失敗」

最終更新日:2019年5月5日

1.ペンタクルの6の逆位置が出た場合の基本的な意味

ペンタクルの6の逆位置が出た場合の基本的な意味は「不安」「不満」「不安定」「失敗」「過労」「不信感」などです。

今置かれている状況に不満を感じるだけでなく、今後の展開に見通しが立たずに大きな不安に包まれる暗示です。

問題が浮上しても解決する為の策が見当たらずに、ただただ足踏みするばかりの状況がしばらく続きそうです。

何をしても上手くいかずに失敗が続き、全てにおいてモチベーションが下がってしまいます。

周囲が救いの手を差し伸べてくれるわけでもなく不遇の中をもがくような状態で、自分に自信を持つ事が出来なくなったり、将来に対する希望を失ってしまうかもしれません。

他人の力に頼ろうとすると、ますます失望するばかりです。

2.相手の気持ちについて占った時にペンタクルの6の逆位置が出た場合の意味

相手の気持ちについて占った時にペンタクルの6の逆位置が出た場合、相手はあなたに対して何かしらの見返りを求めていることを意味しています。

相手があなたを心配してくれるのも、優しくしてくれるのも何か打算的なことがある事を示唆しています。

あなたが気前良くおごってくれるから一緒に遊んだり、あなたといる事で自分が得をする事を分かっていてあなたに近づいているのでしょう。

またあなたの好意に勘付いていて、都合の良い関係に持ち込もうとしているのかもしれません。

いずれにしても相手はあなたの事を大切に思い、純粋な愛情を注いでくれることはなさそうです。

ペンタクルの6の逆位置が出たという事は、あなたに近付いてくる理由は全て自分本位なものなのでしょう。

警戒心を持って接しましょう。

3.片思いについて占った時にペンタクルの6の逆位置が出た場合の意味

片思いについて占った時にペンタクルの6の逆位置が出た場合、届かぬ恋を意味しています。

残念ながらこの片思いが実りをむかえることはないとペンタクルの6の逆位置が告げています。

どんなに真剣にあなたが気持ちを伝えたとしても、情熱的なアプローチをしたとしてもあなたの愛情は片思いの相手に届くことはないでしょう。

むしろあなたの行動は空回りをして、今の関係よりも後退してしまうかもしれません。

例えばアプローチが強引過ぎて相手が引いてしまい「気持ち悪い人」「ストーカーかもしれない」と不信感を抱かれてしまうことなどが考えられます。

誰もが好意を伝えられることを100%嬉しいと感じるわけではないことを念頭においてアプローチをしましょう。

相手の気持ちを考えたうえで、負担にならないアプローチが出来たなら、話に耳を傾けてもらえるのではないでしょうか。

4.復縁について占った時にペンタクルの6の逆位置が出た場合の意味

復縁について占った時にペンタクルの6の逆位置が出た場合、復縁できる可能性は若干ですがあります。

ただし、あなたが望んでいるような復縁の形ではないかもしれません。

相手があなたのアプローチを受け入れてくれるのには、何かわけがある可能性があります。

例えば相手は経済的に困窮していて、誰かに助けて欲しい状況なのかもしれません。

そんな時にあなたからのアプローチがあって「あの人ならお金の援助をしてくれるかもしれない」としたたかな計算を働かせて復縁に至るということも考えられます。

どうやらあなたのことを愛しているから復縁するというわけではなさそうです。

それでも良いから復縁したいと思えるのであれば、ヨリを戻してみても良いでしょう。

しかしヨリを戻して傷ついてしまう覚悟も持っておいて下さい。

5.仕事について占った時にペンタクルの6の逆位置が出た場合の意味

仕事について占った時にペンタクルの6の逆位置が出た場合、仕事に対する不満が募ることを表しています。

残業続きでも残業代が支払われなかったり、休みを返上して働かされたりと不当な労働を強いられる可能性があります。

そしてそのことに対する不満や、会社に対する不信感がついに爆発しそうな事を暗示しています。

もしくは仕事で大きなミスをしてしまい、今までの成果を全て台無しにしてしまうなど、自分にとってマイナスの出来事が起こるかもしれません。

ミスをしてしまった背景にはあなたの過信、慢心があります。

今の仕事に対するモチベーションが明らかに下がってしまう事態となるでしょう。

ここでもう一踏ん張りするのか、辞めてしまうのか、大きな決断を迫られることになりそうです。

6.自分の未来について占った時にペンタクルの6の逆位置が出た場合の意味

自分の未来について占った時にペンタクルの6の逆位置が出た場合、大きな壁が立ちはだかり将来に対しての明るい希望が見えなくなってしまうこと表しています。

嫌な事が立て続きに起こり、自分自身や将来に失望してしまうでしょう。

こんな時、誰かにすがりたくなるのもですが、誰も力を貸してくれる人は現れません。

しばらくは暗いトンネルの中を彷徨うことになりそうです。

ここで大切なことは、自分自身を信じることと、他人への感謝の気持ちを忘れないことです。

この2つを大切にしていれば、暗いトンネルの中でも自分の力で光を見つけ出すことができるでしょう。

少し時間はかかっても、自分の力で正しい道に進んで行けるはずです。

【ペンタクル6逆位置】恋愛/復縁/片思い/仕事のタロット占いでペンタクル6の逆位置が出た時の意味は「不安」「失敗」に関連する占い情報