おみくじを引いたら「吉」が出た!吉ってどの位良いの?確率や引いた時にすべきことを解説

最終更新日:2020年4月27日

おみくじで吉を引いたらどんな意味があるのでしょうか。

吉と言われると、何だか良い運を連想しますよね。

実際に吉にはどのような意味があり、どの位良いのかなど気になる方も多いと思います。

そこで今回はおみくじにおける吉の意味・どの位良いのか・引いた時にすべきこと・レア度を解説します。

おみくじで吉が出たらまずここをご覧ください。

おみくじでの吉の意味!吉はどの位良いのか

吉の意味は良い運気となっていて、どの位良いのかという点を考えると大吉の次に良いと言えます。

大吉はとても良い運気で、中吉はまあまあ良い運気、末吉は後になって開ける運気などの意味のため、吉の良い運気という意味はストレートに良い運があると捉えるのが理性的です。

しかし、おみくじの順位は神社によって違うケースもあるので、大吉、吉、中吉、小吉、末吉、凶の順番と限りません。

神社によっては大吉、中吉、小吉、吉、末吉、凶という順番のケースもあります。

おみくじの正確な順番を知りたい方はおみくじ良い順ランキング(12種・7種・6種順位)をご覧ください。

神社によって違うという点を考えると、吉の意味やどの位良いのかは、おみくじの内容を見て判断するのが妥当な方法です。

大吉や吉など、結果だけに着目すると間違った解釈をする可能性があります。

また、大吉より吉の方が良い意味を持っているという言い伝えがあり、くじの良さは捉え方によって変わります。

大吉はとても良い運気が流れている状態ですが、登ると下りがあるため下りの際は良い運気とは限りません。

吉は、平均的に良い運気の波で安定した波の分、乱高下による波乱がない運気と言えます。

おみくじで吉を引く確率

次のページヘ矢印

おみくじを引いたら「吉」が出た!吉ってどの位良いの?確率や引いた時にすべきことを解説に関連する占い情報