おみくじで半凶が出た!半凶ってどの位悪いの?確率や引いた時にすべきことを解説

最終更新日:2020年4月27日
おみくじで半凶 意味・確率・対処法を解説

おみくじの半凶が出たら「何これ?」と思ってしまいますよね。

半凶おみくじは、吉などに比べると珍しく中々見かけることがありません。

実はこの半凶は一部の神社にしか導入されていないおみくじなんです。

「凶」とついているから悪い意味なのは分かるけれどどれ位悪いのか、引いた後どうすれば良いのか分からいですよね。

そこでここでは、おみくじで半凶が出た時の意味や引く確率・引いた後にすべきことなどを詳しく解説します。

半凶のおみくじの意味は「中規模の災いが起きる可能性」

おみくじの半凶の意味は「中規模程度の災いが起きる可能性がある」ということです。

凶や大凶ほどの悪いことではないけれど、そこそこ大きなトラブルがあることを伝えています。

つまり半凶のおみくじというのは「半分凶である」ということです。

特大の災いではないけれど、それなりにダメージを受ける可能性があるので、気をつけなさいとメッセージが込められています。

また半凶の場合は、トラブルが一度ではなく、何回かに分かれてやってくることがあります。

悪いことが起きたけれど、何とか過ぎ去った・・・と、ほっとしてしばらくした頃、またもう一度アクシデントが起きたりするので気を抜くことができません。

半凶のおみくじを引いた時には、凶ほどではないにしろ、悪いことやトラブルが起きることを意味しています。

なかなか引くことがない半凶のおみくじですが、引いた時には油断をしないようにしましょう。

半凶のおみくじは「そこそこ悪い」レベルである

次のページヘ矢印

おみくじで半凶が出た!半凶ってどの位悪いの?確率や引いた時にすべきことを解説に関連する占い情報