おみくじで半凶が出た!半凶ってどの位悪いの?確率や引いた時にすべきことを解説

最終更新日:2022年11月6日
おみくじで半凶 意味・確率・対処法を解説

おみくじの半凶が出たら「何これ?」と思ってしまいますよね。

半凶おみくじは、吉などに比べると珍しく中々見かけることがありません。

実はこの半凶は一部の神社にしか導入されていないおみくじなんです。

「凶」とついているから悪い意味なのは分かるけれどどれ位悪いのか、引いた後どうすれば良いのか分からいですよね。

そこでここでは、おみくじで半凶が出た時の意味や引く確率・引いた後にすべきことなどを詳しく解説します。

半凶のおみくじの意味は「中規模の災いが起きる可能性」

おみくじの半凶の意味は「中規模程度の災いが起きる可能性がある」ということです。

凶や大凶ほどの悪いことではないけれど、そこそこ大きなトラブルがあることを伝えています。

つまり半凶のおみくじというのは「半分凶である」ということです。

特大の災いではないけれど、それなりにダメージを受ける可能性があるので、気をつけなさいとメッセージが込められています。

また半凶の場合は、トラブルが一度ではなく、何回かに分かれてやってくることがあります。

悪いことが起きたけれど、何とか過ぎ去った・・・と、ほっとしてしばらくした頃、またもう一度アクシデントが起きたりするので気を抜くことができません。

半凶のおみくじを引いた時には、凶ほどではないにしろ、悪いことやトラブルが起きることを意味しています。

なかなか引くことがない半凶のおみくじですが、引いた時には油断をしないようにしましょう。

半凶のおみくじは「そこそこ悪い」レベルである

半凶のおみくじはどのくらい悪いのか、それが気になってしまいますよね。

凶ではないにしても、それでも決して吉ではありません。

このおみくじがどのくらい悪いのかというと「そこそこ悪い」というレベルであるので、あまり見くびってはいけません。

自分の運勢の半分は凶であるという時は、思わぬトラブルが舞い込んできたりします。

引いたおみくじが「凶」や「大凶」なら、これは悪いことが起こると、ちょっとびくついてしまうかもしれません。

半凶というのは、決して吉ではないけれど、それでも凶ほど悪くはありません。

中くらいに運勢が悪くなっているのです。

そこそこ注意が必要ですが、うっかり気を抜いてしまうと、半凶のおみくじが告げるトラブルが襲い掛かってくるでしょう。

半凶のおみくじは、運勢が良い状態ではない、あまりよくないというレベルです。

あまり落ち込むこともありませんが、だからといって無頓着でいると、とんでもないことが起きるかもしれないのです。

半凶のおみくじを引いたら「落ち込みすぎず、かつ気を引き締める」を心掛ける

半凶のおみくじを引いた時にすべきこと、それはあまり「落ち込みすぎない」ということです。

気にしすぎてしまうと、運気をますます悪くしてしまうからです。

そして「気を引き締める」ということを忘れてはいけません。

凶や大凶のおみくじを引いた時には、自分でも「これは今は運勢が悪くなっている」ということを自覚することでしょう。

そして色々と用心するでしょう。

凶というおみくじは、それくらいインパクトがあります。

半凶のおみくじは、半分凶というものですから「まあ、半分は吉だろう」と、楽観的に考えがちです。

しかし、その気楽に考えてしまうことが、半凶のおみくじを引いた時にはNGです。

おみくじが伝えるメッセージを見過ごしてしまい、自分に災厄が近づいていることに気が付かないからです。

更に半凶のおみくじは、悪いことが一度ではなく複数回に分かれて忍び寄ってくることがあります。

それを忘れないでいることも、大切なポイントとなるでしょう。

半凶のおみくじを引いた時には、気にしすぎないように、そしてちゃんと気を引き締めましょう。

そうすることによって、トラブルを上手に回避することができるでしょう。

半凶のおみくじを引く確率は数%

半凶のおみくじのレア度はどのくらいかというと、実は結構「まれ」です。

大吉や凶よりも、半凶を引くことは珍しいものです。

そもそも半凶が入っているのは、12種類のおみくじを用意している神社だけです。

多くの神社は6種類もしくは7種類のおみくじです。

そのため、最初から半凶が入っていないケースが多いのです。

ですから、半凶のおみくじを引くためには12種類のおみくじがある神社へ行く必要があります。

更に大吉や凶などの主流となるおみくじの方が一般的に多く入っているので、半凶を引く確率は数%と言われています。

そのため半凶のおみくじを引いたことがあるという人は、それほど多くありません。

凶を引いたことはあるという人はいても「半凶なんて見たこともない」という人もいるくらいです。

非常に運勢が悪い時には、それを伝えないとますます災厄が降りかかることでしょう。

それを避けるために「凶」や「大凶」のおみくじは存在しています。

ただ半凶の場合は、そこまで悪い状態ではないため、わざわざ「半分凶の状態ですよ」と伝える必要性は低くなります。

だから、半凶のおみくじというのはあまり入っていません。

レア度が高いおみくじ、それが半凶のおみくじです。

このおみくじを引くのはかなりレアなので、なかなかない体験だと言えるでしょう。

おみくじにおける半凶の意味や考え方を知ろう

半凶のおみくじを知ることで、おみくじが何を伝えたいかということを正確に理解することができるでしょう。

なかなか目にすることのないおみくじなので、人に言ったらちょっとびっくりされるかもしれません。

トラブルやアクシデントに巻き込まれないように用心しながら、半凶のおみくじのメッセージを見過ごさないようにしましょう。

おみくじで半凶が出た!半凶ってどの位悪いの?確率や引いた時にすべきことを解説に関連する占い情報