おみくじは持ち帰っても問題なし!ただ取扱には注意が必要

最終更新日:2016年11月13日

おみくじを引いた時、持ち帰る人と神社の木などに結んで帰る人と、二つのパターンに分かれます。

どちらにした方がいいのか分からずに悩んでしまう人もいるでしょう。

おみくじは持ち帰っても良いのか、その理由を知って、一番ベストな方法を選んでみましょう。

1.おみくじを引いた神社が良いというなら持ち帰っても良い

おみくじは持ち帰っても良いのか、それについては、神社などによっても分かれています。

もし迷うことがあったら、神社の神主さんなどに問い合わせてみましょう。

そこで「良い」と言われたら、問題なく持ち帰ることができるでしょう。

引いたおみくじを持ち帰ってよいのかどうか、それについてはそれぞれの神社で意見が分かれています。

神様との縁を結ぶために、境内の木に結び付けて帰った方がいいという神社と、特に問題がないので、持ち帰ってもいいという神社と、二つに分かれています。

今はたいていの神社でおみくじを持ち帰っていいと言ってくれますが、心配な人は念のため神社の方に聞いてみるのが一番です。

おみくじは「絶対持ち帰ってはいけない」というルールはありません。

持ち帰っても良いのか気になるなら、神社の人に問い合わせてみましょう。

そうすれば、安心して持ち帰ることができるでしょう。

2.おみくじは神様からのメッセージだから手元に残すようにする

おみくじは持ち帰って良いのかというと、神様からのメッセージなので手元に残しておいてもいいですね。

神様から自分に贈られた言葉を、手元に置いて何度も読み返すために、おみくじを持ち帰るようにしましょう。

おみくじは、これからの自分を導いてくれるための、大切なアドバイスともなります。

しかし、いくら覚えておこうとしても、しばらくたつとそのメッセージを忘れてしまうでしょう。

おみくじを持って帰ることで、何度もそのおみくじを読み返すこととなります。

そうすれば、大切な神様の言葉は、しっかりと頭に刻み込まれることでしょう。

普段はなかなか受け取ることのない「神様からのメッセージ」は、大変貴重なものと言えます。

書かれていたことをうっかり忘れてしまわないように、おみくじを持ち帰って、手元に残しておきましょう。

3.自分を戒めるためにあえて手元に置くために持ち帰る

おみくじは、必ずしも良いことばかり書かれているわけではありません。

しかし、凶など悪いおみくじを引いた時は、あえて自分を戒めるために、持ち帰るのが良いでしょう。

おみくじに書かれている、注意店を読んでみると、今自分に足りないところや直すべきところが書かれています。

おみくじを読んだら、その場では改善しようと思いますが、時間がたつにつれて、そういう真摯な気持ちは薄れてしまいがちです。

おみくじを持ち帰ることができれば、時々そのおみくじを読み返すことでしょう。

そうすれば、新たな気持ちで頑張る気持ちを取り戻すことができるはずです。

おみくじに書かれている内容が悪くても、それはこれ以上悪くならないように、という神様の配慮です。

悪い内容のおみくじを引いた時は、内容を何度も読み直すために、持ち帰るようにしてみましょう。

そうすれば、きっと自分自身を成長させることができるでしょう。

4.お守りの代わりにするためなら持ち帰って良い

おみくじというのは、お守りの代わりにもなります。

肌身離さず持ち歩くなら、おみくじは持ち帰っても問題はないと言えるでしょう。

おみくじは、神様からのメッセージでもありますから、神聖な物でもあります。

そういう意味合いのあるお守りは、いつも持ち歩くようにして大切に扱う必要があります。

お財布にキレイな状態で挟んでおいて、いつでも持ち歩くのもいいですし、自宅でキレイな箱に入れて保管するのもオススメです。

そうやって丁寧に扱われたおみくじは、持ち主のことを心配してくれて、守ろうというパワーが誕生するでしょう。

自分の味方になってくれる、お守りとなるはずです。

何か危険が及びそうになった時、ふとおみくじに書かれていた言葉を思い出して、自然と悪いことから遠ざかろうとするはずです。

おみくじは大切に扱うことで、そのおみくじを引いた本人によい効果があると言われています。

それは神様からのメッセージなので、そういう不思議な力があると言えるでしょう。

5.縁起担ぎに持ち帰っても良い

おみくじを引いた時、良いことが書かれていたら、嬉しくなるはずです。

そういうおみくじは、縁起を担ぐために持ち帰る方が良いでしょう。

「大吉」のようなおみくじを引いたら、何だか幸先が良さそうで、手元に置いておきたくなります。

おみくじは初参りなどで引くことが多いですが、この一年が素晴らしいものとなりそうで、何だか幸先が良い気がします。

そんなおみくじは、自宅に持ち帰って、一年間保管するようにしましょう。

今年は大吉の一年だと思えば、例年以上に積極的になることもできそうです。

この一年を頑張るために、おみくじは持ち帰るのがオススメです。

とても良いおみくじを引いたら、その一年は良いことが沢山あります。

何度も読み返すことで「今年は良い年だ」と心の底から思えるでしょう。

縁起担ぎのためにも「大吉」などのおみくじは、大切に持ち帰るようにしましょう。

おみくじは持って帰っても問題ない

おみくじは、本人が望むなら、持ち帰っても問題はありません。

但しぞんざいに扱ってはならず、汚れたりしないように大切に扱いましょう。

そうすれば、きっと自分自身を良い方向へ導いてくれる、神様からのメッセージを見失うことはありません。

自分は何をするべきか、どういう努力が必要なのか、それを知ることができるでしょう。

おみくじは持ち帰っても問題なし!ただ取扱には注意が必要に関連する占い情報