宝くじに当たる夢の意味は「大きなお金を失う前兆」【夢占い】宝くじの夢には注意が必要で逆夢のこともある

最終更新日:2019年2月9日

宝くじが当たる夢には注意が必要です。

宝くじが当たって一攫千金。これで大金持ちになる。

そんな夢を見たときには目が覚めたあとはがっかりしても、縁起のいいことがあるようにも思えます。

しかし実際に宝くじが当たった夢は逆夢であることが多いのです。

ここではそんな宝くじに当たる夢・外れる夢を見た意味について解説します。

1.宝くじが当たる夢は要注意

宝くじが当たるというのは、たとえそれが夢でも縁起がいいような気もしますが、実はこの夢を見たときは要注意です。

というのも、宝くじが当たる夢はその逆のことが起きる可能性がある「逆夢」であると考えられているからです。

夢の中でいいことが起きても現実では悪いことが起きるというのが逆夢ですが、宝くじが当たる夢を見たとき、現実では大きなお金を失うという可能性があります。

大きな出来事や事故、失敗があってお金が出ていくということもあれば、少しずつ予想外の出費が増えて経済的な危機に陥るかもしれません。

特に宝くじで大当たりをするという夢には、日常生活でのお金の使い方がルーズになっているということも示しています。

思い切って大きな買い物をするというより、ついつい買わなくてもいいものを買ってしまったり、安いからと使いもしないものを買ってしまうといった経済観念の緩さが宝くじという形で夢に現れる場合もあります。

また、宝くじが当たる夢には、経済的な不安や、楽をして稼ぎたいという精神状態が反映されていることがあります。

宝くじは幸運の象徴であるというより、努力したくはないけれどお金がほしい、いい思いをしたいという気持ちが表れているケースが多くなります。

宝くじが当たる夢を見たときは、お金のことが心配だとか、お金が欲しいという気持ちに付け込まれて、怪しい儲け話などに引っかかってしまわないように注意することが必要です。

特に普段からお金のことを中心に考えている、コツコツと努力することを怠り勝ちだという自覚がある場合は、自分の考え方を改めるべきときに来ているというメッセ―ジと言えるかもしれません。

2.宝くじが当たる夢は吉兆となることも

ただし、宝くじが当たる夢を見たからといって悪いことばかり起きるとは限りません。

例えば他人に宝くじが当たる夢。

もしその他人が見ず知らずの人の場合には、自分が宝くじが当たる夢と同じように、経済的な不安や、他人と比べて給料や待遇が悪いなどといった現状へのストレスが関係している可能性もあります。

しかしもし親や兄弟、親しい友達が宝くじに当選して自分も一緒に喜んでいるという夢は吉兆、自分の金運が上昇している証しです。

この場合、今まで頑張って来た成果が出るということではなく、誰か他の人から思いもよらない援助やサポートの手が差し伸べられることで成功したり、新しくできた人間関係によって臨時収入が得られるという暗示です。

この場合、他人に対して親切にしたり、自分が手助けをしたりといった普段の行動が大きければ大きいほど、その優しさが二倍三倍の形になって返ってきます。

普段からどのような行動を取っているかということがとても重要になります。

また自分自身が宝くじに当たる夢の場合でも、番号や売り場などをはっきり覚えているといったときには、宝くじが当たったり、金運が急激に上昇したりといった前兆になることがあります。

特に同じ番号の宝くじが当たるという夢の場合には、誰かが何かを伝えようとしている可能性もあり、もしかしたら本当に宝くじを買うべきだという暗示といえるかもしれません。

3.宝くじに外れる夢は失敗の危険あり

宝くじに当たる夢が逆夢だということは、宝くじに外れる夢も逆夢で、現実にいいことが起きる前触れなのでしょうか?残念ながらそうではありません。

宝くじに外れる夢は逆夢ではなく、運気が低下し始めている証拠です。

運気が低下しているといっても、タイミングや運が悪いといったことだけではありません。

例えば、大きな勝負や試練を前にして、自信がなく成功する気がしない、どうしても失敗するイメージばかり湧いてくるといった場合に、宝くじが外れる夢を見てしまうことがあります。

これは期待していたものが裏切られるといった心理状態が反映しています。

失敗したらどうしようとして必要以上に緊張したり、自信のない態度をとってしまうと、本来うまくいくものもうまくいきません。

もし宝くじに外れる夢を見たというときには、今の自分の態度や精神状態を改めて見つめることが必要です。

以前の失敗を引きずったり、絶対に成功しなければいけないと自分で自分にプレッシャーなどをかけてはいないでしょうか?宝くじに外れる夢というのは、自分を見つめなおすチャンスということもできるでしょう。

4.現実逃避をしすぎないようにという意味がある宝くじの夢

宝くじ、それはロマンです。

宝くじに当たったらどうしようという妄想をした事がある人はとても多いでしょう。

あれをしたい、これをしたいと夢を膨らませるのはとても楽しい事です。

ですが、この夢を見る人には少々現実逃避をしすぎという警告の意味があります。

現実には辛い事も多いです。

中には目を背けたくなってしまう事も多々あるでしょう。

ですが、いつまでも現実から逃げてばかりいてはネガティブで弱気、そして逃げてばかりの人生になってしまいます。

現実逃避をして逃げてばかりいると後から「あの時にしっかりしておけばよかった」と後悔をする事になる可能性が高くなります。

人生は一度しかありません。

そして過去をやり直す事はできません。

しっかりと現実と立ち向かい、努力をしてきたならどんな結果になったとしても納得し、満足できる人生にする事ができるでしょう。

現実と向き合わなくてはいけない、でもなかなか勇気が出ないという時こそ実はもっと物事を簡単に考える事が大切です。

案外思い切って行動する事で解決する事も多いです。

ですので、物事を重く考えすぎずに、シンプルに「これからの自分のため」と思って現実と向き合いましょう。

困った時は人に助けてもらうのも一つの手です。

5.無駄使いをしすぎてはいないかという警告夢としての宝くじが当たる夢

宝くじに当たった夢の一つの意味に無駄使いをしすぎてはいないかという警告があります。

近頃、つい無駄使いをしてしまった後悔してしまった事はありませんか?その無駄使いをしてしまった分を宝くじが当たる事でプラスマイナスゼロにできないかなと深層心理で考えているのです。

高額当選だった場合はそれだけ無駄使いをしている事を意味しています。

無駄使いはよくありません。

ですので、本当に自分が大切な物だけを買うようにした方がいいと夢は教えてくれています。

このままでは本当に必要な物を購入する事ができなくなり、その時に後悔する可能性が高くなります。

普段からしっかりと節約できていれば、高くても本当に必要なものを購入する事ができます。

普段からお金の使い方について考えて欲しいという警告です。

本当に後悔をする前に、今のうちにお金の使い方をしっかりと見直してみましょう。

6.他者へ依存しすぎている心理から見る宝くじの夢

宝くじで高額当選をする夢には他者へ依存しすぎているという深層心理が考えられます。

自分では何もしたくない、他の人に全て任せてしまいたいという考えがこの夢を見せたのです。

この夢を見た人には二通りの深層心理が考えられます。

まずは本当に何もかもが面倒なので他の人に任せて自分は楽をしたいという心理です。

世の中そんなに甘くはありません。

自分の事は自分でするようにしましょう。

もう一つは自分に自信が無い、だから他の人がした方が物事が上手くいくと思っている心理です。

色々な理由があり、どうしても自分に自信を持てなくなってしまっているのです。

長所が無い人はこの世界にいません。

誰でも必ず長所があります。

この心理の人は自分の長所を見つけていないだけです。

ですので、長所を見つける事ができれば自分に自信を持てる事ができます。

この場合、自分の強みは頑張って自分で見つける事が大切です。

自分で見つける事でもっと自信を持てるようになります。

宝くじに当たる夢は注意が必要

夢を見たときのうれしさに比べると、どちらかというと凶夢であることが多い宝くじの夢。

しかし、夢を見たからといって悪いことが起きるとは限りません。

大切なのは普段の自分の決断や行動なので、宝くじの夢を見てもあわてることなく、冷静に自分の行動について考えてみるとよいでしょう。

「宝くじに当たる夢の意味は「大きなお金を失う前兆」【夢占い】宝くじの夢には注意が必要で逆夢のこともある」の他にも夢占いを見てみませんか?