目の付近にホクロがある人の性格・特徴・運勢とは

最終更新日:2018年11月2日

顔や手など、よく目につく場所にホクロができると少し気になりますよね。

また、あったはずのホクロが失くなった。

という経験も誰にでもあるものでしょう。

神出鬼没のように思えるホクロですが、実はできる場所や色によって意味があります。

その中でも「目の付近のホクロ」について、その意味と持ち主の特徴をご紹介します。

1.生きボクロと死にボクロで意味が異なる

目の付近のホクロの意味と持ち主の特徴をご紹介するまえに、人相学占いについて少し学ぶ必要があります。

人相学占いとは、顔相を中心として、骨相や体相などといった人体のつくりから、その人の運勢や性格などを占うものです。

ホクロ占いは、顔相の情報のひとつに過ぎませんが、素人でも簡単に見ることのできる、手軽でよく当たる占いとして人気です。

人相学占いにおいて、ホクロは「生きボクロ」と「死にボクロ」に分けられています。

生きボクロというのは、色が濃くツヤがあり、ふっくらとして生き生きとしているよく目立つホクロを指します。

これがその人の長所をあらわすホクロとみなされます。

一方、死にボクロは、対照的に色が薄く茶色っぽい、ぺったりとして平面的なものや、小さすぎて注意しなければ見えないものなど、目立たないホクロやキレイではないホクロのことです。

死にボクロがあると、その位置の悪い面が表面化してまいます。

2.眉間にホクロがあると強運で聡明

次のページヘ矢印

目の付近にホクロがある人の性格・特徴・運勢とはに関連する占い情報