【タンポポ】花言葉は「神託」「真心の愛」。タンポポの花言葉の由来を知ろう

最終更新日:2019年8月14日

春になると道端や公園などさまざまな場所で出会えるタンポポ。

子どもの頃にはタンポポで花束を作ったり、花冠を作ったりと触れ合う機会のとても多いお花ですよね。

日本ではもっとも親しみ深い花の1つです。

今回はそうした「タンポポが持つ花言葉」についてご紹介します。

1.タンポポの花言葉は「愛の神託」「神託」「真心の愛」「別離」「思わせぶり」

タンポポ全般が持っている花言葉は、「愛の神託」「神託」「真心の愛」「別離」「思わせぶり」です。

タンポポの花姿はとても愛らしく、どちらかというと幼くあどけないイメージがありますので、こういった花言葉はちょっと意外に思われる方も多いのではないでしょうか?

また、タンポポの花言葉は「愛の神託」「神託」といったように私たちにはあまりなじみのないものも出てくるようですね。

「愛の神託」「神託」ってどういう意味なのでしょうか。

次からはタンポポが持つたくさんの花言葉をひとつひとつ解説します。

2.タンポポの花言葉である「愛の神託」「神託」とは?

次のページヘ矢印

【タンポポ】花言葉は「神託」「真心の愛」。タンポポの花言葉の由来を知ろうに関連する占い情報