【タンポポ】花言葉は「神託」「真心の愛」。タンポポの花言葉の由来を知ろう

最終更新日:2019年8月14日

春になると道端や公園などさまざまな場所で出会えるタンポポ。

子どもの頃にはタンポポで花束を作ったり、花冠を作ったりと触れ合う機会のとても多いお花ですよね。

日本ではもっとも親しみ深い花の1つです。

今回はそうした「タンポポが持つ花言葉」についてご紹介します。

1.タンポポの花言葉は「愛の神託」「神託」「真心の愛」「別離」「思わせぶり」

タンポポ全般が持っている花言葉は、「愛の神託」「神託」「真心の愛」「別離」「思わせぶり」です。

タンポポの花姿はとても愛らしく、どちらかというと幼くあどけないイメージがありますので、こういった花言葉はちょっと意外に思われる方も多いのではないでしょうか?

また、タンポポの花言葉は「愛の神託」「神託」といったように私たちにはあまりなじみのないものも出てくるようですね。

「愛の神託」「神託」ってどういう意味なのでしょうか。

次からはタンポポが持つたくさんの花言葉をひとつひとつ解説します。

2.タンポポの花言葉である「愛の神託」「神託」とは?

タンポポの花言葉である「愛の神託」「神託」とは、いったいどういう意味なのでしょうか。

まずあまり聞きなれない「神託」という言葉から解説していきます。

神託というのは、簡単に言ってしまうと「神様からのお告げ」という意味を指す言葉です。

そうなってくると「愛の神託」とはつまるところ「愛や恋に関する神様からのお告げ」という意味になってきます。

では、どうしてタンポポの花言葉には「愛の神託」「神託」というものがあるのでしょうか。

これは、タンポポがその昔ヨーロッパにおいて「花占い」のアイテムとして使われていたということに由来しています。

古来、ヨーロッパではタンポポの綿毛を使って意中の相手が自分のことをどのように想ってくれているのかを占っていました。

タンポポの綿毛を吹いてみて、すべてキレイに飛んでいけばその人の想い人はその人のことを「とても愛している」。

すべては飛んでいかずに少しだけまだ綿毛が残っているのであれば想い人はその人のことを「基本的に愛してはいるが、少しだけ心が離れている」。

まったく綿毛が飛んでいかなければ「愛していない」…などといった具合に、自分への想い人からの愛情を占っていたのだそうです。

そういった歴史から、タンポポには「愛の神託」「神託」という花言葉が与えられたのです。

3.タンポポの花言葉には「思わせぶり」もある

タンポポの花言葉には「思わせぶり」というものもあります。

「思わせぶり」とは、「相手に対して期待をもたせるようなことを言ったり、好意があるような行動をとったりすること」ですよね。

どうしてタンポポの花言葉に「思わせぶり」というものがあるのかというと、こちらも先ほど解説したヨーロッパ古来おこなわれていた「花占い」が関係しています。

花占いには綿毛を飛ばして愛情を占うという方法のほかに、タンポポの花びらを使って愛情を占うというものもありました。

花びらを一枚ずつ取っていって「好き、嫌い、好き、嫌い」と言葉にしていき、最後の一枚の花びらを取るときに「好き」のタイミングであれば相手もあなたのことを「好き」。

「嫌い」であれば相手はあなたが「嫌い」といったような方法で占うもので、子どもの頃にこの占いをやったことのある方もいらっしゃるかもしれませんね。

この花占いでは、「好き、嫌い、好き、嫌い」というようにいったい相手が自分を好きなのか嫌いなのかやきもきしてしまうため、そのことから「思わせぶり」というタンポポの花言葉が生まれました。

4. タンポポの花言葉には「真心の愛」もある

タンポポの花言葉にはすてきなものも存在します。

それが「真心の愛」です。

「真心」というのは、簡単に言ってしまうと「本当の心」です。

つまり、「真心の愛」というのは「嘘や偽りのない素直で本物の愛情」ということですね。

恋には、ときとして打算的な心やエゴイズムなど、邪心が介入します。

相手のことを好きであるという気持ちはとてもすてきなものなのですが、自分が相手を好きである分だけ相手にも好きになって欲しいというエゴイズムが生まれてくるのです。

また、付き合っている相手が自分にとってどれくらいのものを与えてくれるかといったことや、相手と付き合うことのメリットなどをついつい頭の中で計算してしまいがちです。

けれども、愛は違います。

愛は、自分のことよりも相手のことを一番に考えてその相手の幸せを心から願うという側面を持っています。

そんな心からの愛情、つまり真心の愛をタンポポは象徴しています。

とてもすてきですね。

5. タンポポの綿毛の花言葉は、「別離」

タンポポの花言葉は一風変わっていて、なんと「綿毛」にも花言葉がついています。

タンポポの綿毛の花言葉は、「別離」です。

別離とは、「別れて離れ離れになってしまうこと」ですよね。

タンポポの綿毛は風に吹かれると、いっせいにバラバラになってそれぞれの方向へと飛んでいってしまいます。

そのはかなくバラバラに別れてしまう様子が、タンポポの綿毛の「別離」という花言葉を生んだと言われています。

ただし、タンポポの綿毛はバラバラになってそれぞれの土地へ飛んでいっても、辿り着いた土地にしっかりと根を下ろし新しい芽や花を開花させるという強さを持っています。

別離という花言葉は少しさみしいイメージを持つものですが、別離の先には明るい未来があるということを忘れないでいてくださいね。

6.白いタンポポの花言葉は「私を探して」「私を見つめて」

タンポポと言えば、黄色いお花のものが代表的ですが、実は白いお花が咲くタンポポもあるということをご存知でしょうか?白いタンポポは黄色いタンポポよりも数は多くありません。

しかし、たまに田舎の田んぼのあぜ道や小川のまわりの草むらなどで見つけることができます。

とても珍しいので、ついつい探してしまいたくなりますよね。

そういったこともあり、「白いタンポポ」の花言葉は、「私を探して」です。

白いタンポポが「探して」と言ってくるなんて、なんだかとってもかわいらしいですね。

また、白いタンポポの花言葉には、「私を見つめて」というものもあります。

珍しい白いタンポポを見つけたら、きっと長い時間見つめてしまいますよね。

この花言葉も白いタンポポの気持ちになって「見つめて」とお願いしているイメージで、とてもいじらしく愛らしいと思います。

白いタンポポにはこういった愛らしくいじらしい花言葉があるので、付き合っている男性や結婚しているダンナさんなどが最近かまってくれないというような人は、白いタンポポをプレゼントしてみるのもいいかもしれませんね。

その際は、かわいらしく、「白いタンポポの花言葉って、「私を見つめて」なんだよ」と伝えてみるのも良いでしょう。

きっとあなたのパートナーもあなたのことをいじらしく思ってくれるはずですよ。

タンポポの花言葉を知ろう

タンポポにはかわいらしくて幼い感じのイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?

しかし花言葉を見ていくとおわかりいただけるように、タンポポの花言葉にはそのかわいらしい花姿とはちょっとギャップのあるものが大半です。

タンポポは意外にも神々しいイメージのお花でもあります。

花言葉を知った上で見てみるとその愛らしい花姿にもまた違ったイメージを持つことが出来そうです。

【タンポポ】花言葉は「神託」「真心の愛」。タンポポの花言葉の由来を知ろうに関連する占い情報