【椿】花言葉は「控えめな優しさ」。椿をお見舞いに贈るのがNGな理由とは

最終更新日:2019年8月14日

庭に咲く白い椿は、多くの人の心を惹きつけてやみません。

白い椿は、思わず見とれてしまうほど美しく、古来から文学の題材になったり、俳句や詩歌などにも詠まれてきましたよね。

そんな白い椿の花言葉は、「申し分のない魅力」「完全なる美しさ」「至上の愛らしさ」です。

これは、最強の花言葉ではないでしょうか?

申し分のない魅力というのは文字通り、文句のつけようのない魅力があるということですね。

完全なる美しさというのも、非の打ちどころがないようなパーフェクトな美しさということでしょう。

至上の愛らしさというのは、この上ない愛らしさ…つまり最高の愛らしさということです。

白い椿は、本当にパーフェクトな花言葉を持っているのです。

ぜひお部屋に飾ってその恩恵をいただきたいようなお花ですね。

4.ピンクの椿の花言葉は「慎み深い」「控えめな美」「控えめな愛」

次のページヘ矢印

【椿】花言葉は「控えめな優しさ」。椿をお見舞いに贈るのがNGな理由とはに関連する占い情報