【椿】花言葉は「控えめな優しさ」。椿をお見舞いに贈るのがNGな理由とは

最終更新日:2019年8月14日

日本古来のお花である椿。

昔からお茶の席に使われてきたり、和室に活けられていたりと「和」の美しさが魅力のお花ですよね。

クラシカルで伝統的なイメージのある椿ですが、椿にはどのような花言葉があるのでしょうか。

今回は「椿が持つ花言葉」についてご紹介します。

1.椿の花言葉は「控えめな優しさ」「控えめな素晴らしさ」「きどらない優美さ」「誇り」

椿全般が持っている花言葉は、とても素晴らしいものです。

椿全般の花言葉は「控えめな優しさ」「控えめな素晴らしさ」「きどらない優美さ」「誇り」です。

椿には本当に上品で慎み深いイメージがありますよね。

椿はとても美しく花姿も立派ですので、存在感はあります。

しかし、あまり自己主張が強いわけではありません。

どちらかと言えば、あまり目立たないような雰囲気でちょっとだけ控えめに咲いています。

例えば豪華なバラやカサブランカなどと比べてみるとわかりやすいかもしれません。

華やかなバラやカサブランカにもすばらしい魅力があります。

けれど、その魅力や華やかさはとても控えめとは言い難いですよね。

どちらかというと「私を見て」と言わんばかりに大胆にはれやかに咲き誇っているイメージの方が強いのではないでしょうか。

しかし椿には控えめさがあります。

凛としていながらも、そっと誰かに寄り添うようにさいている、まるで昔の日本女性を想わせるような花です。

また、そういった誰かに寄り添う優しいイメージやたおやかでも誇り高いイメージが、「控えめな優しさ」「きどらない優美さ」「誇り」などといった椿の花言葉に由来しています。

2.赤い椿の花言葉は「謙虚な美徳」「控えめな素晴らしさ」「きどらない優美さ」

【椿】花言葉は「控えめな優しさ」。椿をお見舞いに贈るのがNGな理由とはに関連する占い情報