【夏に贈る花】大切な人へ贈るのに適した花言葉を持つ夏の花

最終更新日:2019年5月28日

夏は普段なかなか会うことが出来ない大切な人に会える絶好の季節です。

そんな大切な人に手渡したいのが、花のプレゼント。

そこで今回は夏に大切な人に贈るのにぴったりな花を花言葉とともにご紹介します。

是非素敵な夏をお過ごしください。

1.夏に贈る定番の花 ひまわり

言わずと知れた、夏の代名詞であるひまわり。

明るく可愛らしい色と圧倒的にな存在感を放つオーラ、夏の太陽に向かって真っ直ぐ伸びるその姿は見ている人すべてに元気を与えてくれます。

そんなひまわりの花言葉は「あこがれ」「あなただけを見つめる」「光輝」「愛慕」「崇拝」などです。

「あこがれ」や「あなただけを見つめる」「愛慕」という花言葉は、一途に太陽だけを真っ直ぐ見つめるひまわりの姿が所以となりつけられたものです。

恋人に贈るのにはぴったりな花言葉ですね。

ひまわりが好きな女性はきっと多いでしょうから、とくに男性が女性にプレゼントすれば喜んでくれることでしょう。

さらに「光輝」や「崇拝」という花言葉は、ひまわりが太陽のように輝いて見えるという意味でつけられたものです。

大切な家族や友達はもちろん、尊敬する恩師や先輩などにプレゼントするのも良いですね。

プレゼントする側もされる側もひまわりの明るいオーラと溢れ出す生命感に元気を貰うことが出来ます。

花束でももちろんキレイですが、一輪でも十分美しく存在感を輝かすことが出来るのも、ひまわりの特徴です。

2.前向きさを出すのにピッタリなガーベラ

日本ではほぼ一年中花屋さんに並んでいるガーベラですが、実は夏の誕生花だということをご存知でしょうか。

ガーベラはとくに春から秋にかけて、キレイで可愛らしい花を咲かせます。

主に「前向き」「希望」などの花言葉がありますが、色によってその花言葉や贈るのに適した相手も変わってきます。

ここからは、色別でガーベラ花言葉の意味を詳しくお伝えします。

(1)ピンクのガーベラの花言葉
可憐で可愛らしい印象を与えてくれるピンクのガーベラ。

少女のような明るい姿に、つい目を奪われてしまいます。

この色のガーベラが持つ花言葉は、「祟高美」「熱愛」などです。

男性が恋人の女性や好きな人に贈るにはもってこいの花言葉ですね。

メッセージカードとともにピンクのガーベラを贈れば、きっと想いが伝わるはずです。

(2)オレンジのガーベラの花言葉
明るく元気な印象を与える、オレンジのガーベラ。

存在するだけで、見ている人を元気づけます。

そんなオレンジのガーベラが持つ花言葉は、「冒険心」「忍耐」などです。

家族や友達など、応援したい人に贈るのがオススメです。

(3)白のガーベラの花言葉
清楚で純粋なイメージを持つ白のガーベラが持つ花言葉は、「律儀さ」「希望」です。

感謝を伝えたい家族や友達はもちろん、恋人にプレゼントすれば純粋な愛を伝えられるはずです。

さらに将来に向かって進んでいる人へプレゼントすれば、あなたの未来を応援している、ということを伝えることも出来るでしょう。

3.南国感漂う ハイビスカス

ハワイなど南国のイメージが強いハイビスカス。

ひまわりと同様夏の代名詞となっています。

ハイビスカスをプレゼントする、ということに馴染みのない方もいらっしゃるかと思いますが、ハイビスカスは夏になると花屋さんに並ぶことがあります。

そんなハイビスカスの花言葉は「繊細な美」「新しい恋」「艶美」「信頼」などです。

ガーベラと同様に色によって細かい意味は違っており、とくに赤いハイビスカスは「新しい美」「勇敢」などです。

強い意思を感じる花言葉で、真っ直ぐな思いやり決意を伝えることが出来ます。

さらに白いハイビスカスは「艶美」などの意味を含んでいます。

女性の美しさを表す花言葉であるため、男性が恋人に贈ったり、好きな人への気持ちを表したいときなどにぴったりな花です。

誰でも知っている花で見た目も夏らしく可愛いので、家に飾っておくととてもキレイで喜ばれること間違いなしです。

花束にするには難しいかもしれませんが、花鉢やブリザードフラワーなどにして贈れば、センスが光り、かけがえのないプレゼントになるでしょう。

夏にしか贈ることが出来ないという点でも、特別感を演出することが出来ます。

夏だからこそ、ぜひハイビスカスを選んでみてはいかがでしょうか。

5.夏にピッタリなノウゼンカズラ

聞き馴染みのない花の名前かもしれませんが、ノウゼンカズラは夏らしい色と見た目で、夏にプレゼントするにはぴったりの花です。

そんなノウゼンカズラの花言葉は「名声」「名誉」などです。

このノウゼンカズラは尊敬の気持ちや憧れの気持ち、相手を讃える気持ちを伝えることが出来ます。

家族や先輩、恩師など自分が尊敬する人へ贈るのにぴったりです。

ノウゼンカズラの花の形がトランペットに似ており、祝福のファンファーレがイメージ出来るということからこのような花言葉がつけられました。

オレンジ、ピンク、赤、白など様々な色があり、単色でプレゼントするのはもちろん、いくつかの色を混ぜてプレゼントするのもとてもキレイでオススメです。

6.情熱の花 ブーゲンビリア

ブーゲンビリアという花をご存知でしょうか。

ブーゲンビリアは「情熱」の花と言われており、その他には「魅力」など、相手への熱い気持ちを伝えるにはもってこいの花です。

紫やピンクの明るい色は可憐で美しく、見るものを惹きつけて離さない魅力があります。

ハイビスカスと同様、花鉢などにしてプレゼントするのがオススメです。

ただしバラなどのように茎の部分に棘があるので注意してください。

プレゼントする相手にもそのことを伝えておくと良いですね。

パッと目立つ存在なので、どこに置いていても美しいオーラを放ちます。

とくに恋人や好きな人など、想いを寄せる相手に渡せば喜んでくれること間違いなしです。

7.異性や友達への贈り物にピッタリなアマリリス

アマリリスは大きな花びらが特徴的な花です。

5月から7月の初夏に最も美しい花を咲かせます。

このアマリリスの花言葉は「誇り」「輝くばかりの美しさ」「おしゃべり」などです。

パッと目立つ花と繊細な色味は、可憐な美しさを思わせます。

さらに「おしゃべり」という花言葉は、アマリリスの花が横を向いて人と話しているように見えることからつけられたものです。

美しい女性にプレゼントするのはもちろん、親しい友達に感謝の気持ちを込めて贈るのにもぴったりなはなです。

花束にしてもキレイですし、花鉢で贈ってもとても素敵です。

淡いピンクや赤、ピンクの混ざった白など、単色に限らず様々な色が混ざっていたり、花によって色味が微妙に違っているところが見ていて飽きない魅力です。

夏に大切な人へ贈る時に適した花言葉を持つ花を贈ろう

今回紹介した紹介した花の種類は7種類ですが、夏に大切な人にプレゼントするのにぴったりなキレイな花はまだまだたくさんの種類があります。

贈る相手と自分の関係性や自分の正直な気持ち、相手へ伝えたい思いなどをしっかりと考えて選べば、あなたの想いはきっと伝わるはずです。

一度きりの今年の夏を、美しい花とともに一生忘れられない夏にしてみてはいかがでしょうか。

【夏に贈る花】大切な人へ贈るのに適した花言葉を持つ夏の花に関連する占い情報