ポピーの花言葉って?色ごとにポピーの花言葉を解説します

最終更新日:2019年8月13日

ケシ科の植物の総称である「ポピー」は、さまざまな色の花を咲かせることで有名です。

ポピー畑では、鮮やかな花々が私たちの目を喜ばしてくれます。

実は、ポピーの花言葉は色によって異なります。

贈り物にも最適なポピーのことを、もっとよく知ってみませんか。

1.ポピー全体の花言葉は「平穏」「いたわり」など

まずは、ポピーの花言葉のいわれを勉強しましょう。

ポピーには催眠作用がある、というのは有名な話です。

現代の日本では、その効果が悪用されないよう、ケシの栽培や所持は禁止されています。

しかし昔は、ぐずる赤ちゃんをよく眠らせるために作ったおかゆにポピー(ケシ)の汁を入れていたそうです。

ラテン語で「おかゆ」を意味する「papa」が、ポピーの属名「Papaver」になりました。

それゆえ、花言葉も「平穏」や「なぐさめ」など、医薬的効果に因んだものが見受けられます。

ポピーは、相手をいたわりたいとき、励ましたいときにぴったりの花言葉を持っているのです。

さらにもう一つ。

ポピーの花言葉のいわれを知るための、ギリシャ神話が現代に伝わっています。

最愛の娘・ペルセポネーが行方不明になり心を病んでしまった女神・デメテル。

豊穣を司っていたデメテルがふさぎ込むと、大地は荒廃し、植物の育たない土地が広がりました。

眠りの神であるヒュプノスは、ポピーを贈り物にし、デメテルを癒そうとします。

デメテルはポピーの効果で久しぶりに安眠し、荒れ果てていた大地は命を吹き返したそうです。

ポピーの花言葉である「いたわり」や「眠り」の力は、新たな活力を生み出すパワーでもあります。

元気になってほしい人や、新たなステップへ踏み出そうとする人にぴったりの花言葉ですね。

2.赤いポピーの花言葉は「慰め」「感謝」

次のページヘ矢印

ポピーの花言葉って?色ごとにポピーの花言葉を解説しますに関連する占い情報