チャネリングって何?チャネラーの存在やチャネリングのやり方・種類・注意点を解説

最終更新日:2019年8月16日

チャネリングを行う場合はリスクや注意点があります。

チャネリングに慣れてない人が行うとアンコンシャスチャネリングの状態になりやすい

アンコンシャスチャネリングの状態はチャネリングしている対象の影響を受けやすくなります。

無意識の状態ですから洗脳されたり心の奥底に考え方やそれ以後の行動をどうするかといったものに影響を及ぼすことがあるからです。

そして慣れてない人は低俗な犯罪者の死者や悪魔、邪神などとチャネリングしやすいこともありますからやはり1番安全なのは実際にチャネラーに教えてもらうことです。

チャネリングの結果やアドバイスを全てだとは思わないこと

チャネリングをすると数多くの情報やメッセージを受け取ることができます。

しかし全てが正しいとは限りません。

なぜなら低俗な死者とチャネリングした場合などは嘘の情報を教えられたり、間違ったアドバイスをされたりすることがあるからです。

自分の考えや現実的に起こることなどと照らし合わせて自分の人生を生きましょう。

知りたくなかった情報を知ってしまうこと

チャネリングを行うとたくさんの情報が入ってきます。

ショックを受けたり衝撃的過ぎることも知ることもあるので覚悟をして行いましょう。

チャネリングって何?チャネラーの存在やチャネリングのやり方・種類・注意点を解説に関連する占い情報