チャネリングって何?チャネラーの存在やチャネリングのやり方・種類・注意点を解説

最終更新日:2019年8月16日

チャネリングのやり方を学ぶ場合1番良い方法は、実際にチャネラーに教えてもらうことです。

しかし中々チャネラーと接触することはできませんよね。

そこでここでは比較的簡単にチャネリングの方法をご紹介します。

まずチャネリングをやる前にしておくことがあります。

それはチャネリングすることによって何を知りたいか明確にしておくことです。

漠然とした考えではせっかくチャネリングできても明確な情報やメッセージを受け取ることが出来ません。

そしてチャネリングしたあとにどうするかも明確にしておくと良いでしょう。

あとは何とチャネリングしたいのか、対象のものの歴史などをよく知っておくことでチャネリングしやすくなります。

そして普段の生活から相手の気持ちやものの意味を考えて行動しておくとチャネリングしやすくなります。

チャネリングの手順

まずは1人きりになってラジオやテレビ携帯電話など音を発したり雑念を生むものがない環境で行いましょう。

それらがある環境だと集中力が落ちたりリラックスできずチャネリングの妨げとなります。

また、電磁波などもエネルギーの流れの妨げとなるので注意しましょう。

ヨガの蓮のポーズをとります。

邪念や雑念を払い呼吸を深くゆっくりとしてリラックスした状態に持っていき心を無の状態に持っていきましょう。

そして情報やメッセージを受け取ります。

慣れてない人はこのときアンコンシャスチャネリングで受け取ることとなるでしょう。

コンシャスチャネリングは訓練を積まないと基本的にできません。

これを繰り返しているうちにチャネリングの能力が上がっていき自然とチャネリングできるように段々となっていきます。

チャネリングのリスクや注意点

次のページヘ矢印

チャネリングって何?チャネラーの存在やチャネリングのやり方・種類・注意点を解説に関連する占い情報