【スズランの花言葉】「希望」「純潔」などを意味するスズランの事を知ろう

最終更新日:2019年5月5日

スズラン(鈴蘭)は、細い茎に沿って小さな鈴のような形の花がびっしりと並んだ、可憐でかわいらしい花です。

最近は、切り花のスズランが街の花屋さんでも入手しやすくなり、贈り花として買い求める人も増えています。

この記事では、そんなスズランの花言葉や花の特徴、スズランを贈るときの注意点についてご紹介します。

1.スズランの花言葉①「ふたたび幸せが訪れる」「希望」

現在最もポピュラーな園芸用品種であるドイツスズランの原産地はヨーロッパです。

ヨーロッパでスズランが開花する時期が4月下旬〜5月上旬。

ちょうど春の訪れとともに開花の時期を迎えることから、長く厳しいヨーロッパ北部の冬を越えて花開くスズランの花に「ふたたび幸せが訪れる」という意味を持たせたのが、この花言葉の由来であると言われています。

そして、これから始まる新しい季節への希望、という意味も含まれています。

2.スズランの花言葉②「純粋」「純潔」

次のページヘ矢印

【スズランの花言葉】「希望」「純潔」などを意味するスズランの事を知ろうに関連する占い情報