サードアイって何?概要と開く方法・サードアイが覚醒する前兆と覚醒後の変化とは

最終更新日:2019年8月23日

サードアイはその名の通り、第三の目です。

通常人間には目は二つしかありません。

その二つに加えてもう一つの目と呼ばれる存在がサードアイです。

ここではサードアイの概要と、サードアイを開く方法、覚醒後の変化について詳しく解説します。

サードアイとは

「第三の目」「内なる目」など呼ばれており「目」というだけあって目と目の間、眉間の少し上あたりにあると言われています。

人体のチャクラ(エネルギー)の第六チャクラを象徴しており、いわゆる直感やインスピレーションのチャクラになります。

第六感と呼ばれている力のことです。

サードアイが開くと、真実を見抜く力や直感、想像力、理解力など頭が冴えわたったような開かれた力が手に入ります。

視覚や触覚など五感と呼ばれるものも冴えて世界が一段違って見えてきます。

もう少しスピリチュアル的なことを言うと、テレパシーも使えるようになる人もいます。

つまり今までと違う次元で物事を見られるようになります。

簡単に言うとサードアイが覚醒すると悟りが開けるということです。

また、自己としての目覚めを感じることもできます。

自分を客観的に見られるようになり、心の状態や動きを感じることができます。

そうすることで、今起こっている出来事をクリアな状態で見ることが出来るので、無駄な思念を避けて必要なものだけを手に入れられるようになります。

サードアイを開くために必要なこと

サードアイを開くために一番簡単な方法として、瞑想があります。

ヨガなどでも取り入れられているものですが、瞑想で大事なことは呼吸に意識を向けることです。

本来は心を無に保つことが重要ですが、初めはなかなか難しくすぐに雑念が入ってきます。

深呼吸をして空気の流れを体で感じることに意識を向けると、他のことは考えなくなります。

その時にサードアイがある眉間の少し上あたりも意識すると少しずつ変化が現れ、穏やかなエネルギーを感じることができるようになります。

そしてサードアイを開くためには実はもう一つ必要なことがあります。

それはグラウディングすることです。

グラウディングとは「地に足をつける」ことです。

サードアイを開くことだけにフォーカスすると、体が浮ついた状態になり表面上だけサードアイが開眼したつもりの薄っぺらい人になってしまいます。

そのため、しっかりと地球の重心を感じることも必要なことです。

グラウディングの方法としては丹田を鍛えることが挙げられます。

丹田は下腹部のことで、第二チャクラと呼ばれているへそ下にあるところです。

瞑想では自分を中心に意識を無にすることが必要でしたが、グラウディングでは地球のエネルギーを感じることが目的となります。

そのエネルギーを使い、地に足をつけしっかりと根ざすことが必要となります。

この二つのエネルギーを上手くバランスを保つことがサードアイを開くことに繋がります。

サードアイを開眼する前段階の人の特徴

サードアイが開眼する時は、ピリっとした感覚が生じます。

そのため眉間の少し上がピリピリしてきたり、耳鳴りがしたり、何かしら体に変化が起きるともうすぐ開眼する前触れと言えます。

また、それにより体調を崩すこともあります。

今までとエネルギーの流れが変わってくるので、変化に体が慣れるまではもっとバランスを保つ意識を持ち続けることが必要となります。

嘘を見破れるようになることも開眼の前触れです。

相手の悪意を感じとることができるようになり、それに対して冷静に対処できるようになります。

それが、自分をコントロールできる力で、上手く精神的なエネルギーのバランスがとれるようになってきたということにも繋がります。

考え方が今までの自分とはまるっきり変わってきて、視野が大きく広がってきます。

この感覚がどんどん鋭くなっていくことが、開眼の準備段階です。

これらの前兆はいきなり現れるというより、少しずつ感じられるようになっていきます。

弱まったり、強まったり、そのバランスを一定に保てるようになると開眼まであと一歩です。

サードアイを覚醒する前兆

サードアイを覚醒する前兆としてはまず目力が出てくることが挙げられます。

小さい目の人でも眼力が鋭く力強くなってきます。

それは、その強さで嘘を見抜いたり今までの次元とは違う世界を見られるようになるからです。

光を感じやすくなったり、色が今までより鮮やかに見えるようになったり、視界にも変化があるはずです。

それに伴い眉間の少し上あたりにも変化を感じるでしょう。

開こうとしているので、乳歯が抜け永久歯が生えてくる時のようなむずがゆさを感じていくでしょう。

エネルギーも完全に動きが変わり、サードアイから全身に伝うような感覚が分かっていきます。

そのため、最初は違和感が生じる人も多いかもしれません。

また、手相にも変化が現れる人もいます。

手相は変化していくものですが、今までなかった人にも「仏眼線」「神秘十字線」というものが現れてきます。

これは、スピリチュアルな才能をもっている人に現れる線で「仏眼線」は「第三の目線」とも言われるくらいサードアイに関係しているものです。

それが実際に現れると、もう開眼することができます。

つまり、開眼が近づいている時は、精神的なものよりも、体に変化が感じられるくらい鮮明に現れてくるということです。

サードアイを覚醒した後の変化

一番の変化としては、直感が鋭くなります。

考えるよりも早く「これはこうするべきだ」と当たり前のように判断することができます。

それが実際に正しいことで、真実を見抜いたり何かメッセージを受け取ったりするようになります。

それを自分のために使うだけではなく、人のために自然に使えるようにもなります。

しっかりとグラウディングして、地球にしっかりと足をつけているおかげとも言えます。

地球のエネルギーも利用できるようになり、自己をコントロールする力が働いているからです。

予知夢を見たり、エンジェルナンバーに敏感になったり、見えない力から何かを伝えられることも増えていきます。

本来の自分を見失わないようになったからこそ、そのメッセージを実直に受け止められるようになります。

そして、自分の使命が何なのか、どうすれば良いのかもすぐに分かります。

それも直感力に繋がっていることです。

また、物質的なものにも執着しなくなります。

そもそも、体にも変化が起こり、今まで不調だった体調も良くなることが多いです。

それは、自分の体をコントロール出来るようになったからです。

食べ物はもちろん、着飾ること金銭的価値があるものなど、自分を満足させるだけのものへの執着がなくなります。

精神的にも肉体的にも、欲をコントロールできるようになるということです。

好奇心は前向きに旺盛になりますが、知識や経験を増やすことの方にフォーカスすることが多くなります。

つまり、覚醒する前と比べると、もう一段階上のステージで生きられるようになるということです。

サードアイって何?概要と開く方法・サードアイが覚醒する前兆と覚醒後の変化とはに関連する占い情報