【ガーネット】効果・浄化方法・選び方

最終更新日:2016年11月13日

結実を意味するガーネットは、1月の誕生石として有名な石です。

ブレスレットやキーホルダーなどで持たれている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は特に女性のアクセサリーで人気のガーネットについてご紹介します。

1.ガーネットとは

ガーネット(garnet)の名前は、ラテン語のgarnuteに起源があります。

この意味は種を指します。

日本では、和名をザクロ石とも呼ばれています。

名前の由来は、果物であるザクロに色に近い深い暗赤色の石であることから来ています。

主な産地は、閉山前まではスリランカ産、この他にインドやアフガニスタン、アメリカやブラジルの南米、マダガスカル、タンザニア、オーストラリアなどの多岐にわたっています。

一般的なカラーは、赤、黄色、緑色、オレンジ色、ピンク色、無色、褐色、黒色等が存在します。

特に、純度の高い石は紫色を魅せ、古代から神聖な石として称えられてきたとされています。

2.パワーストーンとしてのガーネットの選び方

装飾品として用いられるガーネットは、透明度の高い赤、黄、橙、緑色の石を丸玉に加工されたカーバングルと呼ばれるものです。

ガーネットと相性の良い石は、ロードナイト(愛情を育む).スモーキークオーツ(ポジテイブシンキング)ブラッドストーン(心身の疲労回復効果)等で、これらのパワーストーンをガーネットと組み合わせたアクセサリーを選ぶと、身につける者へのパワーストーンの効果も享受されやすくなります。

例えば、恋愛に対してのパッションを授かりたい場合には、ガーネットとインカローズ(ロードライト)で組み合わせたブレスレットをオススメします。

インカローズ(incarose)は名前の通りに、女性の薔薇色の人生に象徴されるパワーストーンで知られていますので、愛情を育みたい女性には適している組み合わせです。

また、想いを寄せる人と恋愛に発展させたい場合は、ロードライトガーネットとホワイトカルセドニーを組み合わせたパワーストーンを選ぶと良いでしょう。

3.ガーネットのお手入れ方法と浄化方法

ガーネットはハーブのセージや水晶クラスターを使用して浄化することができます。

また自然のものにも強く、流水、太陽光、月光浴を利用して浄化することにも適しています。

ガーネットは類似した鉱物の総称で、主成分は、鉄、アルミニウムから成ります。

ガーネットの中でも、アルマンデインは砕けやすい特徴を持ちますので気をつけて取り扱います。

4.ガーネットの意味、効果①勝利の意味と努力の成果を果たす

ガーネットの石は勝利を象徴します。

そのためコツコツと努力を惜しまずに続けている人の結果を勝利に導く様に後押しをする効果があるとされています。

このことから、受験生に適したパワーストーンとも言えます。

受験の為に力を享受したい場合には、アメジストを組み合わせたパワーストーンがより効果的と言われています。

5.ガーネットの意味、効果②真実の意味と恋愛の情熱を燃やし、良縁の引き寄せる

ガーネットには、身につける者のエネルギーを強化するパワーがあるとされてきました。

肉体面からだけではなく、精神面でも生きることへの前向きな気持ちを高めます。

恋愛に対しても、恋愛成就するだけのパッションを引き出すパワーストーンです。

オススメの組み合わせは、アパタイトとガーネットのパワーストーンです。

6.ガーネットの意味、効果③信頼の意味と友愛や絆を深める

ガーネットは実りの象徴です。

それは友との信頼関係や、パートナーとの愛情を元にした絆を深めることともされています。

また、友との別れの際にガーネットの石を交換する習わしから、相手への忠誠心を図ったり、忠実になることを求められたりすることに用いられた石でもあります。

特にガーネットとカーネリアンの組み合わせは、遠距離の二人の絆を強めるパワーストーンとして知られています。

7.ガーネットの意味、効果④肉体を活性化する意味を持ち、貞操観念、出産、血液やリンパの流れを促す

ガーネットの種類にはアルマンデインと呼ばれるものが存在します。

この種類は、非常に濃い赤色で透明度の高いものから不透明または半透明のものまで様々なものがあります。

人の血液を想像させる暗赤色が、人の肉体の活性化を意味します。

特にガーネットとターコイズ(トルコ石)で組み合わせされたパワーストーンは、人の血液にパワーを与えると言われています。

この様に、ガーネットと一概に呼んでいる私たちですが、ガーネットは類似した鉱物の総称であることから、実は一般的には知られていないガーネットの種類が数多く存在します。

ガーネットの色は、鉱物成分により大きく異なります。

有名なアルマンデインを始め、グリーンガーネットと呼ばれる石や、オレンジガーネットと呼ばれる石等、ガーネットの色の種類と特性を知ると利用の範囲も広がりそうです。

【ガーネット】効果・浄化方法・選び方に関連する占い情報