【辛卯(かのとう)】四柱推命における辛卯の性格や特徴とは

最終更新日:2019年10月9日

1.辛卯の性質・解釈

辛卯は「かのとう」と読みます。

辛という字は宝石や砂金のことを表しています。

卯という字は温厚さや従順さを意味しています。

この2つの文字が合わさり辛卯となることで、繊細で品の良さを持ち控えめさも併せ持つという性質を表します。

この2文字が合わさることで、宝石は人に磨かれることによって初めて輝きを発するものであり、さらに卯も従順さを持っています。

そのため辛卯の上品さは自分から輝きを発しようとするのではない控えめな性質によって支えられていると解釈されています。

また砂金を丁寧に集める様のように、地道な努力という特徴も持っています。

これらのことから縁の下の力持ちとして力を発揮することができます。

しかしその性質上裏方や脇役となることが多いため、自信を持ちきれなくなってしまうこともあります。

そのため辛卯の人にとっては認めてもらえるような環境が大切になっています。

2.辛卯の男性の性格・気質

辛卯の男性は弱いものを助け、強いものを挫くような兄貴分と呼ばれるのにふさわしいような気質を持っています。

自身に訪れた苦労を苦労のままで終わらせずに肥やしにすることができ、若くても風格を持っている人が多いです。

その風格から周囲は一見すると近寄りがたいように感じてしまいますが、実際に身近になってみると実は温かな人間であることがわかります。

兄貴分と呼ばれるのにふさわしく、計算高さや人に取り入るような姿勢は見せず、ストレートな行動を持ち味としています。

自身の中にしっかりとした考えを持ち、一見して行動はスローですが地道に堅実に前に進んでいきます。

そこに持ち前の人望も相まって社会的にも年齢を重ねるとともに地位を高めていくことができるでしょう。

純粋すぎるために、時に人に騙されてしまうこともありますが、それでも挫けずに前向きに頑張ることができます。

3.辛卯の女性の性格・気質

辛卯の女性は、庶民的なタイプが多く、華やかさはありません。

しかし周囲の人々を温かくすることができる穏やかで、優しい微笑みが特徴的なチャーミングな女性です。

幼少期に苦労することになってしまう人が多いのですが、その苦労した経験があるためにつらい立場に立たされている人の身になって考えられるような人格となります。

また生活での苦労に慣れているため、たくましい女性であることが多いです。

欠点としては、機嫌の良い時と悪い時の差が激しく出てしまう性質があります。

なにかをやり始めても熱しやすく冷めやすい気質があるため、同じことを長く続けることが難しいことがあります。

ですが、場合によってはこのスタミナのなさが欠点となるだけでなく、儚げな魅力となることもあります。

4.辛卯の年柱・月柱・日柱・時柱ごとの性格

年柱では、何かを受け継いできたような伝統のある過程で育ちます。

そのため、その環境での生活が立ち振る舞いや言葉の上品さに現れてきます。

しかし自我が強く妥協などが苦手な性質もあります。

辛卯の月柱では人を引き付ける魅力が増し、人に尽くす奉仕の精神が強く出てきます。

このことから人望や恋の相手を引き寄せてきます。

またその性格上、トラブルが起きても冷静に対処できるでしょう。

辛卯の日柱では育ちも良いため、純粋で優しい心を持ち続けることができます。

ですがその純粋さの為に人を疑うことを知らないため、騙されてしまうこともあるので注意が必要です。

辛卯の時柱では純粋な心は引き続き持ち続けながら、愛情にあふれ、自分の子供や部下を大切にします。

ですがそのあふれんばかりの愛情で大切にしすぎてしまうため、本来その人が持っている能力をつぶしてしまう恐れもあります。

5.辛卯の恋愛傾向

辛卯の人の恋愛は、その性格と同じく真っ直ぐなものとなります。

とにかく好きになった相手を一途に愛し続けます。

その愛の中では浮気などの裏切りはまずありません。

しかし自分のもつ一途さを相手にも求めてしまうため、相手がついていけなかったり、窮屈に感じてしまうこともあります。

また付き合うまでは付き合ってからでは考えられないほど慎重になってしまいます。

臆病な性質ももっているため、なかなか自分からアピールすることが難しいので、付き合うまでは大変かもしれません。

しかし慎重に相手を選ぶため、自分に合う相手をしっかり選ぶことができるので、恋愛で失敗するのは少ない傾向にあります。

また、付き合った際のその一途さから、将来まで考えての付き合いとなることが多いでしょう。

6.辛卯の仕事傾向

辛卯の人は仕事において、コツコツと知識を蓄えたり、情報を仕入れたりする傾向にあります。

小さな疑問も見逃さず、他の人では見逃してしまうようなことを調べたり、深く掘り下げていきます。

周囲の人が集まってくるという性質から、職場などでの中心となることも多いです。

辛卯の人がいないと周囲が落ち着かないと大切にされるでしょう。

また純粋さを持ち続け頑固さもそこに共存しているために、この2つが合わさって正義感となることもあります。

持ち前の純粋さを生かして純粋さをもっている子供たちの相手をする教師のような仕事に向いています。

また情報を仕入れたり知識を蓄えることと、正義感を持っているということを合わせて、ジャーナリストとして働くのも向いている場合があります。

7.辛卯と十二運星ごとの相性

-長生と辛卯の相性
視野が狭くなってしまうことがあります。

そのため自分が思い込んでしまうと、前に進む際に最短の道に気づかずに遠回りとなってしまうこともあります。

ですがそのことが自分が思った道を究めることにもつながります。

-冠帯と辛卯の相性
その興味から知識が豊富になりますが、その豊富すぎる知識のせいで迷いも多くなってしまいます。

ですが、そんな中でも守りを大切にし、安定することができます。

-沐浴と辛卯の相性
精神的な圧力を感じ取りやすく、その圧力のために落ち着きに欠けてしまいます。

ですが、困難が目の前にある際には立ち向かえる強さも持っています。

-建禄と辛卯の相性
行動力が身に付きます。

積極的に動くことから、机上で得られる知識よりも、実際の経験から得られる知識を求める傾向にあります。

-衰と辛卯の相性
動きは鈍く、なかなか動きません。

ですが、自分らしさを追求することに力を入れ、困難を乗り越える中で意識を強くしていき、時間をかけながら結果を残していきます。

-病と辛卯の相性
焦りを感じてしまい、体力の負担となってしまいます。

そのため、焦りに負けずに自分のペースを大切にすることが大切になってきます。

-帝旺と辛卯の相性
一見して見た目は穏やかです。

ですが内面では一本の強い芯が通っており、自分の持つ高い理想をかなえるために強引に進めることもあります。

-死と辛卯の相性
一見しては儚く不安定なように見えます。

ですがいざという時には芯が強く、前向きに危機を乗り越える強さを見せてくれます。

-墓と辛卯の相性
プライドが高く、体裁を気にする傾向があります。

ですが、それとは別に自分に利益がなくても真剣に取り組むという面もあります。

-絶と辛卯の相性
理想が高く、色々なものに興味を持つようになります。

ですが、その興味にはまとまりがなく、とにかく手当たり次第に興味をもってしまうため、なかなか成果につながりません。

-胎と辛卯の相性
高い理想を掲げますが、周囲の環境に振り回されてしまう傾向があります。

しがし、どれだけ振り回されようが、自分本来の目標を目指す芯の強さも持っています。

-養と辛卯の相性
高い志をもっていますが、行動力は控えめで、なかなか行動に移さない慎重さをみせます。

慎重な性格の為、なかなかその志をかなえることができませんが、時間をかけながら確実に成果を上げることができます。

【辛卯(かのとう)】四柱推命における辛卯の性格や特徴とはに関連する占い情報