【花言葉】「安らぎ」を意味する花とは。安らぎの花を贈ってリラックスしてもらおう

最終更新日:2019年4月19日

花は見る人に癒しや元気、安らぎの時間を与えてくれます。

そんな花の中でも特に「安らぎ」という意味の花言葉を持つ花を眺めてみたり贈りましょう。

忙しい人にとっては何よりの癒やしになるはずです。

そこで今回は「安らぎ」という花言葉を持つ花についてご紹介していきます。

安らぎが花言葉な花1:寄せ植えが可愛いペチュニア

ペチュニアには「心の安らぎ」「あなたと一緒なら心が和らぐ」という意味の花言葉を持っています。

愛らしいペチュニアをゆっくりと眺めることで心の緊張が取れて、安らぐ時間を過ごすことができます。

いつも支えてくれる友人などに感謝の気持ちを込めてプレゼントするのにも最適です。

また、長い期間咲くことで愛着のわきやすい花でもあります。

このペチュニアは、3月〜11月頃に見頃を迎える花です。

長い期間咲き続けますが、特に夏の寄せ植えに人気の花です。

南アメリカ原産の花で、ナス科に属しています。

薄く透けるようなひらひらとした花びらが愛らしい姿をしていて、色のバリエーションも豊富です。

単色ではなく、様々な色のペチュニアを育てれば、目にも鮮やかで雰囲気がより明るくなります。

生え方も種類が多く、剪定をうまくしていけばこんもりとボール型のように丸く形作ることもできます。

しかし、寒さにとても弱いため鉢植えで楽しむ場合には冬の期間は部屋の内側に入れてあげるなどの対策が必要です。

安らぎが花言葉な花2:小さくて愛らしい千振(センブリ)

千振にも「安らぎ」という意味の花言葉があります。

他にも「はつらつとした美しさ」「弱いものを助ける愛」という意味の花言葉を持っています。

この千振の名前の由来は、「千回振出しても苦い」という意味から来ています。

小さくて可愛らしい姿からは想像もつかないほどの苦さと、薬にもなるパワーを秘めている千振は、見ているだけで力を分けてもらえそうです。

登山やハイキングで、歩くことに無心になっている時にふと見つけることができるかもしれません。

家でゆっくり過ごすことは苦手だけれど、リラックスしたいという方には、このように外出先で千振を見つけるといった目的を立ててみることもオススメです。

ちなみに苦くて有名なセンブリ茶のセンブリはこの千振から来ています。

千振は別名で当薬と呼ばれており、胃腸虚弱や下痢、腹痛、発毛などに効果のあるハーブの1種です。

そしてやはりハーブの中で最も苦いと言われています。

この千振は、10月〜11月頃に見頃を迎える花です。

千振は、リンドウ科に属しており白くて小さな花を咲かせます。

沢山咲いている姿は、星屑がきらめいているようにも見えます。

原産国は、中国や朝鮮半島、日本などで、日当たりが良くてやや湿り気のある山野の草地に主に生息しています。

安らぎが花言葉な花3:繊細な形をしたネム

ネムの木に咲く花は、とても特徴的で繊細な形をしています。

頭状花序といって、ひまわりの花のような咲き方を意味する咲き方なのですが、多数の花が集まって一つの花を形成しています。

可愛らしい淡紅色の細長い雄しべが幾重にも集まって一つの花を形作っています。

淡い色合いがとても優しく、形の不思議さに引きつけられます。

桃の花のような香りが辺りを包み込みます。

ネムの花は、7月〜10月に見頃を迎えます。

ネムという名前の由来は、夜になると葉が閉じるため気が眠っているようであるというところから名付けられました。

このネムの木の花には「安らぎ」という花言葉の他に、「繊細」「想像力」「夢想」という花言葉を持っています。

花言葉の「安らぎ」「夢想」は、ネムの木の葉が夜閉じることから連想されており、疲れている時こそ休息をしっかりとるべきだとメッセージを伝えてくれています。

ネムの木の花の姿を眺めたら、ゆっくり休んで安らぎの時間を儲けましょう。

安らぎが花言葉な花4:藤の花のようなルピナス

ルピナスには「安らぎを与えてくれる」という意味の花言葉があります。

この他にもルピナスは「いつも幸せ」「想像力」という花言葉を持っています。

落ち込んでしまった時に、色とりどりのルピナスを見れば、安らぎの時間を運んで来てくれます。

最近元気が無くなっていて心配に感じている人に贈るにも最適な花です。

このルピナスは、藤の花を逆さにしたような形状をしていることから、「昇り藤」「立ち藤」とも称されています。

花も藤の花のように小さな花がいくつも一斉に咲きます。

原産国は北アメリカで、日本ではその昔、食料や肥料として用いられたこともありました。

現在では観賞用に楽しまれています。

4月〜6月に見頃を迎える春の花です。

色の種類が豊富で、白、赤、オレンジ、ピンク、黄色、紫などがあります。

冬に強い性質を持ちますが、夏が苦手なので、夏場は直射日光の当たらない場所や一日の半分は影になる場所などに置き、乾燥させないように水やりに注意する必要があります。

安らぎが花言葉な花5:素朴な佇まいのマーガレット

マーガレットは「安らぎ」という意味や「誠実」「貞操」という花言葉があります。

マーガレットは、マリーアントワネットに愛された花としても有名です。

このマーガレットの持つ素朴な佇まいは、幼くして王家に嫁ぐことになったマリーアントワネットの心の安らぎを守っていたのかもしれません。

素朴な佇まいでありながらついつい咲いていると見入ってしまう人気のある花です。

マーガレットはキク科で、カナリア諸島が原産の花です。

3月〜4月に見頃を迎える春の花です。

白いマーガレットがよく目にされており、名前の由来も花びらが純白で丸く咲くことから真珠のようであると評されたことからきています。

マーガレットはギリシャ語の真珠「マルガリテス」という言葉から来ています。

また、マーガレットは白以外にも、赤やピンク、オレンジなどの色もあります。

安らぎが花言葉な花6:可愛らしい金魚草

金魚草には「安らぎ」と「おしゃべり」という花言葉があります。

可愛らしい金魚草を囲んで気の合う友人と一緒の時を過ごせば、話題にも花が咲いてリラックスした時間を過ごすことができます。

そのため誰かを家に招く時にこの金魚草を飾っておくことをオススメします。

金魚草は、その名の通り花びらの形が金魚の姿に似ていることから由来しています。

英名では、金魚だけではなく竜にも似ていることからスナップドラゴンとも呼ばれています。

原産国は南ヨーロッパや北アメリカで、4月〜6月に見頃を迎える花です。

花びらが大きめでボリューム感があり、比較的長く花を楽しむことができます。

また、青葉を連想させるようなしっかりとした香りを楽しむことができます。

古くは、その強い香りから魔除けとしても使用されていました。

金魚草は冬の寒さにとても弱いので、翌日の気温が冷え込む場合は、金魚草が植えてはる鉢を部屋の内側に移動させてあげるなどの配慮が必要です。

冬場以外は、なるべく日向に置いてあげましょう。

日陰では、葉ばかりが生い茂ってしまい可愛らしい金魚草の花をあまりつけてくれません。

花言葉で「安らぎ」を意味する花を知ろう

「安らぎ」という意味を含む花言葉の花をご紹介しました。

その花の種類は、素朴な可愛らしさの花から特徴的な姿の花まで様々です。

どれも心をホッと一息つかせてくれるような優しい雰囲気の花ばかりです。

花は見るだけで元気をくれたり、安らぎの時間を過ごさせてくれます。

疲れたなと感じたら、花の中でも「安らぎ」という花言葉を持つ花を特に意識して選んでみましょう。

より素敵なリラックス時間を過ごすことができます。

【花言葉】「安らぎ」を意味する花とは。安らぎの花を贈ってリラックスしてもらおうに関連する占い情報