花言葉で「友達」を意味する花はどれ?友情の証に友達を意味する花を贈ろう

最終更新日:2019年6月7日

皆さんは誰かに花を贈ったことはありますか?母の日にお母さんへカーネーションを贈るのは定番ですよね。

女性であれば彼氏や旦那さまからもらうこともあるかと思いますが、考えてみるとお花を贈る機会って母の日くらいしかないのではないでしょうか?

今回はいつもそばにいてくれるお友達に贈るのにぴったりなお花を紹介します。

友達を意味する花1:バラ(黄色)

友達を意味する花の代表的なものの1つがバラです。

バラといえば情熱的な気持ちが込められた赤を真っ先に想像しますが、友情を示すのは黄色のバラです。

花言葉はまさに「友情」です。

「花の女王」や「美しい薔薇には棘がある」という言葉で表現されることが多く、まさに美しさの代名詞として君臨するバラ。

それゆえに「香りは好きだけど、見た目がきつそう…」と、なんとなく苦手意識がある人も少なくないと思います。

しかし黄色のバラは、バラの気高く高貴なイメージというよりは、ふわふわとした雰囲気に包まれた、とても可愛らしい見た目です。

香りも良いのが素敵ですよね。

もちろん花びらの繊細さはそのままなので、キレイで大人っぽいイメージのお友達にもぴったりですよ。

友達を意味する花2:カモミール

カモミールの花言葉は「親交」「あなたを癒す」です。

カモミールといえばハーブの名前としても有名で、ハーブティーとして飲んでいる方もいるのではないでしょうか?

ハーブのイメージそのままに、見た目も素朴で可愛らしく落ち着いた雰囲気です。

花言葉の通り、見て癒されるような、ほっこりとした気持ちにさせてくれるお花です。

先程のバラのような華やかさやゴージャスな派手さはないですが、長年の心置けない仲のお友達に、じっくりと寄り添うような感謝の気持ちが伝わるお花です。

ナチュラルな雰囲気のあの子や、仕事や勉強で疲れているあの子に、贈ってみてはいかがですか?きっとあなたの暖かい優しさが伝わり、心もほぐれるでしょう。

友達を意味する花3:ガーベラ(黄色)

フレッシュな印象のガーベラの花言葉は「親しみやすい」です。

キク科のお花と聞くと和風な、奥ゆかしいイメージをいだきがちですが、ガーベラはとっても可愛らしいです。

キク科らしい美しい花びらはそのままに、ピンッと背筋を張っているかのように、真上に開いた花びらは、元気いっぱい、愛らしく健気な印象です。

色によっても随分イメージが変わるので、お友達を想像して、似合う色を見つけるのも楽しそうです。

いつも笑顔で頑張り屋さんな、親しみやすいお友達にプレゼントしてあげるといいかもしれませんね。

友達を意味する花4:ライラック

ライラックの花言葉は「思い出」「友情」です。

友情をあらわす花言葉のある花は、黄色など明るいイメージのカラーが多いのですが、ライラックは紫色が有名です。

とても香りが出やすい花で、その香りは香水にも使われているくらい、いい香りなんです。

そのため、世界中で愛されているお花のひとつでもあります。

ライラックの花は、紫陽花のように4つの花びらでひとつの花ができているのですが、まれに花びらの先が5つに分かれている事があります。

この5つに分かれている花を見つけた人は、「見つけたことを誰にも言わずその花を飲み込むと、愛する人と永遠に幸せに過ごせる」と言われています。

5つに分かれたライラックを「ハッピーライラック」とも呼びます。

日本でいう「四葉のクローバー」みたいなものですね。

「海外ではこう言われていて…」と、豆知識と一緒に話してみるのも楽しそうです。

いい香りなのでプレゼントをすると何年か後に、「この香りをかぐと〇〇ちゃんを思い出す…」なんて思ってもらえるかもしれません。

友達を意味する花5:わすれなぐさ

勿忘草(わすれなぐさ)の花言葉は、「真実の友情」「私を忘れないで」です。

ここまで可愛らしい友情の表現が多かったですが、これは本当に友情を表現したい時に使いたい花言葉ですね。

友情以外にも「私を忘れないで」という花言葉もあるので、別れを感じさせるシーンが思い浮かびます。

卒業や引っ越し、仕事であれば異動や転職によって離れてしまう時などにぴったりです。

「離れていても友達だよ」という言葉が聞こえてきそうな花言葉ですね。

わすれなぐさ、という名前からも、どことなく寂しげなニュアンスが感じられますが、寂しく感じるからこそ友達であった証ですよね。

この花を渡す時にはぜひ、花言葉と、そこに込めた自分の思いをお友達に伝えて渡して欲しいですね。

友達を意味する花6:マリーゴールド(黄色)

マリーゴールドといえば、シンガーソングライターのあいみょんさんの歌を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

形としてはタンポポのような形をしていてとても可愛いです。

マリーゴールドは1ヶ月持つことから、月経のサイクルに例えられていたり、名前の由来が聖母マリアに関係があるなど、なにかと女性に関わりの深い花です。

マリーゴールドの花言葉は「健康」です。

病気がちだったり風邪をひいてしまったお友達に、差し入れと一緒に添えてみると元気になるかもしれません。

そのままでも可愛いのであすが、かすみ草などを脇役にすると、可愛らしさや華やかさが引き立ちますよ。

あいみょんさんの曲をよく聴いているお友達にもオススメです。

友達を意味する花7:ヒルガオ

アサガオはよく聞くけれどヒルガオはあまり耳慣れないかもしれません。

その名の通り、昼に花開くお花で、見た目はアサガオとよく似ています。

ヒルガオの花言葉は「絆」です。

友達と結ばれているとしたら強い絆ですよね。

まさに友情を表すのにぴったりなお花です。

ヒルガオは切り花ではなく鉢に植えられているので、鉢を置いておけるベランダや庭があるおうちかを確認してから贈るのが良いと思います。

また、幼稚園や小学生くらいのお子さんがいるお友達には喜ばれるかもしれません。

種が土に落ちれば時期が過ぎてもまた翌年には花を咲かせてくれるので、不滅の絆をあらわすにはもってこいではないでしょうか?

友達を意味する花8:アイビー

最後は観葉植物としてよく見るアイビーです。

「葉っぱなのに花言葉?」と思うかもしれませんが、実は花が咲く種類のアイビーもあり、葉っぱだけのアイビーでも花言葉があるんです。

花言葉は「友情」です。

造花として100円ショップでも売られているほど、観葉植物の代名詞と言っていいアイビー。

基本的に強いので、簡単に枯れたりしおれることが少ないことが特徴です。

花はどうしても終わりが来るものです。

鉢ではなく切り花だと特に終わりがはやいですよね。

友情の証にプレゼントするんだから、ずっとずっと大切にしてもらえたら…という気持ちもありますよね。

観葉植物なので、水回りなどの生活の中にも溶け込みやすく、普段お花を飾らない、花瓶がない、というお友達にもぴったりだと思いますよ。

花言葉で「友達」を意味する花を知り贈ろう

友情に関係のある花言葉、意外とたくさんありますよね。

お花なんてあげたことのない人も、お友達にあげるのは少し照れくさい人もいると思います。

でも、お友達のことを思いながら「この花にしようかな」「こっちの方が可愛いかな」と考える時間を、いつのまにか楽しんでいる自分に出会えるはずです。

人のことを考えてお花を選ぶのも素敵な時間です。

なにより、なかなかもらう機会のないお花ですから大好きなあなたからもらえたら、とても喜んでくれるはずですよ。

花言葉で「友達」を意味する花はどれ?友情の証に友達を意味する花を贈ろうに関連する占い情報