癸丑(みずのとうし)の性格・特徴【四柱推命】癸丑の運命/片思い/復縁/仕事傾向を解説

最終更新日:2019年4月13日

癸丑は「みずのとうし」もしくは「きちゅう」と読みます。

干支では50番目に登場し、陰陽五行では癸が陰の水、丑が陰の土を表します。

そんな癸丑に共通する性格や特徴について詳しく解説します。

1.癸丑の性質・解釈

癸丑の人は物腰柔らかな印象ですが、とても行動力のある人間です。

普段は真面目で穏やかですが、内側には切れ味の鋭いナイフを隠し持っています。

敵に回したが最後、歯に衣着せず激しい感情をぶつけてきます。

しかし、その厳しさは自身に対しても向けられ、日ごろから自分を律し努力を重ねています。

特に好きなことや興味のあることに関しては、周りがアッと驚くような才能を見せるでしょう。

自分のペースを守り、信念を突き通す意志の強さを持っています。

2.癸丑の男性の性格・気質

癸丑の男性は、ゆったりとしていて誰もが穏やかだという印象を持ちます。

思いやりがあり、人やものごとに真摯に向き合うため信頼されやすいでしょう。

しかし、思いついたら即行動という瞬発力を持っています。

それが計画性のあるものなら良いのですが、大抵は見切り発車になりがちです。

大事な部分を見落としていたり、詰めの甘さを指摘されることも少なくないでしょう。

ただ、周囲の反応を気にする面も持っているので、独りよがりにはならなそうです。

3.癸丑の女性の性格・気質

癸丑の女性は、おっとりしていますが意志が強く、どんな時も冷静に行動できる人でしょう。

絶対的な信仰心や信念の元に行動するので、ちょっとやそっとのことでは揺らぎません。

しかし、それが表面化されることが無いので、人によっては何を考えているかわからないと思うかもしれません。

聞き上手で八方美人になりがちなので、同性から陰口を言われてしまう可能性もあるでしょう。

何かを守ろうという意識が強く、特に家族や友達はとても大切にします。

人と人を引き合わせたり、縁を繋ぐ不思議な能力がある人が多いです。

4.癸丑の年柱・月柱・日柱・時柱ごとの性格

癸丑を年柱に持つ人は、両親の厳しいしつけの元に育ちます。

小さいころから自立しており、規則正しい生活を送っていたようです。

子供らしからぬ大人っぽさを醸し出していたでしょう。

癸丑を月柱に持つ人は、規律を重んじ、真面目に過ごすでしょう。

ルールを守る真面目な性格から信頼の置ける人間だと評価されそうです。

その一方、頑固者や冗談が通じないと陰口を言われる可能性もあります。

癸丑を日柱に持つ人は、小さな努力を積み上げていきます。

結果が出るまで時間はかかりますが、その努力は必ず報われるでしょう。

大器晩成型なので、諦めることなく地道に努力を積み重ねていきましょう。

癸丑を時柱に持つ人は、空気を読まずに先走ってしまう傾向があります。

最悪の場合トラブルを起こしてしまったり、人間関係を破綻しかねません。

若いころの慎重さを思い出し、一呼吸置いてから行動するようにしましょう。

5.癸丑の恋愛傾向

癸丑の男性は、直感を信じてアクションを起こし、努力を怠らない人です。

容姿の良い女性や、自分の努力を認めてくれる女性に惹かれる傾向があります。

好きになると熱烈なアプローチをしますが、熱しやすく冷めやすいのが難点でしょう。

同じ職場などで自分をサポートしてくれる女性と、恋愛に発展するケースが多いです。

癸丑の女性は、魅力的な容姿で多くの男性を魅了するでしょう。

ライバルも多くなりがちですが、持ち前のタフさと自信で道を切り開いていきます。

自分がしっかりしているので、男性も意志のしっかりとした人を選ぶ傾向があります。

また、束縛を嫌うので、口うるさくなく自由にさせてくれる男性と相性が良さそうです。

7.癸丑と十二運星ごとの相性

-長生と癸丑の相性
長生と癸丑が合わさると、視野が広くなり、独自の観点で物事を見られる時です。

本来持っている洞察力が更に優れ、多くの発見があるでしょう。

-冠帯と癸丑の相性
冠帯と癸丑が合わさると、自由が奪われ抑止力がかかってしまいがちです。

我慢する時ですので、落ち着いて解決策を探しましょう。

-沐浴と癸丑の相性
沐浴と癸丑が合わさると、不利な状況を突破できる時です。

人とは違う個性的な物の見方をすることができ、ピンチをチャンスに変えることができます。

-建禄と癸丑の相性
建禄と癸丑が合わさると、目標達成の為に着実に努力ができる時です。

地味ですが一歩一歩前進していき成功を手にするので、周りを驚かせるでしょう。

-衰と癸丑の相性
衰と癸丑が合わさると、ネガティブになり殻に閉じこもってしまいがちです。

焦らずに一度立ち止まってリフレッシュすることで、運気が上がってくるでしょう。

-病と癸丑の相性
病と癸丑が合わさると、集中力が高まり仕事がはかどる時です。

しかし、無理をするとスタミナ切れで体調を崩してしまうので、息抜きをしましょう。

-帝旺と癸丑の相性
帝旺と癸丑が合わさると、自己顕示欲が強くなりすぎて敵を作りやすい時です。

主張をすることも大切ですが、孤独に耐える覚悟をしておきましょう。

-死と癸丑の相性
死と癸丑が合わさると、八方ふさがりで身動きが取れなくなってしまいがちです。

今は辛くても必ずチャンスはやってきますので、辛抱しましょう。

-墓と癸丑の相性
墓と癸丑が合わさると、勢いに乗ってハメを外してしまいがちです。

調子に乗ると必ず落とし穴にハマってしまうので慎重に行動しましょう。

-絶と癸丑の相性
絶と癸丑が合わさると、決断を迫られることが多くなります。

前もって準備しておくことで、失敗してもすぐに切り替えができるでしょう。

-胎と癸丑の相性
胎と癸丑が合わさると、冷静な判断ができる時です。

非常に忙しい状況に追い込まれますが、落ち着いて行動できるでしょう。

-養と癸丑の相性
養と癸丑が合わさると、人間関係でトラブルが起きがちです。

自分の考えを無理に通そうと思わずに、他人の意見を聞く耳を持ちましょう。

癸丑(みずのとうし)の性格・特徴【四柱推命】癸丑の運命/片思い/復縁/仕事傾向を解説に関連する占い情報