甲辰(きのえたつ)の性格・特徴・相性・恋愛・仕事【四柱推命】甲辰は大器晩成型

最終更新日:2019年4月14日

甲辰は「きのえたつ」もしくは「こうしん」と読みます。

干支では41番目に登場し、最近では1964年および2024年が甲辰になります。

陰陽五行においては甲が陽の木、辰が陽の土を表します。

今回はそんな甲辰の性格・特徴について恋愛面や仕事面を含めて四柱推命の観点から詳しくご紹介します。

1.甲辰の性質・解釈

甲辰は大器晩成型の性質があり、年月をかけて努力し続けることができます。

直観力が鋭く、芸術的センスを持っています。

頑固なところがあり、一度怒り出すと周囲が見えなくなり、爆発してしまいます。

気持ちを言葉で表すことで、周囲からの理解を得ることができます。

2.甲辰の男性の性格・気質

甲辰の男性は、人のためになるようにエネルギー使うことができます。

非常に努力家で、向上心が豊かな性格です。

確実に物事に取り組んでいきます。

自分の考えが明確なので、融通が利かないところがあります。

正義感が強く、ルールを守らない人が苦手です。

甲辰の男性は注意深いので、軽はずみに物事を考えたり言葉に出すことはありません。

慎重に行動し、何でも自分で解決していく力を持っています。

頼まれごとをされると断れないという良心的な面も持っています。

甲辰の男性は物知りで、賢い人です。

しかし、周囲から注目されたくないので、消極的に行動します。

3.甲辰の女性の性格・気質

甲辰の女性は、努力家です。

理想が高く、自分自身を観察して改善していくことができます。

自信につながり、素直に行動に移すことができます。

甲辰の女性は自分だけでなく、周囲の人も大切にする性格です。

観察力が優れているので、リーダーに適しています。

周囲から頼られやすいのですが、物事の本質にこだわるので頑固なところがあります。

時には、周りに合わせることも大切です。

4.甲辰の年柱・月柱・日柱・時柱ごとの性格

年柱は、厳しい家庭の中で好奇心が旺盛に育ちます。

成長度が早く、興味を持ったことに対して知識や経験を増やしていきます。

甲辰の月柱は、能力を発揮できる仕事に就くことができます。

夢だった仕事に就けても、さらに上を目指して努力を続けていきます。

甲辰の日柱は、今までの努力や実績が評価されます。

評価されても、さらに高い目標を持ち努力を続けます。

自分のことに没頭しすぎて、結婚が遅くなる傾向がります。

甲辰の時柱は、理想や結果を追い求め続けます。

考え方を変えたり、違った視点や角度から見ることで、今まで見えなかったものが見えてくるようになります。

5.甲辰の恋愛傾向

甲辰の男性は、物知りで真面目なことから、女性から見ると頼りがいのある存在です。

一目置かれるタイプですが、頑固で融通が利かないため衝突しやすくなります。

自分の気持ちを優先するのではなく、相手の意見を聞くことで長続きします。

甲辰の女性は、自分の事だけでなく相手の事もよく理解することができます。

喜怒哀楽はストレートに表現します。

そのため、異性と意見がかみ合わないこともあります。

時には距離を置くことも大切です。

6.甲辰の仕事傾向

甲辰は職場や社会的に信頼されやすく、好奇心旺盛なので、新しい仕事にも柔軟に適応することができます。

どんな職場でも、コツコツと努力をし専門的な知識を深めていきます。

周囲からは認められやすく、人間関係を良好に保つことができます。

人に頼るのは苦手ですが、柔軟さがあるので成功に導く力を持っています。

7.甲辰と十二運星ごとの相性

甲辰と十二運星別に、相性をご紹介します。

-長生と甲辰の相性
自分の考え方を通すのではなく、相手の言葉に対して耳を傾ける余裕を持ちます。

周囲から理解を得ることができ、努力が報われるようになっていきます。

-冠帯と甲辰の相性
消極的で口数は少なめです。

しかし、一度爆発してしまうと止まりません。

周りはどうして怒り出したかわからず、孤立してしまいます。

時には気持ちを抑えることも大切です。

-沐浴と甲辰の相性
自立心が強く、金銭感覚があるので無駄遣い増しません。

貯蓄は増やしていく傾向があります。

恋愛によって、金銭感覚が崩れてしまうことがあるので日頃から注意が必要です。

-建禄と甲辰の相性
コツコツと努力を積み重ねることが好きです。

そのため、自信や実力を持っています。

上の人と衝突しやすいので、傲慢な行動には気を付けるようにします。

-衰と甲辰の相性
注目されることが苦手です。

おとなしい反面、融通が利かず負けず嫌いなところで目立ってしまいます。

周りからおだてられてリスクを負うことがないようにします。

-病と甲辰の相性
お金に苦労しないものの、なかなか自分の胸の内を開くことができません。

良好な関係を築くためには努力が必要で、少しずつでも自分の胸の内を開けるように、心に余裕を作ります。

-帝旺と甲辰の相性
社交的なところがあります。

容易に金運や徳を手に入れることができます。

周りの人に騙されないように、物事の区別をつけることが大切です。

慎重に判断しながら、行動を起こします。

-死と甲辰の相性
ひらめく能力を持っており、良いアイディアがどんどん浮かんできます。

嬉しいはずですが、顔や態度に出すのが苦手なため、誰にも気づいてもらうことができません。

-墓と甲辰の相性
気品を備えた賢い人です。

時に優柔不断な面が出てきます。

保守的になり、融通が利かないで孤立することがあります。

心配なことがあっても、考えすぎないようにすると良い方向に進んでいきます。

-絶と甲辰の相性
頭の回転が速く、器用なところがあります。

構想を決めると、優勢を維持したいという気持ちが高まります。

わがままな面が出てしまいます。

-胎と甲辰の相性
興味があることには探求心があり、なかなか止めることができません。

熱しやすく冷めやすいところがあり、飽きて気移りすることも多くなります。

落ち着いて行動することが大事です。

-養と甲辰の相性
ルールを重んじるので、融通の利かないところが目立ってしまいます。

堅実で真面目なことは目上の人から評価されているので、信頼が厚く引き立ててもらえる存在です。

甲辰(きのえたつ)の性格・特徴・相性・恋愛・仕事【四柱推命】甲辰は大器晩成型に関連する占い情報