【独占欲】花言葉で独占欲や嫉妬を意味する花とは

最終更新日:2019年5月5日

美しい花にはそれぞれ花言葉言葉があります。

誰かに花を贈る時や、花を飾る時には、好みだけで花を選ぶのではなく、花言葉を知った上で花を選ぶのが良いですね。

今回は、「独占欲」を花言葉に持つ花についてご紹介していきます。

独占欲を意味する花1:赤いシクラメン

シクラメンの中でも人気の高い赤いシクラメンの花言葉は「嫉妬」です。

赤いシクラメンの花びらが燃え上がる嫉妬心を連想させることから、赤いシクラメンの花言葉が「嫉妬」となりました。

他の人に渡したくないという強い独占欲により嫉妬は生まれます。

独占欲を表す花としてふさわしい花と言えます。

冬の花として有名なシクラメンの全般的な花言葉は「内気」「はにかみ」「遠慮」といった意味があります。

また、白いシクラメンの花言葉は「純粋」です。

ピンクのシクラメンの花言葉は、「はにかみ」「憧れ」です。

こうした色によってもシクラメンは花言葉を変えますので、自分の状況に適した花を選びましょう。

独占欲を意味する花2:黄色いバラ

黄色いバラには「嫉妬」「薄らいだ愛情」という花言葉があります。

そのため独占欲が強いものの、愛情が薄らいでいる事を示す時に最適な花と言えます。

他にも黄色いバラは主に「友情」という意味があります。

恋愛関係ではなく友達にプレゼントするには最高の花と言えるでしょう。

また、プレゼントとして喜ばれるバラもまた、色によってそれぞれ花言葉が違います。

誰かにプレゼントするときは、色だけでなく本数にもこだわると良いでしょう。

1本のバラの花は、「一目惚れ」「あなたしかいない」
4本のバラの花は、「死ぬまでこの気持ちは変わらない」
9本のバラの花は「いつもあなたを想っている」
24本のバラの花は「一日中想っている」という意味になります。
そのためこれらの本数の黄色いバラを用意した時には、独占欲にまみれた歪んだ愛情を持っているということになってしまいます。

独占欲を意味する花3:イカリ草

イカリ草の花言葉は「君を離さない」「あなたを捕まえる」です。

そのため独占したいという気持ちが強く出る花と言えます。

イカリ草はツンツンした花の形が船の錨(いかり)に似ていることから日本ではイカリ草と呼ばれています。

東アジアからヨーロッパにかけて広く生息しているイカリ草は、数多くの品種があり、船の錨には似ていない花弁の形のをしたものも存在します。

船を特定の場所に停めておきたい時には錨を降ろし、湖や海の底に突き刺すことで船を停泊させます。

そこからイカリ草の花言葉は「君を離さない」「あなたを捕まえる」といった情熱的で独占欲の強さを表す花言葉になったと言われています。

錨を使う様子を思い浮かべると、恋人がフラフラと他の異性に流されないイメージが出来るでしょう。

この他にイカリ草は「旅立ち」「人生の出発」「新たな人生の始まり」といった前向きな意味もあります。

独占欲を意味する花4:ゼラニウム

ゼラニウム全般の花言葉は「育ちの良さ」「尊敬」「信頼」「真の友情」という意味となります。

しかしそれぞれの色ごとに見ると独占欲に似た花言葉が出てきます。

例えば赤色のゼラニウムの花言葉はと「君がいて幸せ」です。

ピンクのゼラニウムの花言葉は「決心」「決意」など前向きの意味となります。

そして深紅のゼラニウムは、「憂鬱」という花言葉になります。

また、黄色のゼラニウムの花言葉は「予期せぬ出会い」となります。

そして白色のゼラニウムの花言葉は「あなたの愛を信じない」というネガティブな意味を秘めています。

愛してくれている恋人の気持ちを真っ直ぐに受け取ろうとはせず、愛を捻じ曲げて考えてしまっている様子を表しています。

かといって相手を拒絶するわけでもなく、執着心を滲ませ、独占欲を持っているという意味となります。

独占欲を意味する花5:マリーゴールド

丸みを帯びた花の形をしているマリーゴールドは別名「聖母マリアの黄金の花」とも言われています。

そんな優しいイメージとは裏腹に、マリーゴールドの花言葉は「悲しみ」「変わらぬ愛」「嫉妬」「絶望」いう意味があります。

つまり幸福ではない恋に身を委ねながらも、変わらぬ愛を貫こうとしていると解釈することができます。

そこには叶わぬ恋の相手に対する執着心や、独占欲が強まっている様子がうかがえます。

マリーゴールドには大きく分けて、黄色いマリーゴールドとオレンジ色のマリーゴールドの2つがありますが、黄色のマリーゴールドの花言葉は「健康」を表してています。

オレンジ色のマリーゴールドの花言葉は「予言」です。

一般的に黄色は元気を与えるイメージが強いのですが、黄色い花の花言葉に限っては、ネガティブな意味が宿るものが多くなります。

独占欲を意味する花6:アイビー

結婚式に花嫁が持つブーケにもよく使われるアイビーは、可愛らしい葉の形が特徴的な観葉植物です。

アイビーの葉を単体で見ると、特徴的な葉の形が可愛らしく、恋の植物というイメージが湧くかもしれません。

アイビーは壁や木に根を伸ばして張り付いていく植物なので、アイビーを全体で見ると強い生命力を象徴します。

このことからアイビーの花言葉は、「永遠の愛」「結婚」「誠実」「友情」となります。

アイビーにはこの他には秘められた花言葉もあり、「死んでも離れない」という粘着質な意味も持ち合わせています。

たしかに、壁や木を這うように根を伸ばすアイビーからは執念を感じます。

死んでも離れないと思うくらい強い独占欲を思わせる植物と言われることにも納得がいくでしょう。

独占欲を意味する花7:ジャスミン

香水やお茶の原理としても使われる香り良きジャスミンは、小さく可憐な花を咲かせます。

一方で、ジャスミンは夜に花を咲かせることから、ミステリアスな花というイメージも保たれます。

古代エジプトの女王クレオパトラもこの可憐でミステリアスなジャスミンをとても気に入っていたと言われています。

そんなジャスミンの花言葉には「幸福」や「愛嬌」という意味もありますが、「あなたは私のもの」「私はあなたについてゆく」といった独占欲の強さを表す花言葉もあります。

また、ジャスミンには「優美」「官能的」といった大人の魅力を表す花言葉も秘められています。

小さくて可愛い花を咲かせるジャスミンと、特徴的な香りを放ちながら夜に花開く神秘的なジャスミンの特性は、嫉妬深い女性の二面性にも似ているのかもしれません。

独占欲を意味する花8:クローバー

四葉のクローバーは幸運の象徴でもありますが、クローバー全般の花言葉は「復讐」「幸運」「約束」そして、「私を想って」です。

幸せの四葉のクローバーに「復讐」なんて花言葉があったことに驚くかもしれませんが、どんな願いでも、叶える為には強いエネルギーが必要となります。

クローバーの強いエネルギーがポジティブな方に作用すれば、「幸運」となり、ネガティブな方に作用すれば、「復讐」となり、願いを叶えようとするのでしょう。

愛する相手に対しての「約束」とはつまり、「ずっと私を想って」「いつでも私を想っていて」ということになります。

小さくて可愛らしいクローバーですが、丸くて小さな葉には恋人への独占欲をたぎられているのです。

花言葉で「独占欲」を意味する花を知ろう

花言葉の中には、知るとちょっと怖いものや不吉なもの、ネガティブな意味を持つものも意外とたくさんあります。

恋人への独占欲が芽生えたら、こっそりと嫉妬や独占欲を意味する花言葉を持つ花を恋人の目の触れるところに置いてみると良いかもしれません。

あるいは独占欲を打ち消す花言葉をもつ花を自分の部屋に飾ってみるのも良いでしょう。

【独占欲】花言葉で独占欲や嫉妬を意味する花とはに関連する占い情報