戊午の性格・特徴・恋愛・仕事・相性【四柱推命】戊午はおおらかな性質を持つ

最終更新日:2019年4月14日

戊午は「つちのえうま」もしくは「ぼご」と読みます。

干支では55番目に登場し、直近では1978年および2038年の干支になります。

陰陽五行においては戊が陽の土、午が陽の火を表します。

今回はそんな戊午の性格や特徴について恋愛面や仕事面も含めて具体的に解説します。

1.戊午の性質・解釈

戊午の人はおおらかな性質と包容力の持ち主です。

人に優しく、どんな人でも受け入れてしまうような雰囲気を持っているため、非常に多くの人望を集めることができます。

困っている人がいれば手を差し伸べずにはいられない人情家です。

しかし逆に力のある人や権力者には反抗せずにはいられない部分もあります。

そのため、上司などとトラブルになることも珍しくないでしょう。

2.戊午の男性の性格・気質

戊午の男性は強い意志と行動力の持ち主です。

気取ったところもなく、まっすぐな気質を兼ね備えているため、年下や部下から慕われているかもしれません。

しかし思っていることをはっきり口にするだけではありません。

間違っていることに対しては間違っているという正論を持ち出すため、若い頃は苦労が多いという特徴があります。

3.戊午の女性の性格・気質

戊午の女性は優しく面倒見のいい姉御肌です。

目立つタイプではありませんが、周囲には自然に人が集まってきます。

といっても、常に人に優しくするばかりではなく、相手の間違いをキチンと指摘する厳しさもあります。

ただし、戊午の女性の場合、それが人を集めるための魅力にもなっていることが特徴です。

4.戊午の年柱・月柱・日柱・時柱ごとの性格

戊午が年柱にある場合、自分より強い人や実力者の間でもまれることが多いかもしれません。

なかなか思うようにならない経験がない面を育てます。

戊午が月柱にある場合、パワーがみなぎっていることを示しています。

少々のことではへこたれず、確実に力を磨くことができます。

戊午が日柱にある場合、感情の波が激しくなります。

気分にむらがあり、やる気になったときとそうではないときの差が激しいかもしれません。

戊午が時柱にある場合、自分をコントロールできないことが増えることもあります。

自分の力を自分で決めると、それ以上の発展は望めなくなります。

5.戊午の恋愛傾向

戊午の人は恋多き人生を送るかもしれません。

戊午の人は感情も豊かで相手の良い面を見つけられるため、すぐに人を好きになってしまうこともあります。

また寂しがり屋の一面もあるため、それが恋に発展することもあります。

相手に尽くすことが好きですが、尽くし過ぎると相手をダメにしてしまうかもしれません。

6.戊午の仕事傾向

戊午の人は派手というよりも安定した仕事ぶりを発揮する傾向にあります。

特に多くの人を率いることが得意なので、組織の中でも出世するかもしれません。

根本には人のためになりたいという気持ちがあるため、他人のためになることや社会の役に立つ仕事にやりがいを見出すでしょう。

7.戊午と十二運星ごとの相性

-長生と戊午の相性
長生と戊午の組み合わせは、行動が肝心です。

慎重になると運気がダウンしてしまうため、思い立ったらできるだけスピード感を持って行動することが重要です。

-冠帯と戊午の相性
冠帯と戊午の組み合わせは周りが見えなくなることを表しています。

自分ではよかれと思った行動が裏目に出てしまうことも増えるため、行動の前には一度立ち止まって考えてみましょう。

-沐浴と戊午の相性
沐浴と戊午の組み合わせは弱点を乗り越えられることを示しています。

これまで苦手だったことに挑戦すると、新しい自信と経験につながるでしょう。

-建禄と戊午の相性
建禄と戊午の組み合わせは芸術的な才能が発揮される時です。

勘が鋭くなるタイミングでもあるため、ピンと来たことにはまず挑戦してみるのがオススメです。

-衰と戊午の相性
衰と戊午の組み合わせはこれまでの知識と経験、人脈をフル活用させる時です。

自分の持っている能力をすべて発揮すると、大きな成果をつかむことができるでしょう。

-病と戊午の相性
病と戊午の組み合わせは様々な刺激を受けることができるタイミングです。

できるだけ行動範囲を広げておくと、幸運をつかむことにつながります。

-帝旺と戊午の相性
帝旺と戊午の組み合わせはストレスがたまりやすい時期です。

エネルギー自体は充実しているため、それが内側に向かわないように注意することが必要になります。

-死と戊午の相性
死と戊午の組み合わせはピンチを示しています。

非常に困難に思える出来事が発生するかもしれませんが、そこで立ち向かうことがより大きな成功に導いてくれるでしょう。

-墓と戊午の相性
墓と戊午の組み合わせは大きな人望が集まる時です。

もし新しい行動に出るときには、周囲の人からの強い支援が得られることでしょう。

-絶と戊午の相性
絶と戊午の組み合わせは悪運に見舞われます。

特に人に裏切られたり、孤立したりすることも増えるかもしれませんが、あきらめないことで再び人を集めることができます。

-胎と戊午の相性
胎と戊午の組み合わせは自分を見つめなおす時です。

これまで自分がやってきたことを改めて考え直すことが求められています。

-養と戊午の相性
養と戊午の組み合わせは気分の浮き沈みが大きくなります。

感情のままに行動して周りを巻き込むと、それが将来トラブルになることもあります。

戊午の性格・特徴・恋愛・仕事・相性【四柱推命】戊午はおおらかな性質を持つに関連する占い情報