【ラナンキュラスの花言葉】花言葉の由来から赤/白/ピンク/黄色の種類ごとの意味

最終更新日:2019年5月24日

最近ではフラワーショップでもたくさん見かけることができるラナンキュラス。

華やかで美しい花ですよね。

今回はそんなラナンキュラスの花言葉についてご紹介します。

1.ラナンキュラスの花言葉は「とても魅力的」「名誉」「大家族」など

実はラナンキュラスの花言葉は沢山あります。

ひとつずつ見ていきましょう。

まずはじめに注目したいのが「とても魅力的」「華やかな魅力」「魅力あるお金持ち」です。

ラナンキュラスの花姿を見たことがある方にはよくわかると思うのですが、ラナンキュラスはとても華やかで美しい魅力を持ったお花です。

ラナンキュラスの花は幾重にも花びらが重なってできています。

まるでシルクを想わせるような薄くて光沢のある花びらが、何重にも重なっている様子は本当に魅力的です。

しかもラナンキュラスの花姿はとてもボリュームがありますので、結婚式の披露宴などの華やかな場でもその華やかさを盛り上げてくれるような豪華な魅力があります。

そういったラナンキュラスの特徴が「とても魅力的」「華やかな魅力」という花言葉に繋がっているのは花を見たことのある人であれば誰もが納得するでしょう。

また、ラナンキュラスは何重にも花びらが重なり合っているという花姿であることは先ほどご紹介しました。

その花姿は、まるでヨーロッパのプリンセスが身につけるようなドレスのよう。

このような高価なドレスやスカートを彷彿とさせるラナンキュラスですので、「魅力あるお金持ち」という花言葉もしっくりきます。

次にご紹介したいのが、「富と名声」「名誉」という花言葉です。

ラナンキュラスがこの二つの花言葉を持つようになったのには、ある歴史的な背景があります。

それはフランスの国王であったルイ9世がおこなったことに由来しています。

ルイ9世は1248年に念願であった十字軍の遠征に参加します。

そして、アイユーブ朝のエジプトで戦うのですが、不運にも戦いに負けてしまいその地で捕虜になることになりました。

捕虜から解放され、いよいよふるさとであるフランスに帰還できることになったルイ9世はある花を摘んで、フランスに持って帰るのです。

そうです、その花こそがラナンキュラスだったと言われています。

ルイ9世と当時のフランスが持っていた富、そしてルイ9世の名声と名誉が由来になり、こうしてラナンキュラスは、「富と名声」、「名誉」という花言葉を持つに至ったのでした。

次にお話しする「美しい人格」という花言葉には、実はすこし悲しいギリシャ神話が関係していると言われています。

ラナンキュラスという名前の青年とその親友である美しい青年ピグマリオンは、山へ向かっていました。

しかし、その途中で二人は不運にも道に迷ってしまいます。

そんな時に助けてくれたのが、美しい女性コリンヌでした。

二人は一目でコリンヌに恋をしてしまいます。

けれど、コリンヌが心惹かれたのは美青年ピグマリオンのほうでした。

二人の気持ちを知ったラナンキュラスは潔く身を引き、二人を結婚させます。

そして、失意のラナンキュラスはひとり流れ着いた小さな島で生涯を終えることになります。

この青年ラナンキュラスがとった親友を思いやる心が由来となり、ラナンキュラスには「美しい人格」という花言葉が与えられました。

また、ラナンキュラスには「合格」、「大家族」という花言葉もあります。

「合格」というのは、ラナンキュラスが春に咲くことが由来しています。

受験や就職活動などに合格した方への贈り物には最適ですね。

また、ラナンキュラスの花言葉の中に「大家族」というものがあるのは、ラナンキュラスのある性質に由来しています。

ラナンキュラスは球根で育ちます。

ラナンキュラスの球根を植えると、なんと1つの球根から5つもの茎が出てどんどんと増えていくのだそうです。

そういったわけですので、ラナンキュラスには「大家族」という花言葉もあります。

こういった花言葉を持つラナンキュラスですので、出産祝いや結婚祝いにも喜ばれそうですね。

2.赤色のラナンキュラスの花言葉は、「あなたは魅力に満ちている」

さて、次にラナンキュラスの色ごとの花言葉を見ていきましょう。

まず赤いラナンキュラスからです。

赤いラナンキュラスは「あなたは魅力に満ちている」という花言葉を持っています。

とてもストレートな花言葉ですので、愛の告白の際などにもきっと喜ばれるはずです。

パートナーと些細なことでけんかをしてしまったときなどに、「ごめんなさい、あなたは魅力に満ちているよ」という気持ちをこめてプレゼントするのもいいですね。

3.ピンク色のラナンキュラスの花言葉は、「飾らない美しさ」

次にピンク色のラナンキュラスの花言葉は、「飾らない美しさ」です。

ピンク色はかわいらしさや幼さを象徴するカラーです。

自然体でナチュラルな美しさのある女性に、ぜひプレゼントしてみたいお花ですね。

ピンク色のラナンキュラスはほかのお花にはそうそうないような華やかさもありますので、必ずや喜ばれることでしょう。

4.白のラナンキュラスの花言葉は、「純潔」

白のラナンキュラスには、「純潔」という花言葉があります。

パートナー以外の男性には絶対に心も身体も許さないという決意のあらわれをイメージさせてくれるお花ですね。

そのため、お友だちへの結婚祝いにもすてきですし、ご自身のウェディングパーティーを飾るお花としても最適だと言えそうです。

5.紫のラナンキュラスの花言葉は、「幸福」

紫色のラナンキュラスには、「幸福」という花言葉があります。

スミレや藤、カキツバタなど、紫色のお花はたくさんありますが、紫色のラナンキュラスはそういったお花とは一味違ったイメージを相手に与えることができそうです。

と、いうのも、ラナンキュラスが持つ紫色はどちらかというと「うす紫」のイメージで、どことなく幻想的でやわらかい印象があるからです。

そういった相手のことも自分のことも包み込んでくれるようなやさしい魅力のある紫色のラナンキュラスは、「幸福」の象徴と言えそうです。

6.黄色のラナンキュラスの花言葉は、「やさしい心遣い」

黄色のラナンキュラスは、「やさしい心遣い」が花言葉です。

これは、先ほどもご紹介した青年ラナンキュラスとその親友である美青年ピグマリオンの伝説とも通じるものがあります。

ギリシャ神話の中で、青年ラナンキュラスは親友のピグマリオンと彼の妻になるコリンヌのことを想い、コリンヌに対する自分の気持ちにはそっとふたをします。

それは、自分の親友とその親友を好きになってくれた女性の幸せを願ってのことでした。

つまり青年ラナンキュラスは自分の幸せよりも、親友とその親友が好きになった女性の幸せのほうを大切にしたのです。

それは、本当にとてもやさしい心遣いですよね。

誰かがあなたに親切にしてくれたら、そのお返しとして黄色いラナンキュラスを贈ってみるのもすてきですね。

7.オレンジのラナンキュラスの花言葉は、「秘密主義」

オレンジのラナンキュラスには「秘密主義」という花言葉があります。

この花言葉だけはほかのものとは、かなり大きく違っていますよね。

贈る相手によっては嫌味に受け取られる可能性がありますので、注意してください。

ラナンキュラスの花言葉を知ろう

ラナンキュラスには花言葉がたくさんあります。

その大半がとても素敵なものになっています。

ぜひラナンキュラスをプレゼントして、相手の方を喜んでもらいましょう。

【ラナンキュラスの花言葉】花言葉の由来から赤/白/ピンク/黄色の種類ごとの意味に関連する占い情報