ライラックの花言葉は?思い出・友情を意味するライラックの花言葉を色別に詳しく解説

最終更新日:2019年8月13日

ライラックは別名リラとも呼ばれ、ヨーロッパ原産で高さは1m~5mほどの落葉樹です。

見頃は4月から7月頃、寒い地域でもよく育ち北国では5月の大型連休明けに見頃を迎えます。

花の色は、紫や白色が多く見られますが、ピンクや青などもありさまざまです。

香水の原料にもなるほど、良い香りがするライラックの花言葉には、どのようなものがあるのでしょうか。

色別に由来も併せてご紹介します。

1.ライラックの花言葉は「思い出」「友情」「謙虚」「大事な友達」

ライラックの全体的な花言葉は、「思い出」や「青春の思い出」「友情」になります。

ライラックの花びらは良く見るとハート型になっています。

フランスでは、ハート型の白いライラックは青春のシンボルとされていることから「青春の思い出」「友情」といった花言葉が誕生したと言われています。

「青春」という言葉から連想される「友情」や「大事な友達」という花言葉も誕生し、友人への誕生日プレゼントや、大切な人への感謝の気持ちを込めて贈る花としても好まれています。

また、ライラックは札幌市の市木にも指定されています。

毎年5月の下旬頃にはライラックまつりが開かれており、ライラック特有の甘くて爽やかな香りは、訪れた人々を幸せな気持ちにしてくれます。

2.紫色のライラック 花言葉は「初恋」「恋の芽生え」「愛の芽生え」

次のページヘ矢印

ライラックの花言葉は?思い出・友情を意味するライラックの花言葉を色別に詳しく解説に関連する占い情報