【ダリア】花言葉は「感謝」「華麗」など。歴史や種類などダリアについて完全解説

最終更新日:2019年8月14日

夏から秋にかけて開花するダリアは華々しい姿を持ちながら気品に溢れる花ですね。

今花を咲かせる植物は確認されてるもので約20万種とも言われています。

今回はそんな多種ある中の花の1つ、ダリアについてご紹介します

1.ダリアの生まれや歴史

ダリアは15世紀頃のアステカ帝国(現在のメキシコ)で神聖なる花として栽培され、メキシコの国花とされてきました。

日本に入ってきたのは1842年のことです。

オランダ船によって持ち込まれたとされており、明治の中頃になると栽培が盛んになり、現在では私達にも馴染みのある花へと変わりました。

そんな慈しまれるダリアですがこんな歴史もあります。

ナポレオンの妻ジョゼフィーヌはダリアをこよなく愛していました。

ある時一人の貴婦人が美しいダリアを譲って欲しいと願い出ますがジョゼフィーヌはそれを拒否します。

ジョゼフィーヌは美しいダリアを一人で独占し、誰にも譲ることはしませんでした。

貴婦人はそれを聞き、愛人に頼みジョゼフィーヌのダリアを盗ませたのです。

その裏切りを知ったジョゼフィーヌは、怒り貴婦人達を追放したのでした。

このようなエピソードから、花言葉にある「裏切り」という言葉が付けられたと言われています。

2.ダリアの種類

【ダリア】花言葉は「感謝」「華麗」など。歴史や種類などダリアについて完全解説に関連する占い情報